ちょっとしたプチストレスを解消してくれる機能がギュギュッと詰め込まれた、ダイソーの「主婦が考えた省スペース多機能まな板」が今大注目! 使いやすくてとっても便利と話題になっています。

こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

家事をしているなかで、普段はあまり気にしていないけれど、「ここがちょっと面倒くさい」「これが困る……」といったプチストレスってありますよね。大きな問題は解決しようとしますが、小さな問題だと、その場では困ったと思っても、何となくそのままになりがち。手間がかかるだけで、被害が少なければなおさらです。

改めて指摘されると「そうそう!」と思わず言ってしまうような小さな問題。積み重ねて考えると、意外と余計な労力や時間を費やしていることに驚くかもしれません。家事の中にはそんな小さな問題があちらこちらに存在します。

今回紹介するのは、まな板にまつわるプチストレスを解消してくれる便利な商品。使ってみると、「そうそうそうだった!」と普段感じていたプチストレスに気が付きました。かゆいところに手が届くような、こまごまとした機能がギュギュっとコンパクトに詰め込まれています。

主婦が考えた「省スペース多機能まな板」

欲しかった機能が全部詰め込まれていると話題のダイソーの「主婦が考えた 省スペース多機能まな板」がこちら。

■原料樹脂:ポリプロピレン

■サイズ:縦185mm×横185mm×厚さ25mm

■耐熱温度:120℃

■耐冷温度:−20℃

■カラー:白、黒

コンパクトな省サイズ

「省スペース」と名前にあるとおり、普通のまな板よりもコンパクト。多くのまな板が長方形なのに対し、このまな板は正方形。手を広げたくらいのコンパクトなサイズなので、場所を取らず、ちょっとしたすき間ででも使うことができます。メインのまな板としてはちょっと小さいですが、機動力のあるサブまな板としてあると便利。

衛生的

食材を直接乗せて使うものなので、衛生面も気になります。このまな板は抗菌仕様となっているので、この点でも高ポイント。

さらには食洗器・熱湯消毒・漂白剤使用がOKとなっているので、殺菌消毒をすることができます。定期的に、必要に応じてお手入れできることもかなり重要です。

使ったあとは食器用洗剤で洗い、乾燥させましょう。熱湯食毒の際は、反り返し防止のため両面に熱湯をかけるようにします。普段の片づけ時に毎回漂白剤を使うことはしなくても大丈夫ですが、汚れが目立つようになったり、食材の色が移って取れなかったりしたときには漂白剤で漂白しましょう。

どんなところが多機能?

「主婦が考えた」多機能ということで、ちょっと期待が高まりますよね! このまな板の使いやすさや機能性はどんなものがあるか、じっくり見ていきましょう。

こぼれ落ちストップ

正方形の4辺の半分に当たる2辺には、カーブがつけられていて反り上がっています。これは、カットした食材のこぼれ落ちをストップさせるため。確かに食材を切っているときに、多くてこぼれたり、丸くて転がり落ちたりしてしまうことはよくあります。キュウリの輪切りなんてほぼ確実に何枚か落としていました。いちいち拾うのも面倒なのに、なぜか対策もせずそのままプチストレスに。

半分だけついている、というのもポイントです。こぼれ落ちがいくらなくなっても、食材を切りにくくなってはまな板としては役に立ちません。包丁の刃を入れるのを邪魔せず、作業がスムーズにできるように必要なスペースの確保ができています。

水切りスリット

カーブのある2辺の角に当たる場所に、5つのスリットが付いています。これは食材の水気がサッと切れる、水切りの役割をしてくれます。

豆腐や野菜、果物など、切ると水分が出てまな板の下まで流れてしまうことはよくあります。これも「当たり前」と思って、びしょびしょになってから布巾で拭いていました。それこそ、一日に何度も。あらためて思い返すと、これもかなりのプチストレス。びしょびしょなので、布巾で拭いたあとにその布巾を洗って絞って……、と意外に手間がかかります。1回1回は大した手間も時間もかかっていないかもしれませんが、まとめて考えるとかなり消耗する作業かもしれません。これが予防できたらいいですよね。

フック穴

3つ目はフック穴です。まな板で吊り下げられるように穴が空いているものはありますが、そもそもまな板って重いものが多いので、重たくて吊り下げられないことってありませんか? 耐荷重がそこまであるフックとなると、備え付けのしっかりしたものになるのではないかと思いますが、少なくても我が家では通常メインで使っているまな板ではできません。でもこのまな板はコンパクトで軽い素材のため、余裕で吊り下げることができますよね。

吊り下げられると、乾燥もしっかりできて衛生的。また、すぐに手に取って使えるので便利。このまな板のいいところは、ちょっと使いたいときにすぐ使える、という点なので、こういうところにも使いやすさをよく考えてあるな〜と感じます。

こんな時に便利♪ 多機能まな板の活用シーン

この便利な多機能まな板を、どんなふうに使いますか? におい移りしやすい香りの強い食材専用にしたり、ちょっとだけ切りたい料理や食材があるときに使ったり、活躍するシーンはたくさんあります。

例えばパンをカットするときに、必ずこぼれるパンくず。

いつもより断然こぼれない!

ネギなどの薬味は最後の仕上げにかけることが多いですが、キッチンでも食卓でも、コンパクトなこのまな板ならサッと運んでパパっとかけられます。こぼれ落ち防止のカーブがあるからこぼれにくいのも助かります。

1〜2人分の少なめの材料なら、まとめて運べて手間が減ります。このままお鍋にササッと投入! お豆腐の水切りもできるので、揚げ出し豆腐など作るときにはこのまな板で水切りしても良さそうです。スリットの反対側を少し高くなるように置き、スリットはキッチンのシンクに向ければそのままスッキリ水切りできます。

こちらも1人分をまとめて移動。調理するときに、すぐ横に材料がそろっていると手際よく時短に。コンパクトサイズでちょこっと置きができるから、邪魔にならずに近くに置くことができます。

キャラ弁・デコ弁、キャラご飯・デコご飯作りでは、細かいパーツがいくつも出てきます。せっかくカットしたパーツがどこかに消えちゃう、なんてこともよくありますが、このまな板なら小さなパーツをなくしにくく、切り出したパーツを並べて確認もしやすいです。1つ2つ飾り切りするときにも、このサイズが使いやすくて重宝します。

できたキャラご飯がこちら。特に海苔は軽くて飛びやすいので、見失いがち。仕上げはお皿に盛り付けたあとにしますが、お皿の横にまな板を持ってきて作業できるので◎。

食卓で調理するホットプレートやたこ焼き器などを使うとき、その場でカットして食材を入れたいときもありますよね。普通サイズのまな板を持ってくるのは、面倒で場所も取るし、見た目的にも避けたいところ。でもこのまな板ならサッと出してカットして、次々に食材を入れていく作業の邪魔になりません。テーブルの上で使うときは、まわりに食材を散らかさないように気を遣うのですが、こぼれ落ちストップのカーブが力を発揮しています。

薄焼き卵を何枚も焼いて錦糸卵を作るとき、焼いたそばに置いておけばすぐに移動でき、焼き終わったらそのまま切ることができてムダを省略。

スイーツ作りの時にも大活躍。どんなデコレーションにするか、あらかじめしっかりデザインを決めておけばこのまな板は要らないかもしれませんが、だれもがそんなに思い描いたとおりに作れるわけではありません。その場その場で考えながら、デコレーション用のフルーツをすぐ横でカットしてどんどん乗せていけば、スピーディーにデコレーションができるように。ケーキのすぐ横にカットスペースがあるのは意外と便利です。

無造作に乗せていったフルーツ。これなら特別な技術がなくても、意外とサマになるのでおすすめ。

カットする大きさや数、切り方なども詰めながら微調整ができます。

仕上げの最後まで、盛り付ける器のすぐ横で作業スペースとなってくれるのでとっても便利。意外とこういうのが重宝するんです。トレイ代わりにもなります。

軽くてコンパクトなので、キャンプにもピッタリ。

屋外でのバーベキューやピクニックなどでも、ひとつ持っていけば重宝します。大人数で使う場合は、数枚持って行ってもそんなにかさ張らないのでいいですよね。

これだけ残念!

使っていて「これだけが残念!」と感じたのは、滑りやすさ。表側はざらざらしているのですが、裏側はつるつる。これが思いのほか滑るんです。切っている最中に回転しそうになったり、向きがどんどんずれていったり。試しに回してみると、高速で回るくらい滑る滑る!

もう十分多機能なのですが、欲張って滑り止め効果のあるシリコーンやゴムなどが貼ってあればいいのにな〜と期待を込めて願っています!

まとめ

ダイソーの「主婦が考えた 省スペース多機能まな板」は、噂にたがわない便利なアイテムです。まな板を使うときに感じていた数々のプチストレスを解決し、コンパクトで使いやすい機能を生かして、さまざまなシーンで活用することができます。普段のサブまな板として、キャンプやピクニックなどの屋外時用として、いろいろな調理の場で作業スペースとなってくれます。1枚100円とお手頃価格なので、用途に合わせて何枚かそろえておくのもいいですね♪