元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。<<みっぽんぽんさんの以前の連載『今日もはいつくばっています!〜ママは強迫性障害〜』をイッキ読み!>> <<『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!(妊娠・出産編)』Vol.1〜Vol.37までイッキ読み>>

適切な授乳量がわからない……

前回の続きです。

元・強迫性障害で、今でもずいぶん心配性なわたしがついに出産しお母さんに!

母乳の出がよくないので、搾乳した母乳・直接母乳・ミルクと3段階に分けて授乳をしていました。

単純に大変なのに加え、適切な授乳量が分からないことが大きなストレスでした。

産院を退院する頃、出生時の体重を下回っていたわかば(赤ちゃん)。

体重を増やさなきゃいけない、おなかが空いていたらかわいそう……。

そんな思いでついつい、ミルクを多めに作ってしまうのです。

(漫画・文 みっぽんぽん)

<<『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!(妊娠・出産編)』Vol.1〜Vol.37までイッキ読み>>

みっぽんぽんさんのプロフィール

2歳・3歳・5歳の3人+犬を育てながら漫画や文章をかいています。
怪我や病気の多い人生でしたがめげずにあははと生きています!

ブログ 「みっぽんぽんのえんじょいじょい」
Twitter @MitsuPongPong

※本記事にでてくる病気、症状、治療法に関する表現は、作者の個人的な体験にもとづくものです。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

<<みっぽんぽんさんの以前の連載『今日もはいつくばっています!〜ママは強迫性障害〜』をイッキ読み!>>