国内最大級の子どもの習い事メディア「SUKU×SUKU(スクスク)」は1月18日、「全56ジャンルの習い事平均月謝についてのアンケート」の結果を発表しました。この調査は、0歳から18歳の子どもに習い事を経験させたことのある保護者1,008人のを対象に、子どもの習い事の月謝について地方別の調査結果をまとめたものです。

関東地方は「プログラミング」など習い事のジャンルが多彩

平均月謝がもっとも高い地域は北海道でした(4,356円)。平均月謝の金額が高かった習い事は、「音楽教室」(27,500円)、「家庭教師・家庭学習」(25,400円)、「スキー」(20,950円)、「塾」(19,400円)、「エレクトーン」(11,500円)です。「音楽教室」の平均月謝が全国でも一番高いこと、「スキー」というジャンルが入っていることが北海道の特徴です。

平均月謝がもっとも低い地域は東北地方でした(1,047円)。平均月謝の金額が高かった習い事は、「塾」(14,283円)、「英語、英会話」(8,528円)、「スイミング」(5,209円)、「ピアノ」(3,875円)、「料理」(3,083円)です。東北地方でもっとも大学の数が多い宮城県では、塾にかける平均月謝が35,000円と全国でも4番目に高い結果でした。

関東地方の習い事にかける平均月謝は、2,939円でした。平均月謝の金額が高かった習い事のジャンルは、「塾」(22,614円)、「テニス」(9,902円)、「英語、英会話」(8,381円)、「プログラミング」(8,176円)、「スイミング」(7,823円)でした。東京都の場合、塾代平均は45,293円と関東の中でもっとも高額です。

関東地方全体は習い事のバリエーションが多く、「プログラミング」のほか、「ボルダリング」「チアリーディング」「ゴルフ」もありました。

中部地方の習い事にかける平均月謝は、全国の平均値(1,898円)にもっとも近い1,988円でした。平均月謝の金額が高かった習い事のジャンルは、「塾」(20,007円)、「英語、英会話」(9,674円)、「スイミング」(9,507円)、「ピアノ」(6,011円)、「珠算、そろばん」(4,200円)です。中部地方は、英語やスイミング、ピアノなど、人気の高い習い事に費用をかけている家庭が多いのが特徴と言えます。

近畿地方の習い事にかける平均月謝は、2,642円でした。平均月謝の金額が高かった習い事は「塾」(26,685円)、「家庭教師、家庭学習」(15,362円)、「幼児教室」(9,192円)、「英語、英会話」(8,182円)、「スイミング」(6,746円)となっています。学習系の習い事にかける月謝は、近畿地方がトップクラスでした。

中国・四国地方の習い事にかける平均月謝は1,189円。平均月謝の金額が高かった習い事は「塾」(12,876円)、「英語、英会話」(5,449円)、「ピアノ」(5,204円)、「スイミング」(4,981円)、「テニス」(3,778円)です。中国・四国地方は、費用をかけるジャンルが中部地方と近い傾向にありました。

九州・沖縄地方の習い事にかける平均月謝は、1,366円でした。平均月謝の金額が高かった習い事は、「塾」(18,825円)、「スイミング」(6,205円)、「英語、英会話」(5,888円)、「幼児教室」(4,236円)、「ピアノ」(4,221円)。九州・沖縄地方は、もっとも費用をかける習い事(塾)とその他の習い事の金額の差がはっきり出る結果となっています。

調査概要

調査期間:2021年11月2日〜11月5日

調査対象:0歳-18歳までの子どもに習い事を経験させたことのある保護者

​調査方法:インターネット調査

調査人数:1,008名

シーク

https://seek.vc

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
→子どもの習い事の月謝、平均は1,898円、想定外の出費が多い習い事は?

→ 小原正子さんが子供にたくさんの習い事をさせる理由。長男は4つ、次男も3つ「もう時間がないんよ」

→【働くママ調査】子どもの習い事、送迎はパパママどっちが多い?