離乳食での「長芋」は、後期から取り入れられます。赤ちゃんが喜ぶ長芋レシピ3点とともに、変色した長芋は食べられるか、長芋で痒くなるのを防ぐコツ、保存方法などを管理栄養士が解説します!

長芋、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

長芋はどんな野菜?

まずは、長芋がどんな野菜なのかから見ていきましょう。

長芋の旬は11〜12月頃

長芋は11〜12月ごろ収穫されるものが多いですが、土がついている状態の場合、長期保存しやすいので、通年いつでも店頭に並ぶ食材です。

長芋、山芋、大和芋はどう違う?

棒状の長芋、平たい形の大和芋※、そしてそれらの総称として山芋があります(※地方によって異なる。いちょう芋とも)。

どちらの芋も栄養価が高いですが、長芋の方が水分が多く、粘りもサラリとしています。

長芋、離乳食ではいつから食べていい?

・後期の調理:すりおろしてから焼いたりするとよいでしょう。

・完了期の調理:すりおろしてから焼いてもいいですし、薄切りにして酢水にさらしてから焼くと、サクサクした食べやすい食感になります。

  ■ワンポイントアドバイス■ すりおろして「とろろ」のようにそのまま食べるのもおいしいのですが、赤ちゃんの肌につくと刺激となり赤くなってしまうので避けましょう。

離乳食の長芋、下処理・下ごしらえの方法

長芋の下処理の基本は以下の3ステップです。

① 長芋を洗い厚めに皮をむく

② 酢水に10分ほどさらし、あくを抜く

③ おろし金ですりおろす

すりおろす時のコツ

皮に泥がついているまま、すりおろしたりすると土や泥が入ってしまうこともありますので、食べる量を切り分け、皮をむいてからすりおろすか、皮の部分を持ってすりおろすときには、きれいに洗っておきましょう。皮をむいてすりおろす場合には、滑るので手に持つ部分をキッチンペーパーなどで覆うといいでしょう。

そのまま調理するのコツ

離乳完了期になると、薄切りも食べられます。

皮を厚めにむいて、5mm程度に薄く切り、全体的に火が通るように焼きましょう。厚く切ってしまうと、かたくて喉につまってしまうことも。

  ■ワンポイントアドバイス■ あく抜きとして、酢水に2〜3分ほど浸してから焼くようにしましょう。

長芋の離乳食、よくある疑問

変色したら食べさせない方がいい?

すりおろしたり、切った長芋が赤黒く変色してしまうことがありますよね。

これは、長芋に含まれる成分が酸素と反応して「酸化」することが原因で起こる現象です。時間がたつと酸化が起こり、変色していきますので、切ってから調理まで時間がかかる場合は、酢水につけておいたり、変色する前に加熱をしましょう。

すりおろしたり、切った長芋が赤黒く変色してしまうことがありますよね。

これは、長芋に含まれる成分が酸素と反応して「酸化」することが原因で起こる現象。時間がたつと酸化が起こり、変色していきますが、食べる上では問題ありません。

  ■ワンポイントアドバイス■ 見栄えが気になるようであれば、変色する前に加熱をする、もしくは切った後で酢水につけることでも変色を防げます。

口の周りが赤くなったらアレルギー?

長芋を食べると、口の周りがかゆくなったり、かぶれたりすることがあります。

これは長芋の皮の周辺に含まれる「シュウ酸カルシウム」などによるものです。

大人は生で食べることもありますが、離乳食に使う際はしっかりとあく抜き、加熱をしましょう。

  ■ワンポイントアドバイス■ 赤ちゃんが食べる際には、口のまわりにワセリンを塗って保護できると安心ですね。また、離乳食を食べ終わったら、しっかり口周りと手を拭き取ってあげましょうね

長芋の保管方法は?

丸ごと1本

新聞紙などに包み風通しの良い冷暗所で保管しましょう。

(気温が15度以上の場合は、冷蔵庫保存がおすすめ)

切った長芋

空気に触れると酸化が進むため、切り口に酢水を付けてあく抜きをしてから、ピチッとラップをしましょう。

冷凍

あらかじめすりおろしたり、薄切りにしておくことがおすすめです。

  ■ワンポイントアドバイス■ どの保存方法でも、鮮度が落ちると傷みやすくなるのでなるべく早めに食べるようにしましょう。

長芋の離乳食レシピ! 後期・完了期

<離乳後期のレシピ>長芋と青菜のとろとろ煮込み

材料

・長芋 15g

・ほうれん草(葉先) 5g

・豆乳(無調整) 80ml

作り方

① 長芋は皮をむき、水にさらしてからすりおろす

② ほうれん草は、茹でてみじん切りにしておく

③ 鍋に豆乳と①を入れて火にかけ、全体にトロッとなったら②を入れてひと煮立ちさせる

  ■ワンポイントアドバイス■ ほうれん草など、葉野菜は噛み切りにくく、口の中に残ってしまうこともありますが、長芋と豆乳のとろっとした口あたりで食べやすくなります。
味が足りないと思ったら、離乳食用の野菜スープ顆粒などを使ってもいいでしょう。

<離乳後期のレシピ>長芋とかぼちゃのお焼き

材料

・長芋 30g

・かぼちゃ 10g

・しらす 10g

・片栗粉 大さじ1

・油 少量

作り方

① 長芋は皮をむき、すりおろす

② しらすは1分ほど茹でて塩抜きする

③ かぼちゃは柔らかく茹でてつぶす

④ 片栗粉と①、②、③を混ぜて形を作る

⑤ フライパンに薄く油をひき、軽く色がつくまで焼く

  ■ワンポイントアドバイス■ 蓋をして蒸し焼きにすると、全体に火が通りやすく、よりふわっとしたおやきになります。
黄色がお皿に彩りを添えてくれるので、卵アレルギーのお子さんの離乳食に、オムレツや卵焼き代わりに作ってあげてもいいですね。

<離乳完了期のレシピ>長芋とサーモンのソテー

材料

・長芋 20g

・サーモン刺身 1-2切

・バター 4g

・醤油 小さじ1

作り方

① 長芋の皮をむき、5㎜程度の薄切りの拍子切りにし、水にさらす

② サーモン刺身は1切れを2つ程度にそぎ切りにする

③ フライパンにサーモンを入れたら、水を大さじ2ほどいれて(分量外)両面焼き、①とバターをいれてさらに両面じっくり焼く

④ 全体的に火が通ったら、醤油を回し入れたら完成

  ■ワンポイントアドバイス■ 長芋は厚く切ってしまうとかたいこともあるので、薄切りにすると食べやすいでしょう。焦げやすいので、最初は水で焼きます。
刺身は骨がないので使いやすいです。

まとめ

トロトロの長芋は、離乳後期から使用できます。

すりおろしてとろみをつけたり、お好み焼きに入れてふわっとさせたりできますが、かゆみを起こしやすかったりしますので、乳児期ではしっかり加熱して、楽しく離乳食に取り入れましょう。

この記事の執筆者 渡邉ゆうか 先生(管理栄養士)
管理栄養士。大学生の時に母子栄養指導士を取得し、現在は離乳食関連企業に勤務しながら、子育てに悩む母親に寄り添ったアドバイスを心がけた情報発信をおこなう。

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:渡邉ゆうか 先生、監修:川口由美子 先生)