世界中で愛されるハローキティの公式YouTubeチャンネル「ハローキティチャンネル」より、編集部イチオシの動画をご紹介。今回は「ゴール3『すべての人に健康と福祉を』@バングラデシュ【ハローキティ 世界のSDGs応援 Goal3】」から、キティちゃんがバングラデシュの助産所を訪問した様子をお届け!

「世界のSDGs伝道師」でもあるキティちゃん。

今回は、SDGsのゴール3「すべての人に健康と福祉を」の取り組みのひとつとして、UNFPA(国連人口基金)がバングラデシュで展開している難民キャンプの助産所を訪問しました。

助産所設立後、出産で亡くなる母子が減少

あっ、もしかしてここかな?

ママと赤ちゃんの絵もあって……ちょっと中に入って聞いてみましょう!

妊婦さんかな?

たくさんいらっしゃいますね。

すみません、ここは何をするところですか?

「こちらは難民キャンプの助産所です」

助産所ってことは、妊婦さんと赤ちゃんの命を守っている「ヒーロー」さんって……

あの、UNFPAの方から何か聞いてますか?

「はい、聞いています」

本当ですか!? ヒーローさん、見つけました〜!

「私はマスマ・アクタール。助産師です」

マスマさんは2年目になる助産師さん。

この助産所には彼女を含む助産師さんが8人いて、毎日24時間体制で対応しているんだって。

実は助産所ができるまでは、出産時に赤ちゃんとお母さんが亡くなってしまうケースがとても多かったのだそうです。

しかし、助産所が2年前にできてから亡くなる率がかなり減少。

まさに、ヒーロさんたちの頑張りのおかげなんです!

***

出産時に赤ちゃんとママが亡くなってしまう可能性はゼロではありませんが、かつてバングラデシュではそうしたケースが「とても多かった」とのこと。

助産所がないなど、環境面の問題で、本来であれば救えるかもしれなかった赤ちゃんとママが亡くなってしまっていたことは本当に悲しいですよね。

現在、助産所ができたことでそれが減少したといい、SDGsのゴール3「すべての人に健康と福祉を」に少しずつ近づいているようです。

200人の赤ちゃんの命が救われた

今までどのくらいお産のお手伝いをしたんですか?

「私は200人くらいの赤ちゃんが生まれる手伝いをしました」

200人!! 生まれてきた赤ちゃんを見た瞬間って感動ですよね?

「赤ちゃんが生まれて元気な産声をあげるたび、ホッとします。私にとって最もすばらしい瞬間です。そういうとき、助産師をやってよかったなと感じます」

それはすごい!

マスマさんのいとこは、とても悲しい死産を経験したんだそうです。

それがきっかけとなり、マスマさんはできるかぎり多くの女性が安全に出産できるよう、助産師の仕事を始めたんだそうです。

***

医療体制が整っていないバングラデシュでは、「安全に出産」できることが難しいという、とても厳しい状況だったよう。

妊娠中は、ただでさえ体調やメンタルの不安が付きまといがちですが、安全に出産できるかどうかわからない状態ではさらにそれが強くなりますよね。

そんな状況を変えるべく助産師になったマスマさん。現在では、彼女に救われたママや赤ちゃんがたくさんいるようです。

助産所を利用できない妊婦さんのための衛生出産キット

「これがUNFPAが提供している衛生出産キットです。もし家で急に出産しなきゃいけないような場合にこれが役立ちます」

お母さんが出産するときに使う消毒されたプラスチックシートに、赤ちゃんを温める清潔なブランケット、そして、へその緒を切る消毒されたカミソリなんかが入っているんだね!

「もしこのキットがなければ汚れた布や刃物を使ってしまうので、感染症の危険性があります」

困難な生活環境のなか、自宅で出産する場合、適切なケアや消毒された器具を利用できないことが多く、お母さんや赤ちゃんが感染症で亡くなってしまうことがあるそうです。

また、この難民キャンプでこの施設を利用する妊婦さんの割合は現在約50%まで上昇しました。しかし、すべての人が安全に出産できているわけではありません。

まだこの助産所を利用できない人たちもいるので、少しでも安全に産めるようにと、このキットを配り始めたそうなんです。

***

バングラディシュの妊婦さんのなかには、助産所があっても、陣痛が来たときにすぐに行けるような交通手段がないなど、さまざまな理由から自宅での出産を余儀なくされる場合があるそう。実際、助産所を利用しているのは難民キャンプの中でも半数ほどの妊婦さんだということから、助産所があってもそれが利用できない人がまだまだ多いことがわかります。

そうした人々が、少しでも安全に出産するための衛生出産キット。

助産所設立はもちろん、「助産所があっても来られない」という方々にまで目を向けることが、「すべての人に健康と福祉を」届けることにつながっているのですね。

今回紹介した動画

YouTubeチャンネル「ハローキティチャンネル」について

ハローキティの公式YouTubeチャンネル。

チャンネル登録者数は33万人(2022年10月時点)。

キティちゃんが好きなことを語ったり、歌ったり踊ったり、ときにはファンのお悩みや質問に答えたりと、持ち前の愛らしさで人気を博している。

特にお悩み相談の回答や視聴者へのコメント返しが「深い」「名言」とネットで話題に。そんな名言を集めた書籍『YouTuberキティの人生相談』(扶桑社)も発売中。

©ʼ22 SANRIO 著作(株)サンリオ 

(画像・文:ハローキティチャンネル/マイナビ子育て編集部)