腹帯・妊婦帯は、妊娠中のおなかに巻く布のことです。昔ながらのさらしでできたものや、ベルトタイプ、パンツタイプなど形はさまざま。つけるべきか、つけなくても大丈夫なのか、お悩みのプレママさんへ、先輩ママの体験談をお届けします。

妊娠中、腹帯・妊婦帯を使用しましたか?

先輩ママ121人に、妊娠中の腹帯の使用について聞いてみたところ、「はい(使用した)」が 66%、「いいえ(使用しなかった)」が34%という結果になりました。

以下に、使用した先輩ママたちの感想や、使用しなかった先輩ママたちの理由などをまとめてみました。腹帯を買ったほうがいいのか迷っているプレママのみなさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

使用した先輩ママの意見

安定感があってよかった!

切迫早産だったので、腹帯の安定感がないと不安で毎日必ず腹帯をしていた。

(37歳/医薬品・化粧品/営業職) 使ってみたら動きやすくて良かったです。

(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

腹帯は、大きなおなかを下から支える構造になっています。締め付け感が苦手な人は、伸縮性のある素材の腹帯を探してみては?

装着する季節による

夏場にあせもができて大変だった。

(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント) 真冬の妊婦生活だったので腰周りが暖かくて良かったです。

(38歳/専業主婦) 夏場はきついので使わなかったが、涼しくなったら暖かいので重宝した。

(38歳/医療・福祉/専門職)

多くの先輩ママが、「夏場は蒸れて大変だった」と答えています。素材によっては汗を吸い取りにくく、蒸れたせいで肌がかゆくなることも。反面、「冬場は暖かかった」という声もありました。妊娠期間中の季節によって、腹帯をつけるかつけないか、判断してみてはどうでしょうか。クーラーの効いた場所にいるときだけ、冷え対策に腹帯をつけておく、という限定的な使い方も検討してみては。

使ったけど……

有名ブランドのを買い、結構値段が高かったのに使ったのは数回でした。

(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職) お腹が大きくなってくると赤ちゃんを締め付けそうで使うのが怖かった。

(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

おなか周りが伸縮性のある素材でできたパンツなど、マタニティウェアも進化しています。おなかにフィットするウェアを着用している場合は、無理に腹帯をつけなくてもある程度の安定感が得られます。腹帯は必ずしなくてはいけないものではないので、リラックスして過ごせる状態を優先しましょう。

帯タイプのメリット&デメリット

帯タイプをつかっていたが、夕方になると浮腫みからか跡がしっかりついてしまい、痒みを伴っていた。

(37歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職) 戌の日参りでもらった腹帯は、サイズが短くて締めることができなかった。

(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職) さらしを巻いたが、しっかりと固定されて使いやすかった。

(40歳以上/商社・卸/事務系専門職)

昔からある伝統的な腹帯は、さらしの1枚布です。神社でいただく安産祈願の腹帯はこのタイプ。さらしは巻くのがたいへんですが、体形を問わずに使用でき、通気性がいいのが特徴です。お祝いにいただいて手元にある人は、試してみては。

パンツタイプが便利!

パンツ式をしていましたが便利と気持ち的に安心感を得られたのでよかったです。

(31歳/医療・福祉/事務系専門職) パンツタイプと骨盤ベルトを買った。デスクワークなので骨盤ベルトはずれていて不便だったがパンツタイプのガードルはとてもよかった。

(40歳以上/生保・損保/専門職) 働いていたので着脱に時間がかからないパンツ型を購入した。簡単で着けやすくて助かった。

(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)

腹帯のタイプはどんどん進化していて、現在はパンツタイプも登場。下着と一体型になっていて、サッとはくだけ。トイレに行くときに腹帯がズレて困る、ということもありません。ベルトが付いているタイプは、おなかの大きさにあわせてある程度調節できるようになっているものもあります。

使用しなかった先輩ママの意見

私は使っていなかったので、友人のエピソードですが、長時間付けていると通気性が悪く、肌荒れすることが多かったようです。

(38歳/専業主婦) 友人からトイレの時が本当にめんどくさいと聞いて使用しなかった。

(28歳/金融・証券/秘書・アシスタント職) 夏は暑くて無理だった。その延長線で、秋の臨月になっても何もしなかった。

(35歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職) 特に必要ないかと思って使わなかった。

(39歳/金融・証券/販売職・サービス系)

友だちから聞いた話を参考に購入しなかった人や、一度つけてみたものの自分に合わなかった人など、さまざまな理由で腹帯を使用しなかった先輩ママたちがいました。「腹帯は妊婦の必須アイテム」というわけではないので、いろいろな意見を参考にしてみてくださいね。

まとめ

腹帯は、妊娠初期からつけることができます。使った先輩ママもいれば、使用せずに無事出産した人もいるので、どちらが正解というわけではありません。試してみないとわからないのがもどかしいですが、もし「腹帯を使うと体が楽」「お腹がホールドされて安定する」と感じるときには、使用してみてはいかがでしょうか。

マイナビ子育て調べ

調査日時:2021年10月5日〜11月1日

調査人数:121人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
→【医師監修】腹帯はいつからいつまで? 妊婦帯の4つの種類と選び方

→【医師監修】産婦人科医に聞く「妊婦さんにおススメの腹巻」は?

→ 赤ちゃんができた報告はいつ?両親に伝えるタイミング #プレママ1年生