がんばって働いて稼いだお金は、1円でもムダにせず大事に使いたいですね。家計費の節約をがんばって、もう少し余裕ができたら、お金はどんなことに使いたいですか? みなさんの希望や目標について、調査をした結果をまとめました。

月にあといくら節約したいですか?

節約はみんなしたいと思っていますよね〜。あとどのくらい節約したいか聞いたところ、「2万円以上3万円未満」と答えた人が約28%、僅差で「〜2万円未満」と答えた人が約27%という結果に。「3万円以上5万円未満」と答えた人も約21%おり、5万円以下の範囲で節約したいと考えている人は、全体の3/4に及びます。

しかし、それに反して「これ以上節約する必要はない」と回答した人も約16%いました。家計管理がうまくいっているようで、羨ましい限りです!

もし節約できたら、浮いたお金で何をしたいかも伺いました。詳しいエピソードをご紹介します。

浮いたお金でこんなことがしたい!

子どものために使いたい

将来の子どもの塾や習い事の費用。

(35歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職) 塾代。

(35歳/小売店/事務系専門職) 子どもの教育資金。

(35歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

子どもひとりを大学まで進学させるための費用は、それなりにかかります。将来、子どもが習い事をしたい! 専門的に学びたい! と言ったとき、できるだけ応援したいと考えるのが親心。節約して浮いたお金は子どものために使いたい、貯めておきたい、という意見がありました。すぐに使う用途がないのであれば、学資保険なども検討の余地があります。

家族のために使いたい

新居の費用にあてたい。

(35歳/医療・福祉/専門職) 旅行やレジャー費。

(32歳/金融・証券/事務系専門職)

子どもが大きくなると、親子で旅行! と言ってもついてきてくれないことがしばしばあります。節約したお金は、家族の思い出をたくさん作るための旅行費用、レジャー費用に使いたいという意見にも納得です。なかには、家族が楽しく過ごすためのマイホーム費用にあてたいという人も。節約も、家族の協力があればこそ。家族に還元されると思えば、もっとがんばってくれるかも?

自分のために使いたい

洋服を買うのに使いたいです。

(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職) 自分の趣味。

(31歳/小売店/事務系専門職)

工夫して節約した成果は自分へのごほうびということで、自分のために使いたいという声もありました。自分を大事にすることで、節約モチベーションをあげていきましょう!

将来に備えたい

老後に備えて、貯蓄したいです。

(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系) 何かあったときのための貯蓄 。

(35歳/医療・福祉/専門職) 早期退職してのんびりすごしたいです。

(34歳/金融・証券/専門職)

不動産などの資産もなく、貯金も少ない状態はだれでも不安なもの。急な出費はいつあるかわかりませんから、少しでも貯蓄にまわしたいという堅実志向なママもいました。一方で、高額な医療費を払った際に申請できる高額医療費制度など、もしものときに使える社会制度もあります。今の生活に無理のない範囲で将来に備えたいですね。

まとめ

節約は、家計を預かる人がひとりでがんばってもうまくいきません。光熱費の節約や携帯サービスの見直しなど、家族の協力が不可欠です。毎日の生活を楽しみながら節約するには、お金の使い道を家族と相談することも大切。自分ばっかり……と悲しくならないためにも、目標を共有して節約に励みましょう!

マイナビ子育て調べ

調査日時:2022年4月19日〜5月15日

調査人数:152人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)