不妊治療の末に授かった最愛の娘が初めて「ママ」と呼んだのは、私ではなく不倫相手だった――。冒頭から衝撃が走る話題作、『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』(原作:リナ、漫画:釈氏とおる/KADOKAWA)の試し読み連載がスタート! 怖すぎる不倫相手の女とホラー&サスペンスな展開に目が離せません!<<第1話からまとめ読みはこちら>>

前回の続きです。

学生時代から他人のものを奪いたがる女だったヒナ。確実に慰謝料を払わせるため、ヒナの周辺人物から情報を聞き取るものの、状況はどんどん複雑になっていって……!?

続きは書籍でお楽しみください!

(原作:リナ、漫画:釈氏とおる『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』(KADOKAWA)より/マイナビ子育て編集部)

<<第1話からまとめ読みはこちら>>

書籍『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』について

ある日、私は夫のタブレットから偶然浮気の証拠を見つけてしまう。

SNSに投稿されていた、私の娘を抱いている知らない女の写真と…

「ママって呼んでもらえて幸せだった〜。本当の家族になれる日が待ち遠しい」

不妊治療の末に授かった最愛の娘が初めて「ママ」と呼んだのは、私ではなく不倫相手だった――。

衝撃の実話は、発売直後から「支離滅裂な言動を繰り返す不倫相手が怖すぎる」とネットで話題に。夫の不倫を発端にしたいびつな人間関係は複雑に絡み合い、主人公に襲い掛かります。

夫だけでなく娘までも自分のものにしたがる不倫相手から慰謝料を請求できるのか? サレ妻の戦いに目が離せない一冊です。