アイキューは7月26日、幼稚園、小学生以下の子がいる親を対象に実施した「コロナウイルスによる影響で変化した教育に対する考え方」の調査結果を発表しました。

新型コロナの流行で8割が「子どもと接する機会が増えた」

新型コロナウイルスの影響で子どもと接する機会が増えたと感じたか尋ねたところ、83.5%が「はい」、現在の働き方については、55%が「リモートワーク」と回答しました。

仕事も在宅勤務になることで「おうち時間」が増え、子どもとの時間も増えたことがわかります。

千木に、幼稚園・小学校受験は、コロナでリモートワークが増えた影響があると思うか尋ねると、71.18%が「はい」と答えました。

受験先の志望校を知った方法については「インターネット」(50%)が最も多く、「知人や友人から情報収集」(44.5%)、「塾やスクール」(43%)と続きました。

受験を決めた理由について尋ねたところ、47%が「教育方針やカリキュラムが充実している」と回答し、1位に。2位は「良い友だちに恵まれそう」(19.5%)、3位は「内部進学ができる」(18%)が続いています。

調査概要

アンケート実施日:2022月7月11日、2022月7月19日

調査方法:子供のいる家庭4,000人から受験経験ありの家庭200人に対して調査を実施

調査機関:アイキュー調べ

アイキュー

https://aiq.school/

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>

・幼稚園の面接前にママが知っておきたい15個のポイント

・子どもの小中学校“お受験戦争”経験した親の約9割が「させて良かった」と回答、その理由は?

・「お受験!」「英語を」義理の両親が我が家の教育方針に口出し! ママたちがイラっとした体験談14選