9月に第二子の男の子を出産したタレントの矢口真里さんが、YouTubeで産後の様子を明かしています。一週間後には仕事復帰する予定ですが、マツエクやネイルなし、セルフ白髪染め、睡眠不足で目の下が悲惨……等々と明かした矢口さん。でも、うれしいこともあったそう。

多忙すぎてみるみる体重減少

矢口真里さんオフィシャルブログより

手島優さんとのYouTubeチャンネルで新作動画に出演した矢口真里さん。冒頭から自分の顔を指さし「腫れてんのよ、これ」「すごくない? クマを消したい」と、寝不足で目の下が腫れている様子を見せました。

この動画撮影から一週間後には仕事復帰に向けて準備しなけらばならない時期に突入するそうですが、矢口さんは「やーちょっとね、顔がイケてなくて」と言い、マツエクやネイルもつけておらず、髪の毛はセルフで白髪染めしていると明かしました。

一方で、手島さんが「ダイエットもやるって言ってましたよね」と振ると、すでに矢口さんは妊娠初期の体重にほぼ戻っていると告白。2歳の長男と生まれたての次男を世話していると休んでる暇がまったくなく、「どっちかがご飯食べてる、どっちかのおむつ変えてる、あっというまにお風呂の時間がきて夜に突入するでしょ。夜は夜で、どっちかが起きるとどっちかも起きるの。これで寝不足が結構続いてて」と、現在の多忙な生活ぶりを話しました。

また、矢口さんは帝王切開で出産していますが、退院後に激しく動きすぎて一度傷が開きかけてしまったといいます。しかしその後は驚異の回復力を見せ、今はすっかり傷も癒えたと話しました。傷が治って何よりですが、そうはいっても無理は禁物。かなりの寝不足が続いているようで心配ですね。パートナーや近くに住むご家族にもどんどん頼ってほしいものです。

ただ、第二子の出産後はうれしいこともあったそう。矢口さんは「誹謗中傷が3件しかなかったのがうれしかった」と語りました。というのも、第一子の出産報告をしたときはSNSのコメントやDMなどで「バンバン誹謗中傷がきた」そうなのです。コメント欄を閉じることには反対で、中傷コメントはブロックすればいいと割り切っていた矢口さんですが、「でも見たら見たで結構傷つく」。近年社会問題化しているネット上の誹謗中傷。その言葉の先には人がいるのだということを、しっかり認識していなくてはなりませんね。

めっちゃ綺麗!無事にお宮参りも済ませた矢口さん

矢口真里さんオフィシャルブログより

矢口真里さんオフィシャルブログより

産後の不調は不眠だけじゃない

昼夜問わず24時間体制で続く赤ちゃんのお世話。こまめなおむつ替えや授乳、お風呂、寝かしつけ、抱っこ……これらは実際、なかなかの重労働です。しかし、育児で疲れているから隙間時間にバタンと眠れるかというと、意外とそうでもありません。仮眠を取りたいのに眠れないと悩んでいるママは少なくないのです。

特に、産後の身体が妊娠前の状態に戻ろうとする過程で、それに伴う不調に悩まされるママも多くいます。このような不調は産後6〜8週間の産褥期に顕著で、不眠のほかにも腰痛、抜け毛、尿失禁(尿もれ)、痔、便秘などの症状があります。身体症状だけでなく、イライラや疲労感、無気力、食欲低下など精神的な症状が見られることもあります。

大きな要因としては、やはり妊娠中〜産後にかけてのホルモンバランスの変化。そして妊娠・出産に伴う身体の変化、たとえば体重の増加やお腹が大きくなることによる姿勢の変化や骨盤底筋の弱まりなどがあります。もちろん分娩の影響もあるでしょう。

どれだけ疲れていても、夜中に授乳で起きてそのまま朝まで眠れないと、疲労は蓄積していくばかりです。不眠の解消には、午後3時までの間に30分の昼寝が効果的といわれるので、この時期は寝る時間にこだわらず、少しでも仮眠を取るようにしてください。母乳だけで育てているママは夜の授乳を人に任せることができないので、家事や上の子のお世話まで一人で頑張ろうとせず、家族などのサポーターに頼りながら休む時間を作りましょう。