お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造の妻・まさみさんが「ココリコ遠藤嫁」として投稿しているブログで、自宅の「閲覧注意」な場所を撮影した記事を更新。家事をしている人なら誰でも「あるある」と頷きたくなる出来事を綴っています。

油汚れとホコリがびっしり……!

ココリコ遠藤嫁オフィシャルブログより

ココリコの遠藤章造さんとまさみさんは2015年に結婚。二人の男の子に恵まれ、最近では犬を二匹飼い始めたことも話題です。まさみさんは11月7日に「!閲覧注意!」と題したブログを更新し、やらかしてしまったという写真を公開しました。

家事は苦手だと自称するまさみさん。「パパや子供たちの為にできるだけ頑張ってやっていますが完璧にはできません」と言い、換気扇のお掃除スイッチが点灯しているのに気づきつつも「今週掃除やろう!来週やろう!」と先延ばしにしていたそうです。

結果、換気扇には溜まりにたまった汚れが……。ベトベト油でコーティングされたホコリがビッシリへばりつき、油もなかなか落ちないほど頑固な汚れになってしまったようです。

まさみさんは重曹でつけ置きしてから洗ったものの、こびりついた油はなかなか落ちず、掃除が片付くまでだいぶ時間がかかったそう。「こまめにちゃんとやらないとダメですね」と反省していました。

確かに「※閲覧注意」かも

ココリコ遠藤嫁オフィシャルブログより

換気扇の油汚れ、放っておくとキケン

気づけば2021年も11月。年の瀬が視野に入ってくる頃で、大掃除を楽にするためにも少しずつ家の汚れをきれいにしていきたい時期ですね。ベトベト汚れにホコリが混じって何層にも積もった換気扇は、放っておくほど落としにくくなるので、大掃除で一番厄介な場所といえます。

一年ぶりの換気扇掃除という場合は、いきなり洗剤を使っても全然ヌルヌルは落ちないので、まずは層になった油汚れを"削る"こと! スクレーパー代わりに、不要になったプラスティックのカードが便利です。適度な硬さと弾力があり、換気扇を傷つけずに汚れだけをかき取れるのです。

大きな汚れをかき取ったら、分解して洗える部分はつけ置き洗いを。取り外しできない部分は、キッチンペーパーに洗剤を含ませて湿布をします。20〜30分湿布しておくと、汚れが浮いてきます。洗剤が垂れてしまう場合は上からラップをするといいでしょう。

一生懸命お掃除してピカピカになった換気扇も、使っているうちにまた汚れますよね。少しでも汚れを防ぐために、きれいになった羽にワックスを塗り込むのもおすすめ。ワックスが皮膜になり、汚れの付着を防いでくれます。靴や車用のワックス、あるいは衣類の柔軟剤を薄めたものでも。それでも、使っている限り「絶対汚れない」なんてことはあり得ませんから、一年に一度と言わず、季節の変わり目に汚れチェックとお掃除ができると理想的ですね。