フジテレビの榎並大二郎アナウンサーが11月16日にInstagramを更新し、8月に生まれた第一子の頭を「一心不乱に洗髪」する短い動画を投稿。ハンパない目力で真剣そのものですが、なぜ一生懸命に洗っているのかというと、理由は数日前の投稿にありました。

想定外の「バイタリティあふれる匂い」

榎並アナは2016年にモデルの有村実樹さんと10年の交際を経て結婚し、今年8月26日に、第一子の男の子が誕生したことを公表しました。その後、二週間の育児休業を取得し、息子の育児と家事に奮闘。仕事復帰後も、Instagramではたびたびお子さんの様子を伝えています。

そんな榎並アナが先日投稿した3枚の写真。抱っこ紐におさまってすやすや眠る息子の頭を“すりすり”したところ、想定外の匂いがしたそうで、榎並アナはなんとも言えない表情をしています。その匂いは形容しがたいものの、「なんというかバイタリティあふれる匂い」だったそう。

パパの表情が絶妙

そして榎並アナは11月16日、息子と一緒にお風呂に入り、たっぷりの泡で息子を洗髪する動画を公開。「今日一日で分泌された息子のバイタリティを洗い流す」ため、ソフトな手つきながらも目つきは真剣そのものです。

「#あくまで優しく

#しかし手早く

#父の気迫に押されてか

#息子も自分の後頭部を

#さわさわ洗ってました

#ご協力感謝します」

(榎並大二郎アナInstagramより)

この投稿には「よーく洗ってもすぐに香ってきますよねー」と共感する声のほか、「我が家男女双子ですが、女の子は全然匂い違うんです」というコメントも寄せられています。

気迫がすごい

赤ちゃん特有の匂いの正体は?

赤ちゃんの頭皮や首、耳などからちょっと形容しがたい匂いがすることはよくあるもの。新生児の頃はほんのり甘く爽やかな匂いがしますが、過去の研究では、新生児の頭の匂いには31種類もの揮発性化合物が関係しており、花や果実の香りがする「ノナナール」という揮発性の有機化合物がもっとも多かったと報告されています[*1]。

しかし徐々に新生児特有の甘い匂いは変化していき、温かみのある穏やかな匂いになっていきます。この変化によって、ときに赤ちゃんの匂いが強くなったと感じることもあるようです。また、赤ちゃんはよく汗をかきますから、汗臭くなることもあります。

お風呂に入って臭わなくなる程度であればまず問題はありませんので、きちんと洗ってあげましょう。赤ちゃんの頭皮を洗うときは、ボディーソープではなく低刺激性の頭髪用のシャンプーを使い、しっかりと泡立て、シャンプーが残らないようにぬるま湯でしっかりとすすぎます。

洗うことで皮脂を落としすぎたり、角質層まではがしてバリア機能を弱めてしまったりしては逆効果なので、あくまで優しく、お湯の温度もぬるめを意識するといいですね。入浴後はできれば入浴後15分以内にベビーローションやワセリンなどを頭に塗って保湿しましょう。

▼舟山久美子さん、産後院は予約がいっぱいで入れず…里帰りもナシ、夫婦だけ育児で気をつけていたこと

▼ フジ榎並大二郎アナ、育休中に気づいたこと「料理は食器洗いと、排水溝ネットの取り替えまで」

▼ やしろ優さん、賛否あるマタニティマーク付ける理由「自分の身は自分で赤ちゃんも自分が守らなきゃいけないからね」参考文献
[*1]「始原的オラリティ研究:においを用いた新生児主体の『共在感・ケア情動発現』の解明」KAKEN