「義実家への帰省なんて、生き地獄以外の何物でもない」と思っているママがいる一方、「義実家への帰省が楽しみで仕方ない」ママもいるんです! 後者のママたちは、 いったい何を楽しみにしているのでしょうか?(イラスト:mico Ꮚ•ꈊ•Ꮚ @gogo_aokun)

義母が振る舞ってくれるおいしい手料理

料理上手の義母の手料理。

(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職) 義理の母の手料理が楽しみです。

(34歳/金融・証券/専門職) 義理のお母さんが料理が上手で、ご馳走を作ってくれることです。

(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

「義母の手料理が帰省の楽しみ」と答えたママが大勢いました。よほどの腕前なのでしょうか。義母も自分の息子の奥さんが、自分の手料理を楽しみにしてくれているなんて、うれしいですよね。

また、「料理上手な義母に料理を教えてもらえる」と答えたママもいました。なんて素敵な関係なのでしょう!

その土地ならではの料理を味わえる

その地域のおいしい名物料理を食べること。

(24歳/電機/事務系専門職) おいしい味噌ラーメンを食べられること。

(35歳/運輸・倉庫/技術職) 北海道なのでご飯がすべておいしい。

(35歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

ご当地料理を食べて、ちょっとした旅行気分になれるため、帰省が楽しみだというママもいました。普段なかなか食べることのできない郷土料理に舌鼓を打ったり、地元のB級グルメを楽しんだり、日々多忙なママにとって何よりもご馳走ですよね。

観光できるので旅行気分になれる

観光地なので、家族だけで出かけられる時間は旅行に来たみたいで楽しみ。

(33歳/建設・土木/事務系専門職) ブドウ園やイチゴ園があるので観光気分で行く。

(38歳/主婦) 関西なので旅行が楽しみ。

(40歳以上/不動産/事務系専門職)

「義実家が観光地にあるので、帰省が楽しみ」と答えたママも大勢いました。行楽や食事など楽しめて、帰省と旅行が一緒になったかのよう。みんなで楽しく過ごせて一石二鳥ですね。もしかしたら、遊びにかかる費用は義両親持ちだとしたら……うれしい限りでしょう!

おもてなししてくれる

義理の両親がおいしいご飯やお菓子やフルーツなどご馳走を用意してくれていること。

(35歳/小売店/販売職・サービス系) おいしいご飯を用意してくれること、子どもと遊んでくれること。

(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職) 義両親が優しいので、話すのが楽しい。

(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

おいしい食べ物を用意してくれていると、帰省を楽しみにしてくれていたんだなぁと実感できますよね。世の中には、自分の息子と孫には好物を用意しているのに、ママが喜ぶものは一切なく、ママを疎外する意地悪な義両親もいると聞きます。しかし、嫁を大切にしてくれる義両親なら、帰省も気持ちよくできそう。

また「義両親との会話が楽しみ」と答えたママも複数人いました。義理とはいえ、非常に良好な関係を築けているのだということがわかります。

お小遣い・お土産を持たせてくれる

お小遣いをもらえる。

(28歳/自動車関連/秘書・アシスタント職) お土産をもらえる。

(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職) 帰りにお小遣いや食料を持たせてくれるとこ。

(28歳/商社・卸/事務系専門職)

帰り際にお小遣いやお土産などを持たせてくれる義両親もいるようです。最後の最後までママをイイ気分にしてくれる義両親はさすが! これはもう帰省が楽しみになりますよね。

まとめ

義理の実家への帰省を楽しみにできるママがいる事実に、驚きや羨ましさを感じたママもいるのではないでしょうか。義両親は、「帰省した際の嫁の居心地をよくしてあげれば、自分の息子や孫と共に喜んで来てくれるはず」と思っているかも。しかしどういう意図があったとしても、ママが義実家への帰省を楽しみと思えるなら、それが一番平和なのかもしれませんね。

マイナビ子育て調べ

調査日時:2021年11月2日〜12月1日

調査人数:109人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
→ 「ここで授乳してOKよ」には即救いの手を! 実家・義実家への帰省でパパが気をつけたいこと6選 #渡邊大地の令和的ワーパパ道

→ 「家柄が悪い」「粗食だね」……夫から言われた、実家についての信じられない嫌味

→ 【恐怖!】本当にあった義理実家の驚