大人であれば、焼肉やステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、とお肉のご馳走に欠かせない牛肉。赤ちゃんにはいつごろからあげられるのでしょうか。今回は離乳食で牛肉を使う際の部位の選び方や下処理方法、おすすめのレシピなどをご紹介します。

牛肉、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

・中期の調理:茹でて火を通し、細かくきざんでからすりつぶし、ペースト状にしてから調理

・後期の調理:茹でて火を通し、細かくきざんでから調理

・完了期の調理:茹でて火を通し、粗くきざんでから調理

 ■ワンポイントアドバイス■ 中期でも、繊維を断ってなめらかにしてあげることで取り入れることができます。

気をつけたい牛肉の始め方

牛肉は中期(生後7ヶ月ごろ)から使うことができますが、最初はペースト状にしましょう。後期(生後9ヶ月ごろ)くらいになったら、きざんで食べさせても大丈夫です。

牛肉はアレルギーを起こす可能性がある食材なので、初めての日は少量を様子を見ながらあげましょう。

牛肉はどこの部位がいいの?

牛肉は、血や筋肉のもととなるたんぱく質が豊富です。また、生後6ヶ月ごろから赤ちゃんに不足しやすい鉄分も含まれています。中でも特に鉄分が多いのが赤身肉。

赤ちゃんには脂肪分の少ないヒレ肉から始めるとよいでしょう。もも肉も脂肪分が少ない部位ですが、白い脂身の部分を取り除く必要があります。なお、霜降り肉はやわらかいですが、脂肪分が多いので避けましょうね。

離乳食の牛肉、下処理・加熱のポイント

下処理のポイント

脂肪分が多い脂身は、切り取ってから調理をしましょう。

また、厚みのある肉の場合は、包丁の背で筋を切るようにたたくとやわらかくなりますよ。

食べやすくするコツ

肉汁を閉じ込め、噛みやすくなるので、片栗粉をまぶしてから火を通すのがおすすめです。加熱後に食べやすい大きさに切りましょう。

また、独特な肉の香りを好まない場合は、トマト、チーズ、バター、ごま油、だし汁、醤油、みそなどと組み合わせると食べやすくなります。

 ■ワンポイントアドバイス■ 大人は牛肉をレアで食べることがありますが、赤ちゃんは食中毒菌には弱いので十分な加熱が必要です。

牛肉の離乳食、よくある疑問

牛肉は冷凍保存もできる?

冷凍OKです。ペーストや茹でてからきざんで、1回分の量ごとに小分けにして冷凍すると便利です。

牛乳アレルギーだと、牛肉もNG?

牛乳アレルギーがあっても、牛肉を除去する必要はないことが多いです。

必要以上に除去をしてしまうと栄養の欠乏も心配です。不安が残るようであれば医師に相談しましょう。

牛肉の離乳食レシピ! 中期・後期・完了期

<離乳中期のレシピ>牛肉のトマトパンがゆ

材料(1回量)

・牛赤身肉 10g

・玉ねぎ 10g

・8枚切り食パン(みみなし) 15g

・トマトピューレ 大さじ2

・玉ねぎの煮汁 大さじ2

作り方

① 茹でた牛赤身肉を細かく切って、すりつぶしてペースト状にする

② 玉ねぎはやわらかく茹でて、細かくきざむ(玉ねぎの煮汁は残しておく)

③ 食パンはみじん切りにする

④ 耐熱容器に①②③とトマトピューレ・玉ねぎの煮汁を入れて、ラップをかけて電子レンジで1分30秒くらい加熱する。少し蒸らして、かき混ぜたら完成

 ■ワンポイントアドバイス■ 玉ねぎの煮汁はうまみが豊富なので、離乳食の水分として使うと便利ですよ。

<離乳後期のレシピ>牛肉となすのトロミ煮

材料(約1回量)

・牛もも薄切り肉 15g

・片栗粉 適量

・なす 15g

・玉ねぎ 10g

・ごま油 少量

・醤油 1滴

・だし汁 適量

・水溶き片栗粉 適量(水:片栗粉=1:1)

作り方

① 牛もも薄切り肉は脂身をはずし、片栗粉をまぶしてから茹で、細かくきざむ

② 玉ねぎは皮をむいてやわらかく茹でて、粗みじんに切る。なすは皮をむいて粗みじんにする

③ 小鍋にごま油を入れてから、①②と醤油、材料がかぶるくらいのだし汁を入れる

④ ③がひと煮立ちしたら水溶き片栗粉を入れてとろみ付けする

<離乳完了期のレシピ>ベビー牛丼

材料(約1回量)

・牛肉 20g

・玉ねぎ 10g

・にんじん 5g

・醤油 少量

・砂糖 少量

・植物油 適量

・だし汁 適量

・軟飯 80g

作り方

① 玉ねぎ、にんじん皮をむき、千切りにして2cmぐらいにそろえる

② 牛肉は茹でてから粗くきざむ

③ 小鍋に植物油を入れてから①②を軽く炒め、醤油・砂糖・具がかぶるくらいの量のだし汁を入れ、野菜がやわらかくなるまで煮る

④ お皿に軟飯を入れて③の具をのせて完成

 ■ワンポイントアドバイス■ 親子で牛丼の取り分けができるメニューです。赤ちゃんには脂身の少ない部分を選んであげましょう。

まとめ

牛肉の霜降り肉はやわらかくておいしいのですが、脂肪分が多いので赤ちゃんには不向き。おすすめは脂肪分が少ないヒレやモモ肉などの赤身肉です。赤身は鉄分豊富なので、不足しやすい鉄分を補うこともできます。ただし、肉の繊維は赤ちゃんが嫌がりやすいので、最初はペースト状にするといいでしょう。

この記事の執筆者 夏目千恵子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
地域で離乳食講習会、育児相談を行っている他、離乳食から小学生までの、家庭で実践できる無理のない食のアドバイスを心がけた活動をおこなう。
Blog: https://ameblo.jp/kanrieiyoshichieko/

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:夏目千恵子 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです