「着床したか」「生理が来るのか」というタイミングは、体調に何か変化がないか敏感になりますね。着床で起こる「着床出血」の時は「痛み」も感じるのでしょうか? ここでは、「着床出血」と「痛み」の関係について解説します。

この記事の監修ドクター 窪 麻由美先生
Fika Ladies‘ Clinic フィーカレディースクリニック(東京都中央区日本橋)副院長。順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー

「着床出血」とは

「着床」とは、受精卵が子宮内膜に潜り込んでいくこと。着床したことをもって、妊娠が成立したことになります。「着床出血」とはどのようにして起こるのでしょうか?

着床によって出血することがある

着床の際、受精卵は子宮内膜に根を張るように絨毛という組織を伸ばしていきます(絨毛はのちに胎盤となります)。このときに出血することがあり、これが「着床出血」と呼ばれるものです。着床出血は、生理の開始予定日かそれより少し早いころから起こります。

「出血」といってもごく少量であることが多く、トイレで拭いたときにトイレットペーパーに少し血が付いたり、下着やパンティライナーにピンクや茶色のおりものが付いたりすることもあります。

なお、着床出血は、着床したらかならず起こるわけではなく、妊娠した女性のうち8〜25%[*1]にみられるものとされています。

着床出血の時は「痛み」もある?

着床とは「受精卵が子宮内膜に潜り込んでいくこと」と説明しましたが、このとき痛みを感じることはあるのでしょうか?

普通、ほとんど痛みは感じない

着床のころ、下腹部に軽いけいれんのような違和感を覚える人もいるようです。ただ、普通、着床出血は痛みを伴わないとされています。

受精卵の大きさはとても小さいので、子宮内膜に受精卵が潜りこむことが痛みを引き起こすとは考えにくいでしょう。

別の原因による痛みの可能性も

着床が起こるのは、月経前症候群(PMS)があるころでもあります。PMSは、生理前の3〜10日間に続く精神的・身体的な不調のことで、PMSの症状のなかにも「下腹部の張る感じ」や「下腹部痛」はあります。PMSによる不調であった場合は、生理が始まると治まるか軽くなります。

また、生理周期はストレスなどで簡単にずれます。予想よりも排卵が遅れたことで、排卵痛を着床による痛みと勘違いすることも起こりえます。排卵による痛みの場合は、腹部の片側だけに症状のある人が多いようです。痛みのほかに、違和感や張り、出血(不正出血)を伴うこともあります。

着床したかどうかを調べる方法

着床出血は、痛みを伴わないごく軽い出血のことですが、生理の開始予定日近くに起こることが多いので、普段から生理の量や期間が軽めの人では通常の生理と見分けるのが難しいかもしれません。着床によるものか、生理によるものか、出血の原因を見分けるにはどうしたらよいのでしょうか?

妊娠検査薬を使ってみる

【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7766

一番わかりやすいのは、出血が治まるのを待ってから妊娠検査薬を使ってみることです。なお、通常の妊娠検査薬は生理開始予定日の1週間後以降に使用することになっていて、時期が早すぎると「実際は妊娠しているのに陰性」と判定される場合があることには注意してください。

基礎体温は高温期が17日以上続く

また、日ごろから基礎体温を測っている人では、いつもより高温期が長く続いていないか確認することでも、着床の可能性を知ることができます。

高温期は正常であれば10日以上続きますが、それが17日以上続いていたら、妊娠の可能性が高いでしょう。

高温期が続いていることに気付いたら、説明書をよく読んだうえで妊娠検査薬を使ってみましょう。

【医師監修】妊娠検査薬の反応はいつから?検査時期と注意点
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1187

まとめ

着床出血と「痛み」の関係について解説しました。たしかにこの時期に下腹部などに違和感が出る場合も中にはありますが、それが着床によるものなのかどうか、症状だけから判断することは残念ながらできません。着床したかどうか知りたいなら、やはり妊娠検査薬や基礎体温表の動きを確認したほうがよいでしょう。妊娠検査薬で陽性が出たら産婦人科の受診を忘れずに!

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:窪 麻由美先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]池ノ上克ほか「NEWエッセンシャル産科学・婦人科学」(医歯薬出版)p.327
[*2]American Pregnancy Association:What is Implantation Bleeding?
https://americanpregnancy.org/getting-pregnant/what-is-implantation-bleeding/

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます