NEXERが運営する日本トレンドリサーチは5月20日、「学校で『体育座り』をしたことがある」と回答した全国の男女を対象に実施した「体育座りに関するアンケート」の結果を発表しました。

もっとも楽な座り方は「あぐら」が1位

日本トレンドリサーチは、「学校で『体育座り』をしたことがある」と回答した全国の男女計1,250名に、床に座る場合の最も楽な座り方を聞いたところ、一番多い回答は「あぐら」(49.2%)で、約半数が楽な座り方だと感じていることがわかりました。「体育座り」が楽と答えている人も18.6%いました。

床に座る場合の、最も楽な座り方

「体育座り」が他の座り方よりも良いと思う点を聞いたところ、「姿勢が良くなる」(40代・男性)、「脚が圧迫されず痺れないから」(30代・女性)、「いまでもするぐらい馴染んでいる。片側への偏りがない均等な座りかた」(40代・女性)などの意見が集まりました。

また合わせて、最も座りにくい座り方についても尋ねてみると、60.8%が「正座」と答えました。3.6%は「体育座り」と答えています。「体育座り」が最も辛いと回答した人に、どのような点が辛いか尋ねると、「おしりが痛い。お腹が締め付けられる」(50代・女性)、「お腹も圧迫されているような気がしてしんどい」(40代・女性)、「背筋をきちんと伸ばさないと座りづらいから。長時間はキツいから」(20代・女性)という声が寄せられました。

最も座りにくい座り方

さらに、「体育座り」を学校で廃止する動きについてどのように感じたか聞いてみたところ、「良いと思う」は49.4%、「どちらとも言えない」は43.9%、「良くないと思う」は6.7%でした。

「良いと思う」と回答した理由は「学生の頃辛かったイメージがある」(20代・女性)、「うさぎ跳びが体に良くないと言うことで禁止になったように、時代に合わせていくべきだと思うから」(40代・男性)、「女子の場合はスカートの中が見えてしまうのが気になる」(40代・女性)などでした。

「良くないと思う」と答えた人にその理由を聞くと、「学校などで1時間や2時間ずっと座ってなさいということはないと考えられるので内蔵や腰などの悪影響はないと思う」(20代・女性)、「腰に良くない理由や根拠が無い。体育座りは背筋を伸ばすなど座る姿勢を間違わなければ、逆に腰痛緩和にも良い」(50代・男性)、「本当ならばなぜ今まで推奨していたのか疑問である」(30代・男性)などの声が集まりました。

「どちらとも言えない」と回答した人の理由としては、「昔からしている事が今になって急に変わる事に戸惑いがある」(50代・女性)、「医学的に証明されているなら辞めれば良いし、体育座りをしてても問題なく成長できてきたので、継続する学校があっても問題無いと思う」(30代・女性)、「あまり体に良くないことを実感できないので」(40代・男性)といったものでした。

調査概要

調査期間:5月17日〜5月19日

集計対象人数:1,250名(30代以下・40代・50代・60代・70代以上 各250名)

調査対象者:事前調査で「学校で『体育座り』をしたことがある」と回答した全国の男女

https://trend-research.jp/14675/

NEXER

https://trend-research.jp/

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
→5〜11歳の新型コロナワクチン、51%が「接種させたい」--「罹患リスク下げたい」「親2人とも医療従事者」など

→「父以外の異性と歩いてはいけない」「自転車のギアは3段まで」こんなのあり? ブラック校則調査

→コロナ禍でのママ友付き合い、43.8%が困ったことがある!「食事や遊びに誘われて困る」「LINEで顔見えずもやもや」