マイナビ子育てユーザーから寄せられた、「ママ友とのゾッとした話」を、グラハム子さんが漫画化! もしかしたら、あなたのまわりにもこんなクリーチャー(化物)系ママがいるかもしれませんよ……。→1話目から読む

→前回のお話はこちら

→これまでのお話はこちら

→グラハム子さんの以前の連載、『母たちの戦場〜幼稚園共働き役員ママ物語〜』をイッキ読みする

今回のママ友怪談

れいさん(29歳/医療・福祉/保育士)が体験した、ほんこわママ友怪談です。

保育園に通っている我が子。寒い時期になると、園のハンガーラックに登園で着てきたアウターをかけます。降園する際は、先生がアウターを渡すのではなく子どもが自分で取るのですが、我が子のアウターがありませんでした。その後、近くのショッピングモールにアウターを買いに行くと、子どものアウターと同じものを着用している保育園のお友だちを発見。

子どものつけた腕のあたりのシミを確認し、盗まれたと確信。あえて、「これ一緒だねー! 待ってたよー! なくなったけどねー! 腕のシミも一緒だねー!」と声をかけると、ママ友から土下座されました。

れいさん、スカッとはしたけど本当に災難だったわね!

このママ友、土下座するってことは、返す気ゼロでそのままパクろうとしていたってことよねぇ。「もしバレたら、先生やママ友たちとの関係がギクシャクするかも」って、想像できなかったのかしら。あっさり謝るなら最初からするなっつーの!

でも逆に、ママ友の性根が腐ってて、「同じところにシミがあるだなんて、偶然〜(にっこり)」ってしらを切って逃げられたりしたら、たまったもんじゃないわよね……。

****

次の更新は、10/9(日)の予定です。お楽しみに!

(漫画:グラハム子/文:マイナビ子育て編集部)

→1話目から読む

→前回のお話はこちら

→これまでのお話はこちら

→グラハム子さんの以前の連載、『母たちの戦場〜幼稚園共働き役員ママ物語〜』をイッキ読みする

グラハム子さんのプロフィール

30代、2児の母。育児漫画、エッセイ漫画の連載多数。
著書に、『女子校デイズ 男がいない青春だって良いもんだ』 『美淑女戦士オバサンジャー』、 『親に整形させられた私が母になる エリカの場合』(すべてKADOKAWA)がある。
Instagram gura_hamuco
Twitter @gura_hamuco <関連リンク>
→【グラハム子さんの以前の連載をイッキ読み】『母たちの戦場〜幼稚園共働き役員ママ物語〜』Vol.1〜Vol.12(最終回)

→服好きママ友が自分の用事を優先! いくつも服屋に寄り道されたあげく…『本当にあった! ママ友リアル怪談』

→これは悪夢のプロローグ。幸せな家庭を持つ私と嫉妬に狂う女の影『その人って本当に、ママ友ですか? #1』