ダイソーのクリスマスグッズコーナーが華やかに彩られる季節がやってきました! 今年も多くの新商品が発売されており、あれもこれも欲しくなってしまいますね。カラフルなクリスマスグッズの中で、そのシンプルさに目を奪われたのは木製の無地のツリー。積み木を思わせるその見た目は、室内をほっこりとあたたかくしてくれます。

5歳と1歳の子どもを持つ、アラフォー母のみたこです。

今回はダイソーのクリスマスグッズの中から、シンプルさが魅力の「MDFツリー」をご紹介します。

あえての無地がイイ! MDFツリー

ダイソーの売り場で一際シンプルなクリスマスツリーを発見しました! それは「MDFツリー」。高さが約16.9cmのものと約12cmのものの2種類があります。私は12cmの小さいほうを購入しましたが、どちらの大きさも110円なので、大きさの違うものを並べるのもいいかもしれませんね。

MDFとは「Medium Density Fiberboard」の略で、木材を線維化してから成型した木製素材です。今までは捨てられていた端材や廃材からも作ることができるので、とてもエコな素材なんですよ。

このツリーの最大の魅力は、なんといってもそのシンプルさ。あえて飾りをつけずに無地のままにすることによって、ツリーのくすみカラーも引き立ちます。

ツリーを脇役にしたいときに飾るのもGOOD! 何かとツリーが中心になりがちですが、お人形を主役にしたいときには無地のツリーが活躍してくれます。

ツリーがインテリアのアクセントになることなく、背景や風景としてそっと溶け込んでくれますよ。

小さい空間や狭い幅に飾るのにもちょうどいい

トイレなどの小さい空間や窓辺にもシンプルなツリーがよく合います。

ツリーに厚みがないので、窓辺などの幅の狭いところに置くことも可能。小物を置くのが難しい場所でも、クリスマスの雰囲気を演出してくれます。

飾りをつけに! ネイルシール

シンプルさが売りのMDFツリーですが、少し華を出したいときにオススメなのが「ネイルジュエリーシール」です。

ほどよい立体感とサイズ感が、このツリーにぴったり! クリスマスバージョンは2種類あり、どちらもリースの型を基調としたクリスマスらしいデザインになっています。

ネイルシールの台紙を外してみると、その繊細で細やかな作りがよくわかります。ジュエリーという名がついているだけのことはあって、キラキラと光るパーツはまるで宝石のようです。

実際にネイルジュエリーシールを貼ってみました。

シンプルなツリーを華やかにしてくれます。主張しすぎない演出がいいですね。

ネイルジュエリーシールは、クリスマスバージョン以外にもバリエーションがあるので、あえてクリスマスではなく、自分好みのシールを選んでみるのも楽しいですよ。

1本のツリーはシールでデコレーションをし、もう1本のツリーはそのままにして、2本に違いを出してみるのもいいですね。

ツリーは両面使えるので、片側だけデコレーションをしておけば、飾る場所や状況に応じて表裏で使い分けもできますよ。

商品詳細

■商品名:MDFツリー(B)

■価格:110円

■サイズ:6.6cm × 12cm × 1.5cm

■カラー:ブルー・グリーン

まとめ

シンプルゆえに使い方が自由自在な、ダイソーの「MDFツリー」をご紹介しました。

そのまま飾ってもよし! 自分好みにアレンジしてもよし!

ネイルシールのほか、ダイソーの手芸用品売場に売られているデコレーションパーツを使ってもかわいく仕上がりそうですね。

ぜひお子さんと一緒に自分好みのツリーに仕上げてみてくださいね。

みたこ
この記事の執筆者
みたこ
4歳の娘と0歳の息子を絶賛育児中のアラフォー母。

100均の「じゃない」使い方や、アイテムの合わせ使いが得意で、家事育児中も頭は常にフル稼働。子どもたちを寝かしつけながらもアイデアを巡らせているが、気づけば寝落ちしている日々。

元気だけが取り柄だったはずの体だが、アラフォーに0歳児の育児はかなりこたえるものがあり、常に子どもたちから風邪をもらっては治るのも一番遅く「次はいつ来るか……」と、自分と家族の体調不良に日々怯えている。

ブログ:みたこの疲弊爆笑育児日記
→記事一覧へ