マイナビ子育てユーザーから寄せられた、「ママ友とのゾッとした話」を、グラハム子さんが漫画化! もしかしたら、あなたのまわりにもこんなクリーチャー(化物)系ママがいるかもしれませんよ……。→1話目から読む

→前回のお話はこちら

→これまでのお話はこちら

→グラハム子さんの以前の連載、『母たちの戦場〜幼稚園共働き役員ママ物語〜』をイッキ読みする

今回のママ友怪談

めんぼー隊さん(40歳以上/主婦)が体験した、ほんこわママ友怪談です。

子どものお洋服にこだわりがあるママ友から「一緒に大きい公園に行こうよ!」と誘われたので、ママ友の車で出発。出発してすぐに「途中の○○(有名なファッションショップ名)に寄っていい?」、あとちょっとで公園に着くのに「××にも寄っていい?」と寄り道が多い……。結局公園で遊ぶ時間が短くなり、不満そうな息子をなだめながら帰りの車に乗せてもらったところ、帰り道にも「△△で取り寄せた洋服を店舗に取りに行っていい?」と寄り道。私たちが家に着いたのは、夕飯の時間でした。

車を出してもらってるし、一緒に遊んでももらえたけど、お洋服にかける情熱に巻き込まないでくれと思いました。そのあともこんなことが続いたので、このママ友とはお出かけしなくなりました。自分の用事を優先するママ友、私には理解できません。

もしかしてこれは、いくつもの服屋に立ち寄ることで、「あれ? 私と子どもって、今日何のために外出したんだっけ?」って、本来の目的を見失わせるための罠………? 大丈夫よ、めんぼー隊さん! あなたはまごうことなく、公園に遊びに行くのが目的だったハズよ!

めんぼー隊さんは、最終的にこのママ友と遊ばなくなったみたいだけど、もしこういうママ友からお誘いがあったら、車に乗り込んだ時点で「今日の行動予定:集合→公園→帰宅」 って書いた紙を車内に貼り付けておいてあげましょうね♪(やさしさ)

****

次の更新は、9/4(日)の予定です。お楽しみに!

(漫画:グラハム子/文:マイナビ子育て編集部)

→1話目から読む

→前回のお話はこちら

→これまでのお話はこちら

→グラハム子さんの以前の連載、『母たちの戦場〜幼稚園共働き役員ママ物語〜』をイッキ読みする

グラハム子さんのプロフィール

30代、2児の母。育児漫画、エッセイ漫画の連載多数。
著書に、『女子校デイズ 男がいない青春だって良いもんだ』 『美淑女戦士オバサンジャー』、 『親に整形させられた私が母になる エリカの場合』(すべてKADOKAWA)がある。
Instagram gura_hamuco
Twitter @gura_hamuco <関連リンク>
→【グラハム子さんの以前の連載をイッキ読み】『母たちの戦場〜幼稚園共働き役員ママ物語〜』Vol.1〜Vol.12(最終回)

→家計が大変そうなママ友に同情したら…リゾートバカンスに行ってた!?『本当にあった! ママ友リアル怪談』

→これは悪夢のプロローグ。幸せな家庭を持つ私と嫉妬に狂う女の影『その人って本当に、ママ友ですか? #1』