子どもに苦手意識を持ったままママになった外科医・ミューさんが職場復帰! フルタイム勤務のママ外科医として日々奮闘するも、子育てや仕事の悩みは尽きず――!? トライ&エラーを繰り返しながらも前に進んでいく、働くママのリアルをお届けします。→1話目から読む

→前回のお話はこちら

→これまでのお話はこちら

→【ミューさんの以前の漫画連載をイッキ読み】母親になった外科医。赤ちゃんはかわいい、けど怖い。『外科医が母になりました。』

よかれと思って買った絵本が、息子にハマらない!

コロナ禍というだけでなく、日々に余裕がないわたしは

本屋や図書館でパラパラと本をめくりながら

こどもと一緒に絵本を選ぶ機会をほとんどもてませんでした。

絵本やおもちゃの説明、とりわけ「○歳向け」という言葉とにらめっこしながら、

“どの本が今のむすこの成長に合った絵本なんだろう?”などと

小難しく考えることが多かった気がします。

いつしか、対象年齢を過ぎた絵本が本棚に並んでいると

自分の子育てが足りないような気持ちになるようになりました。

そんなときに、視野が狭くなっていたことを気付かされたおはなしです。

(漫画・文:ミュー)

続きます。次回の更新は、7/17(日)の予定です。どうぞお楽しみに!

→1話目から読む

→前回のお話はこちら

→これまでのお話はこちら

→【ミューさんの以前の漫画連載をイッキ読み】母親になった外科医。赤ちゃんはかわいい、けど怖い。『外科医が母になりました。』

ミューさんのプロフィール

30代外科医。息子を出産後、一年間育休をとり現在は大学病院勤務。
高齢者が好きで、専門は癌と緩和ケア。

Blog「外科医ミューのオペレコ☆」
Twitter @myumyumoon<関連リンク>
→【ぐずり対処法1話】子どもがぐずったら、医師の国家試験が役立つ!? 外科医ママが気づいた対応法『外科医ミューの子育て試行錯誤』

→【ぐずり対処法2話】育児ハック発見!? 「医師定番の対処法」が育児に使えそう!『外科医ミューの子育て試行錯誤』

→【ぐずり対処法3話】効果テキメン? 息子に医師が行う「共感・傾聴」を試してみた結果 『外科医ミューの子育て試行錯誤』