やさしい味わいと甘い香りで人気の高い桃ですが、赤ちゃんはいつごろから食べられるのでしょうか。離乳食に詳しい管理栄養士が、桃を使う際の注意点などを解説します。魚や肉を使った桃の離乳食レシピもご紹介しますので、一度試してみてくださいね。

桃、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

桃はアレルギー表示推奨品目に指定されています。離乳食を始めたばかりはまだ食べさせず、離乳食に慣れてきたら様子をみてあげるといいでしょう。

・初期の調理:果汁にしたり、すりつぶしたりする

・中期の調理:皮と種をとり、小さくきざむ

・後期の調理:皮と種をとり、きざむ

・完了期の調理:皮と種をとり、食べやすい大きさに切る

 ■ワンポイントアドバイス■ 桃はジューシーで酸味などもなく、とっても食べやすい果物です。しかし、アレルギーが出やすいもののひとつなので、初めて食べさせる時には少量からとし、量や頻度にも気をつけましょう。

桃ってどんな果物?

桃の旬は?

桃は、7月〜9月頃の夏が旬です。日本では岡山県の「白桃」が桃の元祖、といわれています。

桃の栄養価は?

桃は整腸作用のあるペクチンが豊富に含まれています。たくさん食べるわけではないので、赤ちゃんの便秘に効果がある! というほどではありませんが、ママやパパも一緒に食べると便通がよくなるかもしれませんね。

桃は加熱したほうがいい?

生でも食べられるものですが、むいたり切ったりしている間に、まな板や包丁から雑菌がついてしまうこともあるので、食中毒を予防する点で果物も加熱することがおすすめされています。慣れてきたら、生で一緒に食べるのもよいですね。

生で食べるときは特に、まな板や包丁が清潔かどうかしっかり確認しましょう。

 ■ワンポイントアドバイス■ 皮をむくだけでおいしく食べられる桃ですが、赤ちゃんには衛生面とアレルギーへ配慮が必要です。様子をみながら、生の桃にもチャレンジしていきましょう。

桃の離乳食、よくある疑問

桃の保存は冷蔵庫?

日持ちがあまりしない桃ですが、冷蔵庫で保存すると甘味が落ちてしまうといわれています。常温で、やわらかみを感じたころに早めに食べましょう。

桃の缶詰は離乳食でOK?

皮がむいてあり、そのまま食べられる缶詰は便利ですが、シロップ煮になっているため、赤ちゃんには糖分が心配です。使うのであれば、茹でこぼすなどして、甘味を減らす工夫をしましょう。

赤ちゃんが食べたいだけ食べていい?

果物は甘くておいしいですが、食べすぎもよくありません。東京都幼児向け食事バランスガイドや日本人の食事摂取基準から考えると、完了期で1日の果物の摂取目安量は、桃50gくらいと考えましょう。

桃の離乳食レシピ! 中期・後期・完了期

<離乳中期のレシピ>桃ジュレ

材料

・桃 20g

・水 30cc

・水溶き片栗粉 小さじ1/4(水:片栗粉=1:1)

作り方

① 桃は皮をむいて種をとり、みじん切りにする

② 鍋に①と水と水溶き片栗粉を入れ、加熱する

③ 少しとろみがついたら、冷やす

 ■ワンポイントアドバイス■ 桃のゼリーのような雰囲気で、赤ちゃんもひんやりを楽しめる1品です。

<離乳後期のレシピ>鯛のソテー桃ソース

材料

・鯛刺身 2切れ

・油 少々

・桃 10g

・水 10㏄

・バター 1g

作り方

① フライパンに油をひき、鯛の刺身の両面を焼く

② 桃は皮をむいて種をとり、粗みじん切りにする

③ ①が焼けたらお皿に取り出し、②と水を入れて桃がやわらかくなるまで煮る

④ ③にバターを落とし、溶けたら、鯛にのせる

 ■ワンポイントアドバイス■ 甘いフルーツはソースにすると、お肉や魚との相性がとても良いです!

<離乳完了期のレシピ>桃の豚肉巻き

材料

・豚の薄切り肉 20g

・桃 20g

・塩 ごく少量

・小麦粉 少々

・油 少々

作り方

① 桃は皮をむいて種をとり、1cmくらいの厚みのくし形に切る

② ①に豚肉を巻き、塩を少しだけふる

③ ②に小麦粉をまぶし、油をしいたフライパンで焼く

④ 焼けたら、食べやすい大きさに切る

 ■ワンポイントアドバイス■ 塩・こしょうなどで味を変えると、大人も一緒に楽しめます。そのまま食べてもおいしい桃ですが、たくさんあるときはお料理として楽しむのもいいですね。

まとめ

桃は、そのままで食べたい、甘くておいしい果物ですね。慣れてきたら大人と一緒に生で食べるのも楽しいですが、アレルギー表示推奨品目に指定されているひとつなので、最初は加熱をするメニューにして、量や頻度に注意しながら楽しみたいですね。

この記事の執筆者 木下麗子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
食育教室 キッチンひろばChura 主宰
幅広い年齢の栄養指導や献立作成を経験したのち、現在は、母子栄養協会の認定講師 他、離乳食幼児食教室、お母さん向け料理教室などを運営。助産院や幼児教室などにて食育講座を担当。
◆HP:https://kitchenchura.com/

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:木下麗子 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献
東京都幼児向け食事バランスガイド
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kensui/ei_syo/youzi.html