子育て中だって、晩酌したい!! けれど、そう思った日が週末であっとしても、ママにはお休みはなかなかなく、土日も家事に子供の相手にと、色々忙しいのが現実。お酒を飲んで翌日に響くのは避けたい……けれど、今日はビールを飲みたい気分! そんなシーンにオススメなのが、アルコール度数0.5%の微アルコール飲料「ビアリー」なんです。

こんにちは、独身時代は飲んでいない日の方が少なかった、バッグブランド「GIRLSBAG」代表ゆきねえです。

20代前半の頃はそうでもなかったのですが、社会人になってからというものの、「仕事」「オフ」のスイッチ切り替えに、どうしても、ビール特有の”のどごし”を求めるようになってしまって……。当時、ビールをカートン買いしていたのですが、たまに冷蔵庫に「ストックがない!」と気づくと、お風呂を沸かしている間に、マンション下の自販機まで、お酒を買いに行っていたほどでした(苦笑)。

子育て中は束の間の「晩酌」も一苦労!?

そんな筆者も、4歳の男の子と、1歳の女の子を育てる2児の母……。

好きに飲めた独身時代とは違い、子ども……特にわんぱく盛りの乳幼児がいては、そうもいきません。「早めに寝た!」と安心しても、下の子が急に夜泣きをしたり、上の子が目が覚めて「ママがいない!」と寝室越しに叫ぶのもざら。さらに子どもたちは寝相がすこぶる悪いので、お互い寝ながら頭突きをしあったり、蹴りあったりして、泣き合うのもよくあることです。

他の飲料で紛らわすも、やっぱり飲みたい……

そんな状況ですので、さすがに昔のように飲むのも難しく……。けれど一日の終わりに、あの”のどごし”を感じたい! そう思い、炭酸水メーカーを買ったりと努力(?)してみたのですが……やはり、満足するまでには至らずでした。

運命の出会い。外食時にふと出された「ビアリー」

そんな時に、家族で訪れたラーメン屋にて、運命的に出会ったのが0.5%微アルコールの「ビアリー」。

webCMで見かけて商品は知ってはいたものの、まだその時は飲んだことがなかったのです。

「餃子も注文したし、ビールが飲みたいね」

「午後も子どもたちと遊ぶし、酔っ払いすぎても大変だから、ノンアルコールにしておこうよ」

という旦那との会話の流れから、その時はノンアルコールビールを注文したのですが……店員さんのオーダーミスで、注文したノンアルコールビールではなく、この「ビアリー」がテーブルに運ばれてきたのです。子どもたちのお世話に追われていてすぐに気づけず、店員さんに言われて気付いたのですが、もう、一口飲んだ後……。「取り替えますね」と言われて、すぐに「いいです!」と止めました。そう「これがいいです、飲みたいです!」と。

とにかく味が美味しい! 気に入って思わず即購入

その理由は……味が、とにかく美味しかったんです。「ん? これ美味しいね」「ほんとだ」「今度買ってみようか」という会話をしていた私たち夫婦。気になったものはすぐチェックして、ネット注文してしまう我が家。「ビアリー」ももちろんその例外ではなく、翌日の冷蔵庫には、旦那が購入した「ビアリー」が既に入っていました(笑)。

焼肉やラーメン、韓国料理など、ビールを注文したくなる料理って、ありませんか? 子ども達がいると、「仕方ないか」と今までノンアルコールドリンクを頼んでいましたが、味も美味しく、かつ「0.5%」と酔いにくい【微アルコール】の選択肢が新たに増えることで、食事の楽しみもグッと増えたように感じます。私は比較的お酒が強いので大丈夫なのですが、お酒が弱く「酔ってしまうから」と量があまり飲めない方の一杯としても良さそうですよね♪

ビールと変わらない風味の秘密は?

さて、そんな衝撃的な出会いだった「ビアリー」。ビール党の私にとっては「味が美味しかった」「ビールとほぼ変わりがない」というのが最初抱いた感想だったのですが……。それもはず、この「ビアリー」は、ビールを製造する最初の過程でアルコール分をできるだけ取り除き、麦のうまみとコクを堪能できるような手法をとっているんだとか。ほぼビールと変わらない喉ごしと風味を感じられるのは、それが理由だったんですね!

正直我が家は、旦那も私も、普段は「酔いたい」というより、ただ単純に、あの”喉ごし”を求めているタイプ。ビールと風味が変わらないのであれば、我が家は【微アルコール】で十分事足ります。美味しいですしね!

ちなみにラーメン屋さんで私達が飲んだのは小瓶タイプのものでしたが、350ml缶などもスーパーなどに売っていました。他に、フルーティな香りとコクが楽しめる、白いパッケージの【ビアリー 香るクラフト】もあり……。何度も言いますが、私はビール党なので、麦のうまみが存分に堪能できる、黒いパッケージの方が好きなのですが、旦那は元ともクラフトビールなどフルーティな味わいのものが好きなので、白いパッケージの方が好みのようです。

今年のクリスマスイブは夫婦で軽めの晩酌を!

今年2021年のクリスマスは土日でしたよね。クリスマス当日子どもたちを喜ばせるために、色々と準備していたママ・パパの皆さんも多かったのではないでしょうか。

我が家もイブの夜から、翌日のクリスマスパーティーの下ごしらえや飾り付けの準備をしていたのですが、子どもたちが寝静まって、無事サンタさんからのプレゼント受け取りを終えた後、「イブだし、少し飲みたいね」となり……。

ですが、明日は朝から一日パーティの準備と開催で大忙しのため、「こんな時はやっぱり、ビアリーだ!」と冷蔵庫をウキウキ気分で開けました。「早く寝ないと、サンタさん来ないよ!!」と子どもたちを頑張って早めに寝かせたので、いつもの平日の夜よりは、晩酌を楽しむ時間があったんです。

クリスマスから年末年始にかけては、おつまみもちょっといいものを食べようよ、と夫婦で話していたため、輸入系食品が揃うセレクトショップで調達していた、おつまみをいそいそと開封。いつもはスーパーで乾き物を適当に買っているので、ちょっと贅沢に感じます。黒のパッケージデザインも高級感があるので、お気に入りのおつまみと一緒に並べた時でも、なんだかサマになりますね。

一日、仕事と子どもたちの相手をして、疲れ切った体に染み渡る、「ビアリー」の喉ごしが本当にたまらない! これは私の個人的感想ですが、麦の風味に関しては、通常のビールより強いように感じて、それがお気に入りポイントの一つ。 最近トレンドの、クラフトビールの風味に近いような感じでしょうか。我が家は特に旦那の好みもあり、クラフトビールをよくストックしているのですが、本当にこの風味は我が家好み。夫婦ともにすっかり気に入ってしまいました。

というわけで、ビアリーにハマってしまった私達夫婦。これから年末年始で飲む機会が増える方も多いと思いますが、育児中のパパママがお酒を飲みたい!となった時、微アルという選択肢が増えたのは朗報。みなさんも、お休みの期間は楽しいお酒ライフをお過ごしくださいね!