1日は24時間。仕事、通勤時間はなかなか削れませんし、睡眠時間は健康のために確保したいですね。そこで注目したいのが、家事時間の短縮です。手間を減らして効率よく家事をすれば、自分の時間や家族の時間を確保できるかも。今回は、ママたちの家事の時短術をまとめました。ぜひ今日からの家事の参考にしてください。(イラスト:mico Ꮚ•ꈊ•Ꮚ @gogo_aokun)

作り置き冷凍で時短

ご飯は週末にまとめて炊いてすべて冷凍。平日は冷凍ご飯をチンするだけ。

(37歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職) 週末に常備菜を多めに作って、それを冷凍して平日は解凍している。

(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職) 野菜は買ってきたら、刻んですべて冷凍。スープなどにすぐ使えるように。

(40歳以上/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

家事の時短術で一番多かったのが、食事の支度に関するアイデアです。食事の支度は毎日必要で、休日ともなると1日に3食準備することになりますから、もっとも短縮しがいのある家事だといえるでしょう。

なかでも、「冷凍」は基本中の基本。ごはんを多めに炊いて冷凍しておくだけで、食事の支度がぐんと楽に早くなります。そのほかのおかずも、「週末にまとめて作って冷凍しておく」というママが多数派でした。

既製品をうまく使って時短

業務スーパーで大量に冷凍うどんを買って疲れたときはアレンジして食べさせている。

(28歳/自動車関連/秘書・アシスタント職) テイクアウト、ミールキット。

(33歳/電力・ガス・石油/事務系専門職) 簡単調理の素を使う。

(35歳/小売店/事務系専門職)

既製品の冷凍食品やお惣菜を利用するのも、時短術のひとつです。

また、時間や心の余裕があるときは、いくつかの調味料が合わせてある簡単調味料や、切ってある食材と調味料があらかじめセットになっているミールキットが便利です。短時間で調理できれば、疲れているときでもちょっとだけがんばろうかな、という気になりますね。

シンプルイズ時短!

晩御飯は基本白ご飯と具だくさん味噌汁だけ! 土井善晴さんに倣って。

(35歳/医療・福祉/事務系専門職) 週に数回はカレー。

(33歳/建設・土木/事務系専門職) メニューの種類は固定化する。

(40歳以上/情報・IT/技術職)

「海外の人が日本人の食卓を見ると、とても驚く」という話があります。中華料理に洋風料理、エスニックやイタリアンなど、日本食以外にたくさんのメニューが並ぶ食卓は、レストラン並みだそう。海外の多くは、朝食はシリアルだけだったり、晩ごはんは火を使わないコールドメニューだったり、食事のバリエーションが少な目です。

平日の食事は、シンプルなメニューと決めてしまえば、食事作りの負担も減りますし、時間もかかりません。

時短家電をフル活用

ロボット掃除機や、IoT家電(インターネットにつなげられる家電)を駆使して手間を省く。

(29歳/機械・精密機器/事務系専門職) 食洗機、保温調理してる間に掃除したり、子どもと遊ぶ。晩御飯の準備のときに、翌日の朝ごはんの食材を用意する。

(35歳/小売店/販売職・サービス系) 機械を利用して、空いた時間を自分時間とする。

(38歳/情報・IT/事務系専門職)

家事は食事の支度だけではありません。洗濯や掃除、アイロンがけなど、やらなければいけない家事はこまごまと、たくさんあります。

一つひとつ時短していくなら、便利な家電の導入がおすすめです。乾燥までボタンひとつでできる洗濯機、切った食材と調味料を入れれば料理が完成する調理器具、お掃除ロボット、食洗機など、現代は家事を楽にする機器がいっぱい。初期投資はかかりますが、時間はプライスレスです。

先手を打って行動

前倒し行動で、できるときにできることをやっておく。

(40歳以上/学校・教育関連/秘書・アシスタント職) いやなことは先にやること。伸ばし伸ばしになる癖があるから。

(25歳/小売店/販売職・サービス系) 1週間分の献立を考える。

(35歳/学校・教育関連/専門職)

スケジュール管理が得意な人は、あらかじめ週の行動計画を立てておく方法もあります。場当たり的に行動すると、時間もお金もロスすることが多いためです。

たとえば、1週間分の献立を立てておいたり、買い物も週に何日、何曜日にする、と決めておけば、無駄な買い物が減らせます。買い物計画を立てれば、スーパーで過ごす時間も短くなります。

ゴミ捨てや掃除、洗濯の曜日を決めるだけでも、やるべき家事は何か悩む必要がないので、サクサク仕事が終わりますよ。

まとめ

家事時間を減らすためには、時短術だけではなく、分担も必要。パートナーと分担できる家事はないか、リストアップしてみましょう。具体的にやってもらう時間がなくても、やり方を理解してくれているだけでも、いざというとき助けになります。

文明の利器を使い、適度に手を抜きつつ、時短家事で自分と家族の時間を増やしてくださいね。

マイナビ子育て調べ

調査日時:2021年11月2日〜11月23日

調査人数:100人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
→働くママの時短術を一挙公開!「階段上下に掃除シート」「トップスは畳まない」

→時短料理研究家・若菜まりえさん考案! 「冷凍貯金」を活用した時短レシピ

→なんで私もっと早くに導入しなかったの!? 電気圧力鍋「Re・De Pot」での料理が快適すぎた!