6月30日、保育研究プロジェクト「子ねくとラボ」を運営する明日香より、「保育園ママの脱マスクに関する意識調査」の結果が発表されました。

6割のママが、子どもが外出時に「脱マスク」を検討

保育園に通う子どもがいる女性106名を対象に行われた、子どもの脱マスクに関する今回の意識調査。

外出する際に、子どもはマスクを着用しているか尋ねたところ、「必ず着用している」が最も多い48.2%である一方、「大半着用している」が22.6%、「大半着用していない」が13.2%、「一切着用していない」が16.0%でした。合わせると、51.8%のママが子どもの外出時に「マスクを着用させていない時がある」と答えています。

「必ず着用している」以外を回答したママに、子どもが外出時にマスクを着用している中で不安に思うことがあるか聞くと、76.3%が「かなりある」「ややある」と答えています。

子どもが外出時にマスクを着用している中で不安に思うことがあると回答したママに、どのような不安があるか聞くと、「呼吸がしづらくないか」「熱中症にならないか心配」「体の成長に害がないか心配」などの声が寄せられました。

子どもが「夏に外出する際」にマスクを着用させたいと思うか尋ねると、56.6%が「全くそう思わない」「あまりそう思わない」と答えました。

夏に外出する際に、マスクを着用させたいと回答したママにその理由について聞くと、「感染リスクが減るため」(73.9%)が最も多く、「周りの目線が気になるため」(45.7%)、「濃厚接触者扱いされにくいため」(28.3%)が続きました。

夏に外出する際にマスクを着用させたいと思わないと答えたママにその理由を尋ねると、「熱中症リスクが高まるため」(90.0%)が圧倒的に多く、「口呼吸になるため」(30.0%)、「子どもが嫌がるため」(23.3%)も多く挙がっています。

子どもが通う保育園の保育士には、園児と接するときにマスクを着用してほしいと思うか聞くと、「あまりそう思わない」が20.8%、「全くそう思わない」が9.4%でした。合わせて3割以上のママが、園児と接する際、保育士にマスク着用を求めていないことがわかりました。

園児と接するときにマスクを着用してほしいと答えたママに、その理由を聞くと、「子どもへの感染リスクを減らすため」(77.0%)が最も多く、「保育士同士での感染するリスクを減らすため」(48.6%)、「コロナ以外の病気にも予防になるため」(29.7%)となりました。

園児と接するときにマスクを着用しなくてもいいと回答したママにその理由を尋ねたところ、65.6%が「保育士も熱中症になる可能性があるため」、40.6%が「屋外での遊びなどで、マスク着用が必要でない場面が多いため」、37.5%が「子どもに保育士の表情が伝わらず、保育上望ましくないため」と答えました。

自由回答では、「先生の表情も子どもに見てほしいから」「保育士さんもいつも子供とお話していたり、運動量が多かったりと苦しいと思う。特に夏場は保育士さんの体調も心配」「外遊びでは、思い切り自由に遊ぶことを大切にしてほしいから」などの声が寄せられています。

調査概要

調査概要:保育園ママの脱マスクに関する意識調査

調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査

調査期間:2022年6月23日〜同年6月27日

有効回答:保育園に通う子どもがいる女性106名

明日香

https://www.g-asuka.co.jp/company-info/

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
→【医師監修】大人よりなりやすい乳幼児の熱中症! 知っておきたい症状と対策

→五感を刺激するおもちゃセット新発売!こども調査員が商品をテストするおもちゃ研究所の日本版が始動

→むく? むかない? もぞもぞ触ってたらどうする? 誰にも聞けないモヤモヤを解決する「おちんちんの本」