働くママは毎日休む暇もなく育児と仕事の両立で大忙し! そこで今回は20代〜40代のワーママから寄せられた、育児と仕事の両立で大変だったリアルエピソードをご紹介します。<<【働くママ調査】みんなが実践してる、育児と仕事の両立させるためのコツを紹介!>>

<<共働き夫婦や、働くママに関する記事をもっと読む>>(イラスト:まちこ @achiachiachico)

子どもの病気によって欠勤や早退が多くなる

子どもが熱を出してよく保育園から電話があった。

(30歳/医療・福祉/事務系専門職) 子どもの体調不良で仕事を中断しないといけないこと。

(30歳/医療・福祉/事務系専門職) 子どもが病気にかかり、出社してすぐ早退などが多くなった。

(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職) 職場に保育園からの電話が多かった。

(29歳/自動車関連/事務系専門職)

子どもの急な病気やケガによって、仕事を休んだり、早退したりしなくてはならない事態に陥ることがあります。特に子どもが小さいうちは、保育園から「発熱したのでお迎えに来てください」という連絡が入ることもしばしば……。仕事を途中で止めなくてはならないことで、「同僚に迷惑をかけてしまう」という申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまう日もあることでしょう。

子どもが入院! でも仕事は休めない……

子どもの入院病院から出社。

(35歳/機械・精密機器/事務系専門職) 子どもが入院したときに、24時間つき添いが必要で大変だった。病院からそのまま会社に行っていた。

(38歳/主婦)

小さな子どもだと、入院時はつき添いが必要となってくることが多いもの。そうなると、やはりママの出番になりますよね。上記の人たちは、入院先からそのまま出社されていたそう。大変でしたね……。

園への送迎

仕事が忙しい時期、子どもの迎えにいつも間に合わないことが多い。

(39歳/情報・IT/技術職)

保育園への送迎も慌ただしいですよね。登園時に子どもがすんなり行ってくれればいいのですが、ぐずると大変! 自分も出社時間が迫っているなかで、後ろ髪を引かれる思いになるママも多いですよね。お迎えの際は、時間までに業務を終わらせられるか、毎日が戦いです。

帰宅後の家事

帰りが遅くなったときの夕飯が大変。

(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職) 仕事で疲れてるときにも洗濯やら何やらで大変。

(35歳/医療・福祉/専門職) 帰ってから食事の準備をしている間にお腹が空いたと泣かれてかわいそうだった。

(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

退勤後子どもをお迎えに行って、帰宅次第夕飯にお風呂、寝かしつけ、そして日々の家事……とても慌ただしくて大変です!

子どもがぐずらずにいてくれればいのですが、「お腹が空いた」と泣きだしたり、疲れて寝てしまい就寝時間のリズムが狂ってしまったりすることもあるでしょう。こういった事態になると、ママの疲労もピークに達してしまいますよね。

睡眠時間も自由時間も足りない……

睡眠時間が減った。

(28歳/医療・福祉/専門職) 睡眠がとれず大変だった。

(33歳/建設・土木/営業職)) 自分の時間がないこと。

(37歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

やることがたくさんあり過ぎると、どうしても削らなくてはならなくなるのは「自由時間」と「睡眠時間」になってしまいます。健康のためにも睡眠時間だけは確保したいものですが、そうもいかないのがワーママの大変なところ。 自由時間の確保できず、「自由時間なんて、いつあったかしら?」と、思い出せないくらいのママもいるかもしれませんね。

心身の健康を保つためには、ときには自分のためだけの時間を設けることが必要です。思いきって仕事は休み、リフレッシュしてみるのもひとつの案でしょう。

とにかく時間が足りない……

時間の使い方が難しい。

(31歳/金融・証券/営業職) 時間が足りないこと。

(36歳/通信/事務系専門職) 手が回らなく、すべてが中途半端に終わった。

(37歳/情報・IT/事務系専門職)

ワーママは、起床時から就寝までとにかくやることがたくさん。子どもが小さいうちは、手がかかることが多く、思った通りに動けないことも少なくないでしょう。そんななかで、すべての作業を時間内に終わらせるのは難易度が高すぎやしませんか……?

まとめ

「育児と仕事の両立のこんなところが大変!」というリアルな声をお届けしました。いかがでしたか? ワーママのみなさんは、共感するところが多いのではないでしょうか。

育児と仕事、そして家事、すべてを効率よくするためには事前準備が重要です。しかし、子どもの体調不良により、仕事を休むなどしなくてはならない事態に陥ることもありますよね。自分ではどうしようもないことに歯がゆい思いをしているワーママも少なくないでしょう。

夫にも最大限の協力を仰ぎ、ひとりで全部を完璧にやろうと思わないことが大切になってきます。多忙な毎日で大変だと思いますが、ママ自身が元気でいることが一番! がんばりすぎず、自分自身を大切にしながら子育てと仕事を両立していきましょう。

<<【働くママ調査】みんなが実践してる、育児と仕事の両立させるためのコツを紹介!>>

<<共働き夫婦や、働くママに関する記事をもっと読む>>

マイナビ子育て調べ

調査日時:2021年3月31日〜4月7日

調査人数:141人(22歳〜40代までの働くママ)

(マイナビ子育て編集部)