育休が明け、「がんばって仕事するぞー!」と意気込んだのもつかの間。あれ? 私ってこんなに仕事できなかった? と焦りや落ち込むママは多いもの。仕事のブランクはすぐに解消できません! 今回は「育休明けに仕事で失敗したエピソード」をご紹介します。ママたちはどのような失敗をしたのでしょうか。(イラスト:まちこ @achiachiachico)

育休から復帰した際に、すぐに仕事の感覚を取り戻すことはできましたか?

育休明けの仕事の感覚について聞いてみたところ、「すぐに感覚を取り戻せた」と答えたママは30%、「すぐに感覚を取り戻せなかった」と答えたママは70%という結果でした。仕事から離れる期間が長ければ長いほど、感覚を取り戻すには時間と労力が必要ですよね。

今回のアンケートでは、「育休明けにうっかり仕事でしてしまったエピソード」にも回答してもらいました。ママたちはどのような失敗をしてしまったのでしょうか。気になるエピソードをご紹介していきます。

やっちまった! 育休明け失敗談

仕事内容が変更になっていて慣れるのが大変だった

スケジュールとか形式が変わっているものが多く、新バージョンに慣れるのが大変だった。

(40歳以上/金属・鉄鋼・化学/技術職) 新しい商品がいろいろあって、なかなか感覚が戻らなかった。

(35歳/小売店/販売職・サービス系) 忘れたし、仕事内容が変わってたので大変だった。

(26歳/小売店/販売職・サービス系)

「育休中に仕事内容が変更になっていて、慣れるまで大変だった」と答えたママが多く見受けられました。たとえ休んだ期間が1年未満であっても、職場のシステムや人員が変更になっていたり、自分自身も時短で仕事に割ける時間配分が変わっていたりするので、感覚をつかむまでは時間がかかりそう。仕事のスピードや勘、職場の人などとのスムーズなやり取りは、すぐに以前のように発揮できないかもしれません。

パソコン・機械の使い方を忘れてしまっていた

パソコンの使い方を忘れた。

(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職) メールの送り方など、基本的なことを忘れてしまっていた。

(28歳/金融・証券/秘書・アシスタント職) 機械の扱いを忘れて、思い出すまで大変だった。

(35歳/建設・土木/販売職・サービス系)

「パソコンや機械の扱い方を忘れてしまっていた」と答えたママも多かったです。新生児からの怒涛の育児をこなし、子どものための情報をインプットしていたら、脳内の仕事情報なんて育児情報の中に埋もれてしまっているかもしれません。

そんなときは、「基本的なことも忘れちゃうくらい、育児をがんばっているんだ」と自分を励ましつつ、急いで埋もれた情報を見つけ出しましょう!

育休前の感覚が戻りにくかった

育休明けと同時に部署異動したので、なかなか馴染めなかった。

(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント職) ノルマを達成できず苦労した。

(32歳/金融・証券/営業職) クライアントの名前をド忘れした。

(40歳以上/ソフトウェア/技術職)

育休に入る前にいた職場にそのまま復帰できれば、顔ぶれが一緒のことから安心して感覚が戻りやすいかもしれません。しかし、育休明けと同時に部署異動となると、馴染むのに時間を要するでしょう。仕事の感覚を取り戻すことと、職場の人間関係作りにかなりの気を使いそうです。

また、「ノルマが達成できず苦労した」と答えたママもいました。ノルマがある仕事は、ダイレクトに評価や収入に繋がるため、悪戦苦闘したことが推測されます。

さらに、「クライアントの名前をド忘れした」と答えたママも。クライアントだけではなく、「名前を忘れた」と答えたママが複数人いました。休眠していた仕事モードに、うまくスイッチが入れば思い出せるかもしれませんよ!

ひたすら眠気と闘かった

とにかく眠気がひどくて、頭の半分が動いていない感覚が続いた。

(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職) 寝不足で時差ボケした。

(31歳/小売店/事務系専門職) 会議の時間がいつも子どもの昼寝の時間だったため、眠気に負けて寝てしまった。

(38歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

赤ちゃんのペースに添って過ごす一日とは違い、仕事中の時間はきっちりとしているもの。復帰後は「とにかく眠くて仕方なかった」というママの声が多く見受けられました。時差ボケのような感覚に陥っていたママや、頭の半分が動いていなかったママ、さらには会議中に寝てしまったママもいました。眠気おそるべし……。

体力問題・仕事のリズムを取り戻すに難ありだった

すっかり体がなまってしまい、体力面に問題がありました。

(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系) 日々寝不足だし、疲れて子どもと一緒に寝てしまって、リズムを取り戻すのに必死な毎日だった。

(35歳/金融・証券/秘書・アシスタント職) 一日のペースをすっかり忘れてしまい、取り戻すのに一苦労した。

(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)

"仕事モードの自分"を取り戻すことに時間がかかった、と答えたママもいました。しばらくの間、仕事から離れ、まったく違う生活をしていたのですから、戻すには大変な労力が必要だったことでしょう!

まとめ

育休からスムーズに復帰できるママは少数かもしれません。「あれ? なんでこんなに仕事できないんだろう……」と落ち込んだり、「もうお迎えの時間だ!」と慌てたり。子どものことがあるため、以前より仕事に割ける時間も少なくて、焦るママも多いのではないでしょうか。

「習うより慣れよ」です。復帰直後はとても大変ですが、毎日こなしているうちに感覚は取り戻せます! 焦らずに、パパと二人三脚で乗り越えましょう!

マイナビ子育て調べ

調査日時:2022年3月2日〜3月26日

調査人数:151人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
✅【は? 正気?】「だって俺、働いてるもーん」「うんち無理!」「ご飯ぐらいゆっくり食べさせてよ」産後の夫の態度に怒りを覚える……!

✅【漫画】夫は総菜が気に入らない。疲れ果てた妻はついに倒れて……『いいから黙って食え!』イッキ読み!

✅『夫にキレる私をとめられない』で話題! いくたはなさんの『夫を捨てたい。』をイッキ読み!