「のせるだけでご飯が何杯も食べられる!」と大人気の“たらこ”。ですが、生のたらこは少量でなかなかのお値段ですよね……。「もっとたらこを堪能したい!」という方にオススメなのが、業務スーパーの冷凍魚介コーナーで販売されている「冷凍 たらこバラコ」。使いやすくておいしいと話題の一品をさっそく購入し、活用してみました。

業務スーパーマニアで3児のママの舞です。

ご飯のおともとしても、パスタの具材やタラモサラダの材料としても人気のある「たらこ」。とてもおいしくて筆者も大好きなのですが、お店で購入しようとすると、なかなかいいお値段がするんですよね……。

そんなちょっと特別な「タラコ」、業務スーパーであれば、必要な分だけ使えるチューブタイプが販売されているんです!

製造しているのは、辛子明太子で有名な福岡の水産加工会社「やまやコミュニケーションズ」。辛子明太子版は以前から販売されていましたが、昨年から「冷凍 たらこバラコ」も販売されるようになりました。辛いものが苦手な方やたらこのほうが好きな方、お子さんのいる家庭にはうれしいですよね!

ごはんのおともに、麺に、ほか料理にいろいろ活用できる「冷凍 たらこバラコ」の魅力を、マニアの筆者が詳しくレポートします。

【業務スーパー】冷凍 たらこバラコ

商品情報

名称:魚卵加工品

原材料名:すけとうだらの卵(ロシア)、まだらの卵、発酵調味液、みりん、食塩、澱粉含有物、昆布エキス/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン)、ソルビット、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンC)、着色料(黄5、赤102、赤106)、発色剤(亜硝酸Na)

内容量:300g

保存方法:−14℃以下で保存

アレルゲン(28品目対象):無し

購入時の価格は、537円。賞味期限は購入日より約8ヶ月後でした。

冷凍で販売されているので、使う少し前に冷蔵庫に移して解凍しておきます。

小さなキャップがついており、開け閉めすることができます。必要な分だけ少量ずつ出すことができるので「出しすぎた!」という失敗もありません。絞り口も汚れにくく、とても使いやすいです。

たらこを食べるときに「ちょっと面倒だな」と思う点は、皮をとる手間がかかるところと、量の調節ができないところ。皮をとらずにそのまま食べる場合は問題ありませんが、パスタなど皮を取って使いたい場合などは、少々手間が気になります。

このチューブタイプのたらこなら、その手間もかからずちょっとだけ使いたいときにもとっても便利。使い勝手のよさもうれしいポイントです。

おいしい活用法

ご飯にのせて

炊き立てのご飯にのせれば、もうほかに何もいらない! ご飯が進みすぎるおいしい定番の組み合わせで、ご飯のおともランキングでも常に上位にあがるほどのみんなが大好きなたらこ。

のせたい分を調節できるから使いやすく、忙しい朝にもぴったり。

卵焼きに

以前、博多に行った際に屋台で注文したのが、辛子明太子入りの卵焼き。ふんわりとした卵に辛子明太子の味わいが絶妙にマッチして、忘れられないおいしさでした!

その明太子をたらこに変えて、子どもでもおいしく食べられるたらこ入りの卵焼きに。チューブで絞って、溶いた卵で巻き込んで焼くだけなので、普段卵焼きを作る要領で作ることができます。

味つけは少量の出汁を加えているだけですが、たらこの塩気があるので十分。朝食にもぴったりの、やみつきになる卵焼きです。

たらこクリームうどん

牛乳、めんつゆ、バター、チーズ、たらこを鍋に入れて混ぜながら温めます。ゆでたうどんを入れた丼に注いで、たらことねぎをトッピングすれば、たらこクリームうどんの完成!

お店に出てくるようなちょっとおしゃれでおいしい一品に、子どもたちも感動。「これまた作って!」とリクエストが入るほど好評な一杯になりました。

まとめ

ご飯のおともに、さまざま料理に活躍する業務スーパーの「冷凍 たらこバラコ」。たっぷり大容量でコスパもよくて使い勝手も抜群! あると便利な一品です。

気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

舞
この記事の執筆者
業務スーパー歴15年以上、KALDI歴10年以上のマニアで3児のママ。
週1、2回お店に通い、新商品のチェックも欠かさない。購入した商品の感想やアレンジ活用術をほぼ毎日詳しく紹介しているブログやYouTubeが人気。テレビ出演・雑誌掲載等多数。商品の魅力や、大容量でも賢く保存・アレンジ調理で飽きずに使い切るコツなどを詳しく紹介していきます!

◆KALDI
ブログ:カルディ・ゲッツ! | KALDIでGETした商品の感想や活用術を紹介!
Instagram:@mai_kaldigets

◆業務スーパー
ブログ:業務スーパーおすすめ商品ブログ
Instagram:@mai_gyosugets
→記事一覧へ