赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。

赤ちゃんの爪やすりはなぜ使うの?

まずは、赤ちゃん用の爪やすりの使い道についてお話しします。

引っかきよる傷の予防

赤ちゃんや幼児の爪は早く伸びていきます。さらに爪が薄いので、角が鋭く引っかくと傷になりやすいものです。

月齢の低い赤ちゃんほど反射的に手足を動かしてしまい、目や顔を引っかいてしまうことがよくあります。

引っかき傷を防ぐためには、爪を短くしておくとともに、爪の先に爪やすりをかけ、角を丸くしておくと安心です。

爪切りが怖いとき

爪が伸びすぎると、爪と指の間にゴミが入り込んで不衛生です。

赤ちゃんや幼児の爪はほどよい長さに切ってあげたいですね。

でも、赤ちゃんの爪はとても小さくて薄いものです。また、じっとしていてくれるとも限りません。

爪を短くしたいけれど、爪切りで指や皮を切ってしまわないかと不安な時にも、爪やすりは役立ちます。皮膚までこすらないように気をつけながら、爪やすりで爪を短くしてあげましょう。

いつからいつまで使うもの?

赤ちゃん用の爪やすりには、いつから使い始めればいいか、いつまで使い続けてもいいかといった決まりはありません。

最近では新生児から使いやすい爪やすりもあるので、使いたい時に使い始められます。

なお、赤ちゃん時代を過ぎても、爪切りで切っただけでは切った後がとがっていると感じたら、爪やすりをかけてあげるとケガ予防になります。

爪切りも爪やすりも、ママやパパが使いやすいものが一番です。赤ちゃんや子供たちの手足は定期的にチェックして、ほどよい長さの爪に保ってあげてくださいね。

赤ちゃんの爪切りの方法

正しい爪の切り方ってあるの?

赤ちゃんの爪は薄いので、大人が使うようなテコ型の爪切りを使うと割れてしまうことがあります。爪切りを使う場合は、赤ちゃん用のはさみタイプがおすすめです。

なお、爪は長すぎるとケガにつながりますが、短すぎても指の皮がむけやすくなったり深爪で痛んだりします。

次のように、ほどよい長さに切ってあげてくださいね。

足の爪切り

足の爪は、先に少しだけ白い部分を残しながらまっすぐ横に切ります。爪の両側は引っかからないように、少しだけ丸みをつけてカットしましょう。

足の爪の切り方(イメージ)。先端に白い部分を少し残してまっすぐに切るのが基本です。引っかからない程度に、角は少しだけ丸みをつけます。

手の爪切り

手の爪の切り方も、基本的には足と同じです。

指先よりも出ない程度に、白い部分を少し残しながら、指の形に合わせて丸く切りましょう。仕上げに軽くやすりをかけて鋭さをなくすと、引っかき傷を防ぐことができます。

赤ちゃん用の爪やすりの使い方って?

赤ちゃんに爪やすりを使う時に、爪やすりが皮膚に当たると傷つけてしまうことがあります。

一般的な爪やすりは赤ちゃんの手には大きすぎるので、赤ちゃん用の爪やすりを使うと安心です。

なお、爪切りよりも赤ちゃん用の爪やすりの方が使いやすければ、爪やすりだけでかたちを整えても構いません。

爪やすりの使い方

(1) 爪やすりを約60°の角度で爪に当てます。

(2) 爪やすりを爪の上下にゆっくりと動かします。皮膚に当たらないように気をつけましょう。

(3) 爪やすりを左右に動かす時には、爪が揺れて痛くならないように、大人が爪に指を添えながら1つの方向にだけ優しく動かします。

深爪はトラブルの原因に

爪には指先の皮膚を保護する役割もあります。そのため、深爪にすると、指先の皮膚がむけやすくなります。また、爪の角を切り過ぎると、爪の端が曲がって食い込む「陥入爪」になることもあります。

手足の爪には少しだけ白い部分を残すようにして、切り過ぎないように注意してくださいね。

まとめ

赤ちゃんはあまり意識せずに手足を動かしてしまうため、爪が尖っていたり伸びていると自分で自分の顔などを引っかきやすくなります。爪が伸びすぎたり尖らないように、小まめに爪を切り、爪やすりで尖りをなくしてあげましょう。

赤ちゃんの爪は薄くて小さいので、大人のようなテコタイプの爪切りよりも、赤ちゃん用のはさみタイプの爪切りがおすすめです。爪切りで切るのが難しい場合は爪やすりで整えてあげる方法もあります。爪やすりをかけると、深爪することなく楽に爪の形を整えられます。皮膚をこすらないように気をつけながら、爪を整えてあげてくださいね。

この記事の監修ドクター 梁 尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

(文:大崎典子/監修:梁 尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
・日本皮膚科学会:皮膚科Q&A Q11爪の切り方 爪を短く切るのは良くないと言われましたが、本当ですか。
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa38/q11.html
・赤ちゃん&子育てインフォ Part3 目、鼻、耳、爪 のお手入れ
https://www.mcfh.or.jp/jouhou/skincare/part3.html

人気の赤ちゃん用爪やすり3選

赤ちゃん用の爪やすりには電動タイプや紙やすりタイプ、ガラス製などがあります。

人気の爪やすりを紹介します。

赤ちゃん用に開発された電動爪やすりです。

月齢に合わせて、やすりの細かさを変えられるのが特徴。

ママの爪に使うこともできます。

チェコの老舗ガラス工場で製造された、赤ちゃん用のガラスの爪やすりです。厚みがあって握りやすく割れにくくなっています。

何度も洗える上にソフトケース付きで、衛生的に使えます。

紙製の赤ちゃん用爪やすり。

片面ずつ粗さが違うため、新生児の頃から3歳くらいまで、爪の成長に合わせて使い分けられます。粗い面を使ってから細かい面を使うことで、爪の先端をより滑らかに整えることもできます。

長く使えるか使い捨てか、またママやパパも一緒に使えるかなど、爪やすりによって特徴は色々です。ライフスタイルや予算、使いやすさなどを考えて選んでくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細はリンク先のサイトでご確認ください。

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます