結婚して新しい家庭を築いたのに、いつまでも古い考えで干渉してくる義父母がいます。「私は夫の妻で、あなたの家の嫁じゃない!」と思っても、なぜか夫は義父母に従ってしまい、妻は怒り心頭。「自分たち家族に関わることを、義父母と夫が勝手に決めたことはありますか?」妻の怒りのアンケートをまとめました。(イラスト:まちこ @achiachiachico)

自分たち家族に関わることを、義父母と夫が勝手に決めたことはありますか?

多くの人には経験がないものの、なんと約17%の人に経験あり!

このアンケートでも約8割の人に経験がないように、最近の義父母は、ある一定の距離感を保って接している人が多いはず。その距離感を飛び越えたエピソードは、どれもびっくりするようなものばかりが集まりました!

それでは、どのようなことを勝手に決められてしまったのか、詳しく見ていきましょう。

お出かけに勝手についてくる!

知らない間に家族旅行に義父母も一緒に行くことになっていた。

(38歳/金融・証券/事務系専門職) 一緒に出かけることを勝手に決められていた。

(31歳/その他/事務系専門職)

自分たち家族のことを義父母と夫が勝手に決めていた……。あなたなら、そんな状況納得できますか?

なぜ、当事者である自分に一言も相談がないのか? ずうずうしい義父母だけではなく、それを許してしまう夫も信じられません。せめて事前にひとことあれば、嫌味のひとつも言ってやれるのに。

家族水入らずと思っているのはあなたたちだけでしょ? 義父母もOKのプランじゃないんだから、無理やりついて来ないで!

家族の予定を勝手に決められた!

遊園地に行く約束をしていたのに、勝手に水族館に行く予定を入れられる。

(29歳/運輸・倉庫/技術職) 子どもと姪の節句の行事が重なったとき、日程をずらされた。

(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント職) ありすぎますが、帰省の日や誕生日会など勝手に決められてしまいます。

(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

家族の予定って、家族で決めるものですよね? 義父母の家族認定の範囲が広すぎやしませんか? 息子である夫は家族、と思っているのは仕方がないとしても、孫までくると血縁関係は4分の1。嫁の自分に至っては、まったくの赤の他人なんですけど……。

しかも同居していない場合、人のうちの予定に口を出す権利ってあります? 誕生日会くらい好きにさせて! 夫には、「子どもにはあなたが説明してよね!」と声を大にして言いたいです。

最悪の決断を義父母と夫が……

どこに住むか。

(28歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

今回の投稿でもっとも驚愕したのは、この回答。「どこに住むか」を決定する権利は、確か憲法でも保障されている権利だと思いますけど〜!

信じられないことですが、とあるご家庭では「家建ててあげたから〜」とあっさり同居を決められる事例も発生しているとかいないとか。経済的にも頼りがいのない夫だと、こんな提案にも反対できずに流されるままになりがちです。子どもの教育や自分の仕事もあるし、住む場所を決められるなんて迷惑! 老後の居場所を勝手に決められても、文句は言わないでくださいね〜。

我慢できる範囲はここまで!

日用品を勝手に変えられた。

(35歳/電機/事務系専門職) 勝手にお菓子を購入していた。

(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

本当に迷惑で衝撃的な回答のなかで、比較的ほのぼのできた回答です。

「お気に入りのシャンプーが切れたと思ったら、勝手に買われてた」「(子どもに)チョコレートはまだ早いから買わないで、と言ったのに買ってきた」など、義父母と夫に勝手に決められて許せる範囲はここまでですね。最後の最後で「使わない」という選択もできますから……。費用は勝手に買ってくる相手持ちだし、我慢我慢です。

まとめ

こんなエピソードが挙がると、義父母と夫が親子であることは事実なので否定しませんが、夫にはもっと自分の家庭を持った自覚を持ってほしいというのが正直なところ。結婚したからには、妻は家庭の共同経営者だと認識してほしいですね。

このまま義父母の横暴が続くとなると……。投稿してくれたママたちの未来が心配です!

マイナビ子育て調べ

調査日時:2021年8月3日〜8月7日

調査人数:150人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)