赤ちゃんの成長を見守ることは、ママにとって幸せなこと。でも、育児は楽しいことばかりではありません。今回は、「育児中に孤独を感じた瞬間」についてママたちにアンケート。たくさんのママが、子育て中の孤独感を経験していたことが判明しました。<関連リンク>
→SNSで大反響の嵐! モラハラ気味な夫に日々溜まる、小さな不満……いくたはなさんの『夫を捨てたい。』をイッキ読み!

→産後の夫の態度に怒りを覚える……! あいさんの漫画『ワーキング母ちゃん日記(夫婦編)』をイッキ読み!

→夫と私は、永遠に理解し合えない。みっぽんぽんさんの『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!(妊娠・出産編)』をイッキ読み!(イラスト:まちこ @achiachiachico)

育児中、孤独を感じたことはありますか?

子育ては決してひとりではできませんが、たびたび“ワンオペ育児”という話題が報道されることのある現代。そのような状況を反映してか、育児中に孤独を感じたことがあるママは約7割という結果になりました。

それでは、どのようなときに孤独を感じたのか、詳しいエピソードを伺いました。

社会の助けがない……

バスの中で子どもが泣いてしまって、まわりから白い目で見られた。

(34歳/金融・証券/専門職) 保育園や行政の情報を教えてくれる人が誰もいないときに感じました。

(34歳/金融・証券/事務系専門職) 乳児をつれて行くところが見つからなかったとき。

(31歳/電機/秘書・アシスタント職)

少子化が進み、政府は対策を講じていますが、出生率はあがらない状況が続いています。子どもと触れ合う機会が少ない人が増えたことで、子育て中のママに冷たい視線が向けられることも……。

「子どもは社会の宝」というメッセージが感じられない社会では、ママたちは孤独感でいっぱい。でも、なかには「助けたいけれど、どうすればいいかわからない」と見守ってくれている人もいるはずです。子育て支援センターや地域の子育て支援団体にSOSを出してみましょう。

夫の助けがない……

子どもが泣いていても放置している旦那を見て思います。

(29歳/自動車関連/秘書・アシスタント職) 夫が残業続きでまったく帰ってこなかったとき。

(30歳/食品・飲料/営業職) 旦那は仕事優先で早く帰宅してくれるわけでもなくほぼワンオペだったので、孤独と不安で押しつぶされていた。

(34歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

赤ちゃんのパパである夫は一番頼りになるはずが、残業続きだったり、単身赴任だったり、出張が多かったりであてにならなず。さらに、育児休暇取得の権利は男性にもあるのですが、実際にはなかなかとれないという現状があります。

それでもまだ「自分も育児参加しなくては」という気持ちがあるパパならいいのですが、「育児はママ任せ」という考え方のパパだとツラすぎます。夫婦ふたりの子どもなのに!

大人と会話がない……

誰ともまともに会話しなかったとき。

(33歳/電力・ガス・石油/事務系専門職) 育休中、日中ずっと赤ちゃんと2人きりで大人と会話しない日が続いたとき。

(33歳/商社・卸/事務系専門職) まだしゃべらないときは私しかしゃべってなくてさみしかった。

(36歳/自動車関連/ 事務系専門職)

アンケートで多かった答えが、「誰とも話す機会がないとき」でした。赤ちゃんが小さいうちはなかなか外出できず、家の中にこもりがち。また、たとえ買い物などで外出しても、見ず知らずの人と交流することなんてなかなかありません。さらに現在は、コロナ禍で両親や友だちとも会う機会が減ったことも、大きな要因のひとつ。社会から孤立して子育てをしている家庭が社会問題化しています。

子どもの具合が悪い……

自宅ではまったく昼寝をしない(でも眠くてずっと機嫌が悪い)娘を連れて、ベビーカーで何時間も外を散歩していたとき。

(35歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職) 赤ちゃんの熱が下がらず、夜中に起きて、ベランダから外を見ていた。

(40歳以上/医療・福祉/専門職) 子どもがぐずって何をしてもダメなとき、誰も助けてくれないんだなと思って。

(37歳/情報・IT/技術職)

子どもの具合が悪いとき、親なら誰もが心配や不安で心がいっぱいになるもの。特にはじめての赤ちゃんの場合は、対処法もわからず、おろおろするばかり。そんなときに誰にも頼れないと、孤独を感じるのは当然です。

子どもを育てていると、こうした瞬間はたびたび訪れますが、身近にいる人に助けを求めましょう。まずはパパにヘルプを要請です!

自分の体調が悪い……

自分の体が疲れてしまっているときです。

(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系) 子どもがかぜを引き、私にうつったけれど主人は仕事で不在。体調が悪い中、ずっと横になれず、子どものお世話をしなければならないときは孤独だなと思いました。

(38歳/主婦) 寝不足時。

(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

がんばって子育てしているママほど、自分のことは後回し。そのため、具合が悪くなってしまうこともありますね。無理をしないのが一番なのですが、そうも言っていられないのが育児の大変なところです。身体が弱ると心も弱ります。よく寝てよく食べて、身体を冷やさないようにしてください。もしものときのオペレーションを平時に決めておきましょう。

まとめ

育児中に孤独を感じたことのあるママは7割と、多くのママが子育て中に何らかの孤独を感じていたことがわかりました。「孤独を感じたことがない」という人は、夫のサポートが万全だった人、もともとひとりでいることが苦にならない人でした。ママたちの悲痛な叫びを解決するには、パパはもちろんのこと、社会全体でこの問題に取り組む必要がありそうです。

マイナビ子育て調べ

調査日時:2021年9月2日〜9月11日

調査人数:105人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
→SNSで大反響の嵐! モラハラ気味な夫に日々溜まる、小さな不満……いくたはなさんの『夫を捨てたい。』をイッキ読み!

→産後の夫の態度に怒りを覚える……! あいさんの漫画『ワーキング母ちゃん日記(夫婦編)』をイッキ読み!

→夫と私は、永遠に理解し合えない。みっぽんぽんさんの『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!(妊娠・出産編)』をイッキ読み!