妊活をしているとよく耳にする「着床」。着床とは何のことで、着床するまでには何が起こるのでしょうか。それを知ることは、まさしく妊娠のしくみを知ること。ここでは、「着床までに起こること」とともに、妊活中に気を付けたい生活習慣などを紹介します。

この記事の監修ドクター 窪 麻由美先生
Fika Ladies‘ Clinic フィーカレディースクリニック(東京都中央区日本橋)副院長。順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー

まずは「着床」について知っておこう

「着床」という言葉について、耳にしたことはあっても、何がどうなるのかイマイチわかっていないかも……という人のために、ここでおさらいしておきます。

着床=妊娠の成立

「着床」とは、卵管(子宮から卵巣まで伸びる管)のなかで精子と卵子が出会ってできた受精卵が、細胞分裂しながら移動し、根のような組織を生やしながら子宮内膜にもぐり込んでいくことです。受精卵が子宮内膜に着床したことをもって、妊娠が成立します。

着床までに起こることとは

さきほど着床までのおおまかな流れを紹介しましたが、次でもう少しくわしく、とくにいつごろ起こるものなのかをまとめます。

排卵〜受精〜着床が起こる時期の目安

1)排卵

生理開始から数えて2週間後ごろに起こる(生理周期が28日の人の場合)。卵巣から卵子が飛び出すこと。

2)受精

排卵から1日以内に起こる。卵子と精子が卵管の中で出会うこと。

3)着床

受精卵が子宮内膜にもぐり込むこと。受精の5、6日後には子宮に到着して子宮内膜にくっつき、もぐり込み始める。着床が完了するのは、受精から12日後ごろ。

排卵〜受精〜着床が起こるまでのイメージ

妊活中、心がけたいこと

さて、受精卵が自然に着床する、つまり妊娠するかどうかは、その受精卵が元から持っている力などによって、ある程度、運命付けられています。タイミングよくセックスしていたとしても、妊娠する確率は20歳前半で30%、30歳で20%、35歳で10%程度とも言われているのです[*2]。

また妊娠に至るまでには複雑な過程があるので、これを試せばすぐ自然に妊娠できるという簡単な方法はないと考えたほうが良いでしょう。ただ、妊活中に生活習慣などで気を付けると良いポイントはいくつかあるので、次に紹介します。

妊娠を望むときに気を付けたい生活習慣などのチェック

☑ 妊娠前から葉酸は十分に摂っておく

☑ 太りすぎ、やせすぎの場合は適正体重に戻す

☑ 喫煙、過度な飲酒・カフェイン摂取は避ける

☑ 適度に体を動かす

☑ 妊娠前に医療機関でメディカルチェックを受けておく

(虫歯治療を済ませておく、未接種のワクチンがないか確認し、抜けがあれば受けておくなども含みます)

もっとくわしい情報を知りたい人は下記の記事も参考にしてみてください。

【医師監修】妊活中に実践しておきたい! ブライダルチェック・貧血対策など5つの準備
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1051

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/176

まとめ

ここでは「着床までに起こること」について、おもに解説しました。排卵や受精を経て「着床が起こるかどうか」で妊娠の有無が左右されることがおわかりいただけたと思います。また、個人差がありますが、それぞれだいたいいつごろ起こるものなのかについても紹介しました。その時々で、女性の体内で今何が起こっているのか想像しながらだと、生活習慣を整えるモチベーションもアップしやすいかも。最後に挙げたリストを参考に少し気をつけながら、着床を待てると良いですね。

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:窪 麻由美先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]公益社団法人日本産科婦人科学会:HUMAN+, p.62, 2018.
http://www.jsog.or.jp/public/human_plus_dictionary/book_vol2.pdf>

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます