シャキシャキの歯ごたえがおいしいれんこん(蓮根)ですが、赤ちゃんにはいつごろから食べさせてもいいものでしょうか。今回は「レンコンパウダーはOK?」「大人用メニューからどう取り分ける?」など離乳期のれんこんの調理のコツを解説します。おいしい離乳食レシピも紹介しますので、赤ちゃん含め家族でれんこん料理を楽しんでくださいね。

れんこん、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

れんこんは繊維があってかたいので、離乳中期までは避けておいた方がいいでしょう。

・後期の調理:すりおろしてとろみとして使ったり、焼きかためる際に使う

・完了期の調理:すりおろしてとろみとして使ったり、焼きかためる際に使うほか、やわらかくなるまで煮てもOK

れんこんはどんな野菜?

れんこんの旬の時期は「冬」

東は茨城県、西は徳島県で多く生産されるれんこん。ほぼ一年中店頭に並びますが、おせち料理にも使われる縁起物とあって出荷のピークは12月、旬は11月〜3月です。

れんこんは根っこ?

ビタミンCを豊富に含むれんこんは、ハスの地下茎が太くなった部分。漢字では「蓮根」と書き、野菜の分類としてはだいこんやにんじん、じゃがいもと同じ根菜類になりますが、厳密には根っこではないのです。

 ■ワンポイントアドバイス■ 糖質、食物繊維、ビタミンCが豊富なので栄養価の高い食材です。野菜の中で糖質が多く含まれているのでエネルギーを摂取できる野菜です。

離乳食のれんこん、下処理・下ごしらえの方法

洗い方のコツ

両端が閉じているもの選び、しっかり泥などを洗い流します穴の中にも汚れがある場合は、縦に切ってしっかり洗い流します。

アクが強いため、そのままにしておくと変色してしまうので、すぐに水または酢水などにさらします。

加熱のコツ

皮をむいたれんこんを繊維を断つようにカットします。火を通すほどホクホクのやわらかい食感になります。だし汁で煮てしっかり加熱するほか、すりおろして料理のとろみ付けに使ったり、具材を混ぜ込んでおやきなども作れます。ただし、その場合はしっかり加熱しましょう。

 ■ワンポイントアドバイス■ 大人は皮付きや生などで食すこともありますが、赤ちゃんに食べさせる時は、皮をむいてしっかり汚れを落として加熱しましょう。

れんこんの離乳食、よくある疑問

レンコンパウダーは離乳食にも使える?

れんこんを乾燥させて粉末にしたものなので、原材料がれんこん100%であれば使うことができます。製品の粉末の粒の大きさによってはダマになることもあるので、大人の食事で試してから使うことをおすすめします。

大人用のメニューからの取り分けのコツは?

後期以降であれば、調味する前のものを取り分け(だしで煮た後でもOK)、赤ちゃん用はさらにやわらかくなるまで煮ます。

風味付けで少量の醤油や砂糖などで味付けをします。

食べやすくするための工夫は?

食物繊維の豊富なれんこんは、赤ちゃんには少し食べにくい食材です。穴と同じ方向に繊維が通っているので、繊維を断つようにカットします。

乱切りや薄切り、またはすりおろしたりすることで食べやすくなります。

れんこんの離乳食レシピ! 後期・完了期

<離乳後期のレシピ>とろとろれんこんのすりながし

材料 

・れんこん(すりおろしたもの) 大さじ2 ・かつおだし 100cc   ※市販の塩分の入っただしを使う場合は、大人が使う倍量に薄める

作り方

① れんこんの皮をむき、きれいに洗い水にさらしてからすりおろす

② 鍋にかつおだしと①を入れて加熱する

③ とろとろにになったらできあがり

  ※味が足りないようなら、醤油を風味付け程度に、または青のりを少量入れる

 ■ワンポイントアドバイス■ だしがきいているので、ご飯にかけてもおいしいですよ。

<離乳完了期のレシピ>モチモチれんこんおやき

材料(作りやすい量)

・れんこん(すりおろしたもの) 100g  ・しらす 5〜10g(塩分によって量を調整)  ・片栗粉 大さじ1  ・油(こめ油やごま油) 小さじ1〜2 ・だし汁(調整用) 大さじ1   ※白湯でもOK

作り方

① れんこんは皮をむいて水に少しさらし、すりおろす

② ①としらす、片栗粉を混ぜ合わせ、小判型に丸める

  ※厚みがあると食べにくいので、5mmぐらいの厚さを目安に

  ※少しかたいようであれば、調整用のだし汁を入れる

③ フライパンに油を入れたら②の両面に焼き目をつけ、蓋をして弱火でじっくり2〜3分両面焼く

 ■ワンポイントアドバイス■ 完了期のかたさ・形状の目安は、肉団子くらいです。栄養の大部分を食事から摂取することが可能になる時期なので、色々な食感や味を体験してもらいたい時期。見守りながら「食べられた」という成功体験をつくってあげましょう。
なお、ごま油を使う場合はごまアレルギーに注意しましょう。

<離乳完了期のレシピ>レンコンチップス

材料(作りやすい量)

・れんこん 2cm(薄くスライサーでスライスしたもの)  ・青のり 適量  ・揚げ焼き油(こめ油など) 大3

作り方

① 薄くスライスしたれんこんを水にさらして、しっかり水をきる

② フライパンに油を入れてれんこんを揚げ焼にし、パリッとしたら油をよくきる

  ※オーブンを使用する場合:れんこんに刷毛で油を塗り、240〜250℃に予熱したオーブンで10分ほど焼く(加熱時間は使用するオーブンによって調整)

③ 仕上げに適量青のりをかけて完成

 ■ワンポイントアドバイス■ おせんべい感覚で手づかみでき、大人もおいしく食べられます。れんこんではなく、ごぼうで作ってもおいしいです。保存容器などに入れておけば2〜3日もちます。

まとめ

れんこんは、切り方や調理方法で食感が変わり、楽しむことができる食材です。なお、れんこんに含まれるビタミンCは、糖質に守られているため、加熱調理による損失が少ないと言われています。離乳食にもうまく取り入れていきましょう。

この記事の執筆者 シライカヨコ 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
食品メーカーなどに20年携わったのち、現在はレシピ執筆/企業向け教育・衛生指導/妊産婦食・離乳食・幼児食・学童食の講演/OEM商品開発の提案などを行う。 離乳食アドバイザー認定講師の他、保育園の給食指導やとりわけ離乳食教室などで活動。 テレビ東京『所さんの学校ではおしえてくれないそこんトコロ』出演他
Instagram:https://www.instagram.com/bridal_heath/

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:シライカヨコ 先生、監修:川口由美子 先生)

※調理撮影:マイナビウーマン子育て編集部

※そのほか挿入画像はイメージです