タレントのギャル曽根さんが産後のある変化について「やばい。」と戸惑いを明かしています。

「髪の毛をとかすのがこわい」

(※画像はギャル曽根さんオフィシャルブログより)

ギャル曽根さんは2012年に第一子、2016年に第二子、昨年11月に第三子を出産しています。7年ぶりの妊娠にはなかなか気づかず、大食いでも太らないタイプだったのが急にお腹が出てきて「おかしいな?」と病院に行って判明したのだとか。昨年11月9日から産休に入り、そのわずか9日後の同18日に出産となりました。

産後も体調も良好ですこぶる元気だといい、産後2ヶ月でレギュラー番組の仕事にも復帰。ただ、困っていることもあるといいます。

ギャル曽根さんは8日に自身のブログへ「やばい。」「一回のドライヤーで抜ける毛の量がやばい。」と投稿。産後の抜け毛に悩まされているようです。

畳に散らばった長い髪の毛を一カ所に集めて撮った写真もアップし、「大丈夫か、、、

毎日抜ける、、抜ける、、、心配!!!」「#ドライヤー#産後#抜け毛」と綴った、ギャル曽根さん。

実は産後まもないタイミングでも、髪をとかすたびに激しい抜け毛があり、「産後だから仕方ないと思いつつも、抜けすぎではないかい??」「本当髪の毛残ってる???っていうくらい抜ける」と不安を明かしていました。

(※画像はギャル曽根さんオフィシャルブログより)

また3月にも、抜け毛についてコメント欄で質問をもらったといい、「私の抜け毛は、三ヶ月目くらいからだんだん目立つようになってきて、今はそのうちハゲるのではないかとヒヤヒヤするくらい毎日抜けます」「何だか髪の毛も絡まりやすくなってる気がして…なので最近は髪の毛をとかすのがこわいです」と綴っていました。

今回の投稿のコメント欄には「産後7ヶ月ですけど、未だお風呂で髪の毛ごっそり抜けます 毎日恐怖に怯えてます」「12月に出産した私も同じく抜け毛すごいです」と、同じように悩んでいるママの声も。髪が長いと余計に多く抜けているように感じやすいため、ショートヘアを勧める声もありました。

産後8ヶ月頃が落ち着く目安

出産後、髪を洗ったあとの排水口にびっしりと付く抜け毛や、髪をとかしたブラシに絡まる抜け毛の多さに驚いたという人は少なくありません。産後の抜け毛は多くの出産した女性が経験し、「出産後脱毛症」や「分娩後脱毛症」とも呼ばれます。

妊娠中は「抜けるはずの髪の毛が抜けない状態」で、髪の量が多くなっています。髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていますが、妊娠中は髪の毛を維持する働きを持つ女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになっているため、抜けるはずの髪の毛が抜けない状態になっているのです。

そのため、出産を終えてエストロゲンの量が急激に減少すると、本来すでに抜けているはずだった髪が一気に抜けていきます。毛髪は成長が止まってから次に毛根が成長を始めるまで、通常は3〜4ヶ月の休止期があります。一斉に抜けた毛髪は一斉に休止期に入るため、新しく生えてくるまでしばらく薄毛状態が続くことになってしまうのです。

また、出産後は母体が完全に回復しないうちに育児に追われ、ストレス、疲労、睡眠不足などの負担が抜け毛を加速させてしまうと考えられます。多くの場合では産後8ヶ月までには自然に回復していきますが、あまり気に病むとさらにストレスになってしまうので、美容院で髪型やヘアケアについて相談するのもいいでしょう。

=====

参照:

【医師監修】産後の抜け毛の原因と対策!3つの実践的なケア方法