元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。 <<『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』を最初から読む>>

心配性の血は脈々と受け継がれています

前回の続きです。

元・強迫性障害で、今でもずいぶん心配性なわたしが過ごすマタニティライフ。

酷いツワリは終わったけれど……ツワリがないと妊娠していることが実感できずに不安!

そんなわたしに父から宅急便が届くように……。

蛙の子は蛙! 心配性のわたしの父もまた、なかなかの心配性なのです。

お腹のタネちゃん (胎児ネーム) によかれと思って、ブリを丸々1匹送ってくるなんて。

迷惑すぎるけど、自分と同じテンションでタネちゃんを心配してくれる存在に救われます。

夫も少しだけでいいから、一緒に心配してくれたらいいのに。

(漫画・文 みっぽんぽん)

<<『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』をすべて読む>>

みっぽんぽんさんのプロフィール

2歳・3歳・5歳の3人+犬を育てながら漫画や文章をかいています。
怪我や病気の多い人生でしたがめげずにあははと生きています!

ブログ 「みっぽんぽんのえんじょいじょい」
Twitter @MitsuPongPong

※本記事にでてくる病気、症状、治療法に関する表現は、作者の個人的な体験にもとづくものです。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

<<みっぽんぽんさんの以前の連載『今日もはいつくばっています!〜ママは強迫性障害〜』をすべて読む>>