フジテレビのアナウンサーが、9月18日から育児休業に入ったことを明かしています。期間はおよそ二週間で、次の出社日は10月4日だそう。榎並アナは2016年にモデルの有村実樹さんと10年の交際を経て結婚。今年8月26日に、第一子の誕生を公表していました。

榎並アナ「緊張するけど、愛おしいんだわ」

榎並大二郎アナウンサーは、フジテレビで夕方の生放送ニュース番組『Live News イット!』のキャスターを担当しています。

育休入りを報告するInstagram投稿で、「短い期間になりますが、しっかり(育児の)基本を叩き込み、その後の生活でも妻の負担を減らせるよう努めます」と綴った榎並アナに、代打となる後輩の木村拓也アナは「榎並さんがご家族と、お子さんとの時間に専念できるよう、しっかりとこちらも頑張ります」とコメント。

また、同じ投稿に先輩の西山喜久恵アナウンサーも「この時期に奥様と共に育児に専念出来ること大切ですね。榎並さんのような育休が当たり前になると良いですね」とコメントしていました。

生後三週間の息子は2〜3時間おきに目を覚ますそうで、一日を日付で区切る意味はないという榎並アナ。Instagramでは、食事づくりや沐浴の様子を投稿しています。沐浴は始めの頃はおっかなびっくりだったものの少しずつ慣れてきたそうですが、「⁡余裕をかましていたら、今日は泣かれました」「たぷたぷしてきた首周りを執拗に洗ったのがプライドに障ったようです」とユーモラスに綴り、沐浴動画もUPしていました。

加藤綾子アナや元フジの笠井信輔アナらのコメントに「この沐浴の時間が一番緊張するけど、愛おしいんだわ」「首がぐらんぐらんしないよう、毎回緊張しながら臨んでいます…」と返信するなど、まだ首の据わっていない新生児の沐浴は緊張で体がこわばるもの。ただ、榎並アナは「まだ言葉は交わせませんが、こうして身体を洗っていると 不思議と、心を通わせられている気がします。スキンシップは大切ですね」と、新生児育児の醍醐味を味わっているようです。

⁡しかし一方……「#腰が爆発しそうです」とのハッシュタグも添えられてあり、早くも育児に伴う腰痛の洗礼を受けている模様。腰痛や腱鞘炎は「育児あるある」ではありますが、慢性化すると大変です。お大事にしてください。

沐浴中の榎並アナ

沐浴のコツ

沐浴とは、ベビーバスやたらいなどにお湯を張り、赤ちゃんだけを入れて全身を洗ってあげることです。生まれたばかりの赤ちゃんはまだ抵抗力が弱いので、大人と一緒の湯舟に入るのは1ヶ月健診でOKが出るまで待つケースが一般的です。

ただ、沐浴は意外とコツがいるもの。一人でやるのは腕や腰に負担がかかりますし、首の据わらない赤ちゃんを片手で支えるのは大変です。手が滑って落としてしまいそうで、強い緊張感も伴いますよね。

腰痛防止には、ベビーバスを低すぎず高すぎない位置に設置し、脚を開いて腰をしっかり落とすようにすると良いでしょう。ベビーバスの設置位置が低すぎると腰に負担がかかります。しかし高すぎると赤ちゃんを支えにくくて危険です。洗面所やキッチンシンク、お風呂場など、家の中でふさわしい場所はどこなのか確認してみましょう。

腕や手がしびれるという悩みもありますが、赤ちゃんを支える側の腕をベビーバスのへりなどに乗せると支えになります。赤ちゃんを片手で支えるコツとしては、耳の後ろの固い部分の片方を親指で支え、反対側は人差し指と中指で、肩と背中あたりまでを残りの指と手のひらで支えるやり方。

顔や耳にお湯がかかってしまうのは、それほど気にしなくても大丈夫ですが、強い水圧のシャワーが直撃するようなことはないように、注意しておきましょう。また、空腹時や満腹時、眠いときの沐浴は避けましょう。沐浴のときに泣いてしまう赤ちゃんは多く、裸になっただけで泣き出す子もいますが、薄い沐浴布をかけてあげると落ち着く場合もありますので、試してみてください。