タレントの小倉優子さんが、ブログでさまざまな調理家電を使う様子を公開。わたあめやピザなど、なかなかお家では手作りできないようなメニューを、子どもたちと一緒に楽しんでいるようです。

家で本格的なピザや焼き芋も作れちゃう

小倉優子さんオフィシャルブログより

小倉さんは小学3年生の長男・5歳の次男・1歳の三男のママ。ブログやInstagramでは、子どもたちのために作ったおいしそうなお弁当や食事の写真を度々公開しています。

そんな小倉さんが最近ハマっているというのが調理家電。17日のブログ では、焼き鳥メーカーで「鶏肉、つくね、長ネギ、エリンギ、山芋のお好み焼き鳥」を作ったことを報告していました。加熱部の周りをくるくる回りながら焼き鳥が焼かれている様子に、長男も釘づけだったようです。

小倉優子さんオフィシャルブログより

10日のブログ では、三男のお昼寝中に長男と次男がわたあめメーカーでわたあめ作りを楽しんでいる写真をアップ。「お店のようなフワフワのわたあめにはならず」「回数を重ねたらコツがつかめるかな」と苦戦したようでしたが、「子供達は楽しそうだったので良かった〜」ともつづっています。お家でわたあめが作れるなんて、大人もワクワクしちゃいますね。

また、「最近、三男が手がかかる年頃なので今日は余裕がなくなることもあり 日々反省の繰り返しですね」とも明かしていた小倉さん。三兄弟の子育ては想像しただけでも大変そうですし、少しでも負担を減らすためには調理家電などの便利グッズにどんどん頼るのが正解です!

小倉優子さんオフィシャルブログより

昨年のクリスマスには、石窯ピザメーカーを使ってピザ作りも。お家でイチからピザを作るのはなかなかハードルが高い気がしますが、冷凍のピザ生地と好きな具材があれば、ピザメーカーで簡単に作れるそう。小倉さんのおすすめの具材は「明太マヨ、大葉、海苔、しらす、チーズ」だそうで、「簡単で美味しいピザ作り 我が家の定番になりそうです」ともコメント。小倉家の定番メニューに手作りピザが加わったようです。

さらに小倉家では焼き芋メーカーも愛用中。ふっくらと焼き上がった、おいしそうな焼き芋の写真を公開しています。「毎日のように焼き芋を食べても飽きていません笑 ハマると毎日続けて食べたくなります」と綴り、すでにかなりハマっているようでした。

小倉優子さんオフィシャルブログより

料理をラクにする時短ポイント

仕事や子育てで慌ただしい平日、料理の負担を軽減してくれる調理家電は強い味方です。小倉さんは人気のホットクックも愛用していて、カレーやスープなどの調理に大活躍しているそう。ただ、キッチンにたくさんの家電を置くスペースがないというご家庭も多いですよね。料理を楽にする方法は、調理家電を活用する以外にもたくさんあるので、是非参考にしてみてください。

たとえば、食材を薄く、小さく切ると火を使う時間はぐっと短縮できます。なるべく小さめにカットして、薄く切るようにすると短時間で食材に火が通るので、スライサーも活用していきましょう。

しかし火を使うのすら面倒なときもあります。それに、ギャン泣きの子どもが足元にまとわりついていたら、危なくてフライパンも使えません。ならば、火を使わずに調理できる方法を積極的に取り入れましょう。

代表的なのが電子レンジ調理。スーパーやドラッグストアで売っている「圧力調理バッグ」は、食材と調味料を入れ、レンジ加熱するだけで調理が完了するのでおすすめです。100円ショップなどで売っている電子レンジ調理器を使えば、パスタなどの麺類を鍋いらずで茹であげることもできます。

もうひとつ、炊飯器はお米を炊くだけの道具ではありません。おかずはもちろん、ケーキまで作れてしまう優れもの。材料を混ぜて炊飯器に入れ、あとはスイッチを入れるだけでできるレシピも多いので、料理が苦手な人でもチャレンジしやすいです。

魚焼きグリルももっと活用しちゃいましょう。魚だけでなく、肉や野菜をグリルするときにも使えます。専用のグリルパンを使うと火の通りがさらによくなり、できたてアツアツの状態でそのまま家族に提供することができるので便利です。

最後に、耐熱ガラス保存容器は必需品。耐熱仕様なので電子レンジやオーブン調理も可能ですし、完成後にそのまま冷蔵庫で保存することもできます。器に移し替えることなく食卓に出すこともできるので、洗い物も減らせますよ。

<関連リンク>
→【篠田麻里子の毎日ドタバタです!】 Vol.2 ダッシュでお迎えに行ったら、まさかの赤っ恥!

→最上もがさん「全身に蕁麻疹、胃に激痛」……ほぼ徹夜の夜泣き対応が続きダウン

→小倉優子さん、1歳息子の食事に「危険」と指摘受けて訂正。「離乳食、気を付けます」