苺のマークで人気の「WECK」はガラスの密閉保存容器として有名ですが、実は調理容器としても優秀です。使用方法を守れば、冷蔵だけでなく、電子レンジやオーブンで加熱したり、蒸し料理だって作れたりします。今回は贈り物にもピッタリなギフトボックスに入っているMOLD 140mlの使い方やレシピを中心にご紹介します。

こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

世界の人から愛される、苺のマークが目印のガラス瓶といえば、ドイツのWECK(ウェック)。日本でも愛用者がたくさんいますが、その魅力はデザインの多様性と使いやすさを追求した機能の高さ。

常温での長期保存ができる密閉性や、キャニスターとしてのデザイン性に注目されがちですが、実は使い方によっては電子レンジやオーブンでの加熱もできるため、調理容器としても活用OK。調理後は器としてそのまま出したり、保存容器として使ったりすることも可能。WECKならひとつでいくつもの役割をこなしてくれます。

調理に使う場合は、WECKならではの特徴や注意点があります。安全に便利に用いるためには、どんなことに気を付けて、どんなことに使えるのか、活用レシピも合わせてチェックしてみてください。

WECKギフトボックス(MOLD 140ml×4)

WECKギフトボックス(MOLD 140ml×4)には、WECKの中でも特に人気デザインのセットが入っています。

ギフトボックスにはこんな風に梱包されて届きます。このギフトボックスに入っているアイテムを1つひとつご紹介しましょう〜♪

ガラス瓶 MOLD 140ml&ガラス蓋

WECKは環境に配慮し、リサイクルガラスを50〜70%使用したエコ製品。余計な着色や飾りを省き、トレードマークの苺だけ。緑がかった昔ながらの素朴なガラスで、厚みがあってしっかりして意外と丈夫。

■サイズ:φ90×50mm(WE-976)

■パッケージサイズ:W195×D110×H120mm

■内容量:140ml×4個

内容量は140mlとなっていますが、瓶の側面には165mlと記載されています。縁いっぱいくらい入れると、確かに165ml入りますが、蓋をすることを考えると140ml入れるくらいがちょうどいいです。

口が大きく浅めなので、盛り付けやすく、洗いやすいです。蓋は受け皿やスプーン置きにしたり、保存するときはスタッキングできたり。場所を取らずに置くことができます。

ガラスは涼しげな見た目の良さだけでなく、色移りや臭い移りもしにくく、汚れは落ちやすいので使いやすいです。また、透明なので中身が一目でわかるのもいいですよね。

ゴムパッキン&クリップ

密閉保存するために必須のゴムパッキンとクリップ。この2種類のアイテムで密閉保存を可能にします。ボックスには瓶の数だけ必要なゴムパッキン4つとクリップ8個入っています。ちなみにMOLD 140mlの蓋とパッキンはMサイズ。買い足す場合は、サイズを確認の上お買い求めください。

ゴムパッキンとクリップを使えば、液状のものもこぼれません。さらに煮沸消毒をしたり、脱気処理することで長期保存も可能となります。

ワックスペーパーバッグ

プレゼントボックス限定のバッグは4枚入り。裏表でWECKのデザインが違います♡

マチの幅よりもセットの瓶の底幅がかなり大きいため、入れるときは横向きの方が良さそうです。

説明書&レシピ

WECKの取り扱いや瓶詰めの仕方が2種類、りんごのベイクドチーズケーキのレシピが1枚付いています。長期保存する方法は、こちらの説明書に詳しく載っています。WECK公式ウェブサイトでも紹介されているので参考にしてみてください。

WECKしよう|WECK公式ウェブサイト・オンラインショップ

https://www.weck.jp/about/

WECKでできる調理方法と注意点

■耐熱温度差

WECKは耐熱温度差が80℃。日本の規定では耐熱ガラスの表示が付けられないそうですが、温度差が80℃を超えなければオーブンや電子レンジ、食器洗浄機の使用はOKとなっています。

■ガラスの取り扱い注意

WECKの瓶はガラス製なので、強い衝撃を加えると割れます。スプーンで叩いたり、落としたり、ぶつけたりするのはもちろんNG。洗うときも柔らかいスポンジを使って台所用洗剤で洗い、クレンザーやスチールたわしなどで磨き洗いしないようにしましょう。小さな傷もひび割れの原因になることがあります。

WECKは耐熱ガラスではありませんが、急激な温度変化がなければ、加熱したり冷却したりするのはある程度可能です。耐熱温度差は耐えられる温度ということではなく「温度差」なので、徐々に上がるのであれば家庭用のオーブンの1番高い温度でも使用可能です。オーブンや電子レンジ、蒸し器を使った調理も、冷蔵庫で冷やしてからいきなり熱い所に置く、なんてことをしなければ大丈夫。反対に、オーブンでアツアツになった状態で、濡れている場所や冷えた場所にいきなり置けば簡単に割れてしまいます。その点を忘れなければ「冷蔵庫」「電子レンジ」「蒸し器」「オーブン」を活用することができるのです。

WECKの冷蔵レシピ

グレープフルーツのはちみつ漬け

さっぱり爽やかで、ダイエットにも効果があるといわれているグレープフルーツ。ほろ苦さが苦手という方ははちみつ漬けがおすすめ。WECKならしっかり密閉してくれるので、そのまま次の日、お出かけ時のお供に持っていくことも可能です。

【材料 2人分】

・グレープフルーツ…1個(200〜250g)

・はちみつ…100g

はちみつの量はグレープフルーツの大きさやお好みで調整してください。

【作り方】

①グレープフルーツの皮を剥き、WECKに詰める。

②はちみつをかけて蓋をして冷蔵庫でひと晩置く。

ゴムパッキンとクリップを付ければ、密閉して傾けてもこぼれません。はちみつが全体に回るように瓶を時々傾けてください。

ひと晩経って、グレープフルーツから染み出てきた果汁とはちみつが混ざってできたシロップはさっぱり爽やかな甘さ。このまま食べてもおいしいです。

炭酸割りにしても◎。疲れが取れてリフレッシュでき、我が家では人気です。

黄桃缶詰を丸ごと使用! 桃の薔薇ゼリー

缶詰の黄桃を丸ごと使った簡単なゼリーをフォトジェニックな薔薇にしました。

【材料 4人分】

・黄桃缶…1缶

・ゼラチン(ふやかさずそのまま使えるタイプ)…5g

・シロップ+水…250ml

・砂糖…大さじ2

・レモン汁…小さじ1

・ミントの葉…お好みで

ゼリーは缶詰のシロップを使用します。水をプラスして合わせて250mlにし、砂糖で甘さ調整をしてください。

【作り方】

①鍋に砂糖とシロップ+水を入れて加熱して溶かす。

②沸騰する前に火を止め(80℃程度)ゼラチンを加えてしっかり溶かす。

③黄桃を薄くスライスする。

④WECKの縁から花弁のように並べる。

⑤静かにゼリー液を注ぎ、ミントの葉を差し込んで冷蔵庫で冷やす。

ゼリー液を注ぐと黄桃が浮いたり崩れたりすることがありますが、修正してください。

冷やすときは蓋をすればスタッキングできるので、意外とコンパクトに置いておけます。パッキンとクリップを付けて密閉して、手土産やポットラックの時に持参するのもいいですね♪

WECKの電子レンジレシピ

キャベツとベーコンの巣ごもりエッグ

電子レンジのレンチンのみで加熱が終わるとっても手軽なレシピです。卵が爆発しないように、必ず爪楊枝で刺してから加熱してください。

【材料 1人分】

・卵…1個

・ベーコン…15g

・キャベツ…1/2枚

・塩コショウ…適量

【作り方】

①WECKに太めに千切りしたキャベツを詰め、ベーコンを乗せて真ん中にくぼみをつける。

②卵を落とし、爪楊枝で2〜3か所刺す。

③ふんわりとラップを被せ、電子レンジ600wで2〜3分加熱。

作り方の加熱時間だと白身は固まり、黄身はトロトロです。ご家庭の電子レンジによって多少変わるので、火の通り具合を見ながらお好みの硬さに調整してください。

我が家ではコストコのステーキシーズニングをかけるのが大人気。ポン酢でさっぱり味にしても、ソースでしっかり味にしても合います。

肉も魚も野菜もこれ1本で決まる! コストコ「ステーキシーズニング」
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7827

WECKの蒸しレシピ

蒸しプリン

WECKを使うと、蒸し器でも、オーブンでも作れます。今回は蒸し器がなくてもできるお鍋での蒸し方を紹介します。

【材料 4人分】

(プリン)

・卵…2個

・牛乳…280ml

・砂糖…60g

・バニラエッセンス…少量

(キャラメルソース)

・砂糖…40g

・水…大さじ1

・熱湯…大さじ1.5

【キャラメルソースの作り方】

①鍋に砂糖と水を入れて加熱する。

②茶色くなってきたら熱湯を加えて素早く混ぜ、WECKに注ぐ。

砂糖を焦がすときは、スプーン等で混ぜると結晶化します。鍋を傾けたり揺らしたりして混ぜるようにし、好みの焦がし具合になるまで待ちましょう。茶色くなってくると一気に焦げてきやすいので、早めに熱湯の用意をして一気に仕上げます。熱湯を加えると、はねることもあるので火傷に注意してください。

【プリンの作り方】

①鍋に牛乳と砂糖を入れて温めて溶かす。

②火を止めて、溶き卵を流し入れてよく混ぜる。

③2回濾してからWECKに注ぐ。

④大きな鍋に3〜4cmの深さのお湯を沸かし、加熱時にガラス瓶がカタカタ揺れないように布巾を底に敷いてWECKを並べる。

⑤水滴が落ちないように蓋にもふきんを巻いてから閉め、弱火で10分加熱し、しばらくそのまま蒸らす。

プルンと固まっているようでしたら、鍋から出して冷まし、触っても熱くないくらいになったら冷蔵庫へ。

弱火や余熱でゆっくり火を通すので、滑らかなプリンができます。

しっかり目のプリンなので、WECKをお皿にひっくり返して外すこともできます。

豚ひき肉と白菜のミルフィーユ

肉ダネと白菜を交互に挟んでミルフィーユにしました。おろしポン酢をかけていただきます。

【材料 4人分】

・豚ひき肉…100g

・白菜…2枚

・玉ねぎ…1/2個

・片栗粉…大さじ1/2

・しょうが汁…小さじ1

・塩コショウ…適量

・大根…5cm

・大葉…4枚

・ポン酢…適量

【作り方】

①豚ひき肉、みじん切りの玉ねぎ、片栗粉、塩コショウ、しょうが汁を粘りが出るまでよく練る。

②白菜を千切りにする。

③WECKに肉ダネ、白菜の順に2回ずつ重ねて詰める。

④蒸し器で15〜20分蒸す。

⑤大根は卸、大葉は千切りにする。

写真はオーブンのスチーム機能で蒸しています。蒸し器やお鍋でもできますが、火の通る時間が多少変わると思いますので、通り具合を見て調整してください。WECKはガラスなので、底や側面の火の通り具合を確認できます。

肉汁が白菜に染みておいしいです。

WECKのオーブンレシピ

ベイクドチーズケーキ(キャラメルナッツ)

ギフトボックスに同封されていたチーズケーキはリンゴを使用していましたが、キャラメルナッツでアレンジしました。

【材料 4個分】

・ビスケット…50g

・無塩バター…35g

・クリームチーズ…100g

・グラニュー糖…30g

・生クリーム…100g

・薄力粉…大さじ1

・卵…1個

・レモン汁…大さじ1

(キャラメルナッツ)

・ミックスナッツ…40g

・グラニュー糖…大さじ2

・水…大さじ1

・無塩バター…5g

【作り方】

①ビスケット細かく砕き、溶かしたバターと混ぜ合わせ、WECKの底に敷き詰める(ビスケットの袋を開封する前に、袋の上から砕くとある程度細かくなります)。

②ボウルにクリームチーズ(固い場合は電子レンジで30〜40秒ほど加熱して柔らかくして使用)、グラニュー糖を入れてよく混ぜる。

③卵と生クリームを加えてよく混ぜる。

④薄力粉をふるい入れて軽く混ぜ、レモン汁も加えてよく混ぜる。

⑤WECKに注ぎ、170℃に予熱したオーブンで30〜40分焼く。

焼き上がりすぐは膨らんでこんな状態ですが、冷めるとともにしぼんでしっかりします。

【キャラメルナッツの作り方】

フライパンに水とグラニュー糖を入れて強火で加熱し、茶色くなったらバターを加えて混ぜ、ナッツも加えて素早く絡める。

焦がす間はスプーンで混ぜたりしないようにしてください。冷めると固くなるので、素早く絡めてオーブンペーパーの上に広げて、くっつかないように離して冷ましましょう。

濃厚なチーズケーキとミックスナッツの組み合わせは大人の味。クリームチーズとレモンの酸味が効いているので、濃厚だけどさっぱり食べられます。チーズケーキ好きならぜひ作ってみてください。

もこもこオレンジマフィン

順番に材料を混ぜていくだけの簡単マフィン生地に、オレンジピールをたっぷり混ぜ込んだマフィンです。WECKを使って焼けば、そのまま器として使え、外してデコレーションすることも可能です。

【材料 4個分】

・ホットケーキミックス…200g

・卵…1個

・牛乳…100ml

・油…50ml

・砂糖…20g

・オレンジピール…60g

【作り方】

①卵と砂糖を混ぜる。

②油を加えて混ぜる。

③牛乳を加えて混ぜる。

④オレンジピールとホットケーキミックスを加えて混ぜる。

⑤WECKに流し入れる。

⑥180℃に予熱したオーブンで25分焼く。

パレットナイフを隙間に差し込んで1周させればきれいに外せます。事前にWECKに油やバターを塗ってから生地を流し入れると、外れやすくなるので試してみてください。

クリームやソースをかけて食べても。オレンジの香りを引き立たせるように同じく酸味のあるヨーグルトクリームやクリームチーズがおすすめ。

ほうれん草の皮なしキッシュ

おかず系のオーブン料理にもWECKは大活躍。ミートローフやグラタンなど丸いガラス瓶に入っていたら見た目もかわいくなります。こちらは簡単にできる皮なしのキッシュです。定番のほうれん草を使って、舞茸やベーコン、玉ねぎを多めに加えて具たくさんに作りました。入れる具材はお好みや冷蔵庫の在庫でアレンジOK!

【材料 4人分】

・卵…2個

・牛乳…200ml

・ベーコン…50g

・ほうれん草…1/3束

・玉ねぎ…1/2個

・セロリ…10cm

・舞茸…50g

・とろけるチーズ…80g

・パセリ…適量

・塩コショウ…適量

・塩…小さじ1/3

【作り方】

①ほうれん草は茹でて4cm幅に切ってよく絞って水気を切る。玉ねぎ、ベーコンは1cm幅、セロリは斜め薄切りにする。舞茸は食べやすい大きさに割く。

②フライパンでベーコンを炒め、玉ねぎ、セロリ、舞茸も加えて炒める。

③ほうれん草も加えて塩コショウで下味をつける。

④WECKに入れる。

⑤卵と牛乳、塩をよく混ぜて上から注ぎ入れる。

⑥とろけるチーズを乗せ、180℃に予熱したオーブンで25〜30分焼く。

パセリをふり完成です。

まとめ

世界で愛されるWECKは、使いやすいデザインと機能性を合わせ持つガラス瓶です。密閉保存容器として有名ですが、耐熱温度差に気を付ければ、オーブンや電子レンジ、蒸し器での使用も可能な調理容器としても活用できます。蓋やパッキンがあるので、出来上がったら密閉して保存したり持ち運びも安心。そのまま食器として使うこともできるのでとっても機能的。140mlはデザート用としてはちょうどいいサイズなので、家族分揃えてもいいですね♪

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。