東急ハンズとヘルスニットプロダクトとのコラボによる子育てリュック「ヘルスニットプロダクト×東急ハンズ be with fam 」(12,000円)が発売しました。男性もカジュアルに持ちやすいように、アウトドア色を強めたデザインで、撥水加工された上品な光沢感のある生地は男女問わず使いやすい商品です。

東急ハンズとヘルスニットプロダクトとがコラボレーションして作った、家族みんなで使える育児用バッグ「ヘルスニットプロダクト×東急ハンズ be with fam 」が発売しました。

be with fam ブラック・ネイビー・ベージュ 各12,000円(税込)

商品戦略部バッグ担当 坂本バイヤーによると、「東急ハンズ(で働いている人)の半分以上は女性であること、男女ともに子育て経験のある人が多いことから、世間のニーズに合った東急ハンズらしいバッグをつくれるのではないか?という意見」が出たのだそう。そこで、「男性が使えるデザインの子育て用バッグはまだまだ少ないと思い、女性だけではなく男性も交えた15人ほどと意見交換をして、約1年かけて開発」されました。

「fam」とは、「family」の略で、家族だけでなく、親戚、身近な人という意味も含まれており、子育てに関わる全ての人が「一緒に育て、寄り添うことができる」という意味を込められています。

撥水加工された上品な光沢感のある生地は男女問わず使いやすく、男性もカジュアルに持ちやすいように、アウトドア色を強めたデザインです。

外出先でよく使うウェットティッシュも収納でき、バッグを開けなくてもサッと取り出せる仕様。内側部分はメッシュポケットになっていて小物の整理に便利です。

使用頻度の高いフロントの下部分の大きめのファスナーポケットは、口が大きく開きます。子どもがぐずった時にすぐ取り出したいおもちゃやおやつを入れておくのにおすすめです。

サイドのファスナーポケットは現代の子育てマストアイテム、ハンディファンが収まるサイズに。両サイドにあるので哺乳瓶や折りたたみ傘などの収納に使い分けられます。

抱っこ紐で子どもを抱えた状態でも、リュックをスムーズに下ろせるように、ショルダーベルト部分にバックルを付けました。ワンプッシュで簡単に着脱できます。

背面には目の粗いメッシュ素材を採用し、デザイン性と蒸れにくさにこだわっています。また旅行の時にも便利なように、キャリーケースのハンドルに取り付けられるベルトも付いています。

スマートフォンや定期券などをすぐに取り出したいという意見が多く、背面にファスナーポケットを採用。旅行時は貴重品を入れる隠しポケットにもなります。

子どもと一緒のお出かけでもPCやタブレットを持ち歩く人のために、内側にクッション材入りの収納ポケットを付けました。子どもが成長した後も普段使いや仕事用のバッグとして長く使えるようにしています。

付属するハンドル付きのポーチはおむつなら3〜4枚を収納でき、お着替え入れにも便利なサイズに。洗濯機で洗うこともできます。

荷物をたくさん入れても型崩れし難いように、芯材を入れることでキレイな型をキープ開閉がしやすく工夫し、機能とファッション性にもこだわりました。

【商品概要】

商品名:「ヘルスニットプロダクト×東急ハンズ be with fam」

カラー:ブラック・ネイビー・ベージュ

価格:12,000円(税込)

商品URL:

https://hands.net/special/list/0028622/

詳しい商品特徴や開発エピソードはこちら:

https://hands.net/hintmagazine/bag-travel/2206-mothers-bag.html

(マイナビ子育て編集部)