予定通りにいかないと怒る夫…お金も仕事もない私は、逃げ出せないの?

夫と息子と3人暮らしの専業主婦・麻沙美さん。麻沙美さんはいつも夫を怒らせないよう、神経を張り詰めていました。
なぜなら、夫は予定を崩すと途端に性格が豹変するのです。

夫は普段は穏やかで優しいパパなのですが、食事の時間やお出かけの予定など、自分の決めたルールを妻と子どもにも強要し、守れなければ暴言を吐くのです。
子どもには大人の「予定通り」なんて難しいのに…。

このままじゃ子どもも危ない。妻が、母として覚悟を決めたのは…。
■前回のあらすじ
ママ友たちと話していて、幸弘との夫婦関係が異常だと気づく麻沙美。息子が夫のようになったら…?と想像しただけでゾッとしてしまう。そして様子のおかしい麻沙美に気付いた人物が…。







ランチの帰り道…夫がこうなのは、私のせいもあると思っていました。
私が父親で慣れてしまっていたため、言う事を聞くのが当たり前になってしまっていた。みんなの言う通り、夫婦は対等なのだとしたら、もっと意見して話し合うべきだったのに…。

奏多のためにも、今からでも意見を言おうと、そう思って勇気を出しました。しかし…。

そこにいたのは、凄まじい形相で怒る夫。

彼に逆らったら、何をされるかわからない。私だけでなく、息子も。私たちは、もうどこにも逃げることなんてできないのかもしれません―…。



※この漫画は実話を元に編集しています

(フィクション・スタジオ)