漫画「よなきごや」第11話をお届けします。

Yonakigoya banner

結婚・出産に興味がなく、子どもが好きじゃない20代の有村。仕事では子どものいる人が休むたびに負担がのしかかり、不満を感じていた。ストレスの発散方法は、仕事を終えた深夜にライブ配信「アリーの酔いどれ通信」で愚痴ること。配信にはいつも1人だけ視聴者がいて……。

→前回のお話はこちら

つづく(次回更新は、12/13(水)の予定です)

→1話目から読む

→前回のお話はこちら

→「よなきごや」を全部読む

かねもとさんの最新書籍はこちら

『世界一役に立たない育児書』(白泉社)

51ianpvpf0l. sy291 bo1,204,203,200 ql40 ml2 ¥ 1,320

(編集協力:大西まお)

かねもと
この記事の執筆者
漫画家
かねもと
漫画家で、東北在住の2児の親。在宅ワーカー歴=長男の歳と同じ年数。著書に『世界一役に立たない育児書』(白泉社)、『伝説のお母さん』『伝説のお母さん つづきから』『私の息子が異世界転生したっぽい』(KADOKAWA)、原作担当書に『私の息子が異世界転生したっぽい フルver.』(小学館)がある。
→記事一覧へ