今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。

鮭、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

・中期の調理:しっかり加熱して骨や皮は取り除き、ほぐしてとろみをつける

・後期の調理:しっかり加熱して骨や皮は取り除き、ほぐす

・完了期の調理:しっかり加熱して骨や皮には注意する

気をつけたい鮭の進め方

塩鮭やサーモンなど種類の多い鮭ですが、塩分や脂質はなるべく少ないほうがいいので、慣れるまでは生鮭を選びましょう。

また、鮭はアレルギー表示推奨品目に指定されていますので、淡白な白身魚に慣れたあとに、ごく少量から様子を見て始めていきましょう。

鮭はどんな魚?

鮭は白い身ではありませんが、白身魚に分類されます。アスタキサンチンという抗酸化作用のある栄養素が赤く見えるヒミツです。

しかし、淡白な他の白身魚と比べて脂質が多いこともあり、鮭は初期には勧められません。

 ■ワンポイントアドバイス■ 骨や皮のような部分は、赤ちゃんのお口ではうまく取り出せないので、調理しながら取り除き、喉に詰まらせないようにしましょう。

離乳食の鮭、下処理・下ごしらえの方法

加熱のコツ

中までちゃんと火が通っているか確認をしましょう。

鮭には、アニサキスという寄生虫がひそんでいることもあり、体内に入ると食中毒を起こすこともあります。しっかり加熱をすることでその心配はなくなります。

 ■ワンポイントアドバイス■ 鮭は身近な食材のひとつですが、新鮮なものを選び、しっかりと加熱をしましょう。

鮭の離乳食、よくある疑問

お刺身のサーモンでも大丈夫?

お刺身は骨や皮がなく便利ではありますが、サーモンは脂質が多いため、生鮭を選ぶのがおすすめです。サーモンなどの脂質が多そうな種類は後期以降にしましょう。

鮭のフレークは使ってもいい?

鮭だけのフレークであれば安心ですが、塩や調味料、添加物か含まれているものもあります。原材料表示を確認してから使いましょう。

塩などが気になる場合には、茹でこぼし(茹でて水を捨てる)をしてから使ってもいいですが、離乳後期以降くらいが目安と言えます。

大人の鮭の塩焼きを取り分けしても大丈夫?

塩焼きのような塩分が多く含まれるものをそのまま離乳食にするのは心配ですが、例えば、塩焼きの一部をさっと湯通ししたり、生鮭であれば表面の塩のついていない部分を選んだり、工夫して取り分け調理で一緒に食べられるとより楽しくなりそうですね。

鮭の離乳食レシピ! 中期・後期・完了期

<離乳中期のレシピ>鮭と白菜のおかゆ

材料

・ごはん 15g ・水 50㏄(加減をみて、さらに追加) ・鮭 10g ・白菜 10g

作り方

① 鮭は茹でて骨や皮を取り除き、ほぐしておく

② 白菜はみじん切りにする

③ 鍋に水と②を入れて白菜がやわらかくなるまで煮る

④ ③にごはんを加え、10分ほど煮て、①を加えて混ぜ合わせる

 ■ワンポイントアドバイス■ 魚はそのままでは食べにくくとろみが必要ですが、おかゆにするととろみをつけなくてもうまく食べられることが多くなります。

<離乳後期のレシピ>鮭とかぼちゃのミルク煮

材料

・鮭 10g ・かぼちゃ 20g ・キャベツ 10g ・かつおだし 50㏄ ・牛乳 20㏄ ・水溶き片栗粉 小さじ1(水:片栗粉=1:1)

作り方

① 鮭は茹でて、骨や皮を取り除く

② かぼちゃは皮と種をとり1㎝くらいに切り、キャベツは粗みじん切りにする

③ かつおだしに②を入れ、やわらかくなるまで煮る

④ ③に①と牛乳、水溶き片栗粉を加え、ひと煮立ちさせる

 ■ワンポイントアドバイス■ 彩りもかわいく、たんぱく質も野菜もしっかり摂れる1品です。野菜は季節のものに変えて、アレンジも楽しんでみてください。

<離乳完了期のレシピ>鮭のトマトチーズ焼き

材料

・鮭 15g ・小麦粉 少々 ・ミニトマト 1/2個 ・モッツァレラチーズ 5g ・油 少々

作り方

① 鮭は骨と皮を取り除き、小麦粉をまぶし、油をひいたフライパンで焼く

② ミニトマトはみじん切りにして、①の横で軽く炒める

③ 耐熱容器に鮭を入れ、①②とモッツァレラチーズをのせて、トースターなどでチーズがとろけるまで焼く

 ■ワンポイントアドバイス■ トマトとチーズのコクでおいしさの増す1品です。大人の分も一緒にたくさん焼いて、取り分けするのがおすすめです。大人はあとから塩こしょうをふるといいでしょう。

まとめ

鮭は、スーパーでも買い求めやすく、身近で調理のバリエーションも豊かにしやすい食材のひとつ。たんぱく質の補給源としても早くから使いやすいです。種類選びとアレルギーには注意が必要ですが、少量から様子を見て、進めていきましょう。

この記事の執筆者 木下麗子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
食育教室 キッチンひろばChura 主宰
幅広い年齢の栄養指導や献立作成を経験したのち、現在は、母子栄養協会の認定講師 他、離乳食幼児食教室、お母さん向け料理教室などを運営。助産院や幼児教室などにて食育講座を担当。
◆HP:https://kitchenchura.com/

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:木下麗子 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献

消費者庁 アレルギー表示

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_sanitation/allergy/pdf/food_labeling_cms101_200401_02.pdf

国立研究所法人 水産研究・教育機構

サケは白身魚って本当ですか?

http://salmon.fra.affrc.go.jp/zousyoku/QandA.html#Q6

厚生労働省 アニサキス食中毒

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042953.html