Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)にて、「かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと」が開幕しました。

かこさとしさんは、「だるまちゃん」シリーズ、「からすのパンやさん」をはじめ、「どろぼうがっこう」、「おたまじゃくしの 101 ちゃん」など、楽しさの中に学びや創造、斬新さがあり大人をも夢中にさせる絵本を、600冊以上も世に生み出してきた絵本作家です。

今回の展覧会では、初期から晩年までの代表作をはじめ、かこさんが若き日に描いた油彩画や、創作の原点にもなった戦後のボランティア運動の一種である「セツルメント活動」時代の紙芝居、これまで世に出ることがなかった絵本の原画などとともに、貴重な作品や資料が一堂に集結しました。

絵本作家としてだけでなく、「かこさとし」という一人の人間が絵本を通して未来に残し、伝えたかった想いを、その生涯と作品世界から紐解く内容です。

中でも、初公開となる未完の大作「宇宙進化地球生命変遷放散総合図譜(通称:生命図譜)」(複製)は必見。かこさんが晩年に構想していた巨大な作品の下絵で、ビッグバンから現代までの宇宙の歴史と、生命の進化の流れを表現しているといいます。

「からすのパンやさん」フォトスポットが登場

「からすのパンやさん」の中で、絵本いっぱいに描かれたパンを再現したフォトスポットが設置されています。これは必見。

グッズショップも充実

だるまちゃんぬいぐるみ:1,980円(税込)

巾着(ブルー、オレンジ):各種1,320円(税込)

公式図録「かこさとし 子どもたちに伝えたかったこと」:1,650円(税込)

公式図版「かこさとし 子どもたちに伝えたかったこと」では、戦後の模索期から最後の壮大な世界観までをつなげ、かこさんの長女である鈴木万里氏がすべての解説を書き下ろしています。

なお、本会場でこの公式図録を購入すると、オリジナルポストカード(非売品)が1枚もらえます。(次第終了)

デジタル本棚「かこさとし 表紙絵の世界」も

Bunkamura 1Fエントランスウォールにて

この展覧会のために、NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)の協力によって制作された、かこさとし絵本の書影を使用したデジタルコンテンツが、本展会期中「Bunkamura 1階エントランスウォール」で展開されています。

このコンテンツは、7月23日(土)よりICCにて開催される「ICCキッズ・プログラム2022 どうぐをプレイする Tools for Play」との企画連携として制作された、「かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと」の導入となる、本棚型のインタラクティブ展示です。

本棚に並ぶ数々のかこさとし絵本の中に、インタラクティブに反応するデジタル絵本が点在。絵本は裏表紙も丁寧に絵が施されていて必見です。

展示期間:9月4日(日)

展示場所:Bunkamura1階エントランスウォール

※本コンテンツはどなたでも無料で楽しめます。

「かこさとし展」入館券は不要です。

制作協力:NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)

アート・ディレクション:久納鏡子 

テクニカル・ディレクション:鹿島田知也 

プログラミング:稲福孝信

「なつやすみ!わくわくスタンプラリー」開催

「かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと」と、毎年夏休みの大人気企画「ICCキッズ・プログラム」が、展覧会を通して子どもたちに色々な考えや想像をめぐらしてもらいたいと願い、タッグを組み、スタンプラリーが開催されます。

両会場で配布する台紙にそれぞれの施設に設置されたスタンプを押し、両方のスタンプが揃ったら、プレゼントがもらえます。 (大人も参加可能)

開催期間:7月23日(土)〜8月28日(日)

スタンプカード配布・スタンプ台は、Bunkamura、ICCにて設置予定

詳細は展覧会HPにてご確認ください。

※休館日

かこさとし展:7/26(火)

ICC:7/25(月)、8/1(月)、8/7(日)、8/8(月)、8/15(月)、8/22(月)

「ドゥ マゴ パリ Bunkamura B1F / 1F」タイアップメニュー!

レトロクリームソーダ〈GREEN/BLUE〉1,200円(税込)※本展のチケット・QRチケットご提示で200円OFF 9/4(日)まで。

「ロビーラウンジ Bunkamura 1F」タイアップメニュー!

氷パフェ〜波〜 1,300円(税込)※本展のチケット・QRチケットご提示で200円OFF 9/4(日)まで。

フライデーナイトトーク開催!

会期前半の金曜夜間開館日に、かこ氏の作品で描かれているさまざまな分野からスペシャリストをお呼びし、本展担当学芸員とゲストによるトークを展示室内にて開催します。詳細は追って展覧会HPにて。

開催日

7月29日(金)皿井舞氏(学習院大学教授)

「かこさとしの視線と日本美術」

8/5日(金)北山太樹氏(国立科学博物館 植物研究部 菌類・藻類研究グループ 研究主幹)

「巨大系統樹『生命図譜』から読み取る、かこさとしのメッセージ」

時間:19 :00〜19:20 (予定)

場所:Bunkamura ザ・ミュージアム展示室内

開催概要

「かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと」

期間:9月4日(日)まで(開催中)

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム

休館日:7月26日(火)

開館時間:10:00-18:00 金・土曜日は21:00まで

(最終入館は各閉館時間の30分前まで)

会期中のすべての土日祝および8月29日(月)から9月4日(日)は、一部オンラインによる入場日時予約が必要です。詳細はBunkamura ザ・ミュージアムHPを確認ください。

※状況により、期間、開館時間、入場方法等が変更となる場合があります。

入館料:一般1,400円 〈税込み〉/大学生 800円 〈税込み〉/高校・中学生 500円 〈税込み)/小学生・未就学児は無料。

※子ども(小学生以下)のみの入場はできません。大人(保護者)の同伴が必要です。安全管理上、保護者1名につき子ども(小学生以下)2名まで。

公式HP www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/22_kako/

(マイナビ子育て編集部)