生まれたばかりの赤ちゃんの体重が減ったと聞くと、ママやパパは母乳やミルクが飲めていないのか、病気ではないかと不安になるでしょう。新生児の体重が減る原因と、心配なケースについて知っておきましょう。

新生児の体重が減った!これって大丈夫?

新生児の体重が減るのは生後数日ではよくあることで、生理的なものです。

生後数日は体重が減るのがふつう

赤ちゃんは体に水分を貯えて生まれてきます。生まれてから母乳が充分に出るようになるまで、数日かかるためです。また赤ちゃんのお腹の中には胎便やおしっこも溜まっています。生まれたあとは貯えた水分がおしっこや汗になって排出され、胎便が出ていく一方で、まだ母乳をうまく飲めず、哺乳量は少なめです。また、必要な量を飲めていても、入ってくる量より出ていく量の方がずっと多いので、生後数日は体重が減ってしまいます。

これは「生理的体重減少」と呼ばれ、赤ちゃんのほとんど全員に見られる自然な現象で、多くは心配ないものです。生理的体重減少では、生まれたときの体重から5〜10%程度減少しますが、生後7〜10日経つと生まれたときの体重に戻ります[*1]。

体重減少の計算方法

体重減少は次のように計算します。

体重減少=生まれたときの体重―現在の体重

また、どのくらい体重が減ったのかがわかる体重減少率は次のように計算します。

体重減少率=[(生まれたときの体重―現在の体重)÷生まれたときの体重]✕100

体重減少、心配なのはどんなとき?

標準的な範囲の減少であれば心配はありませんが、次に当てはまる場合は、授乳方法を見直し、医師の診察を受けた方が良い場合もあります。

体重減少率が大きいとき

妊娠中の経過や出生時の状態はそれぞれなので、はっきり決まっているわけではありませんが、一般的には体重減少率は「10%程度」までは正常範囲と考えることが多いようです。

10%を超える割合で減っていると要注意ですが、すぐに体重が増えていくようであれば、あまり問題はありません。ただ同じ減少率でも、4㎏の赤ちゃんと2.5㎏の赤ちゃんでは影響も異なります。何か対処が必要かどうかは、最終的には赤ちゃんの状態も見て(活気や黄疸の程度など)、総合的に判断されます。体重減少率が気になるときは、入院している医療機関の医師や助産師、看護師に相談しましょう。

母乳の場合、出産したからといって、産後すぐにたくさん出るわけではありません。母乳育児が軌道にのるまでは個人差があるものです。ママは一人で悩まずに、看護師や助産師のアドバイスを受けながらこの時期を乗り越えましょう。

生後1週間経っても減り続けるとき

生後数日を過ぎても体重が増加に転じない場合は、乳汁分泌生成が遅れているか、赤ちゃんが効果的に飲めていない可能性があります。さらに、生後1週間経っても体重が減り続けているときは、病気が隠れている可能性があるので、小児科を受診して原因を調べた方がよいでしょう。

体重が減らない場合もある

生理的体重減少は自然なことですが、逆に体重が減らない場合は心配ないのでしょうか。

便秘などでは注意が必要

よく母乳が飲めている赤ちゃんや、胎便や尿があまり溜まっていなかった赤ちゃんでは、生理的体重減少がない場合や少ない場合もあり、基本的には問題ありません。ただし、便秘で便が出ていない場合は注意が必要です。体重があまり減らず、次の症状がある場合は小児科の医師に診てもらいましょう。

体重があまり減らない新生児で注意したい症状

・便があまり出ていない

・おしっこがよく出ていない

・お腹が張っている

・母乳やミルクの飲みが悪い

・ぐったりしている

まとめ

新生児は生理的体重減少によって生後数日は一時的に体重が減ります。その後、また体重が増え始め、7〜10日で元に戻るので、基本的に心配はいりません。ただ、減少率によっては、母乳やミルクがしっかり飲めていないことも考えられます。新生児の体重で気になることがあったら、できれば入院中に指導を受けて、悩みや疑問は解決しておきましょう。体重の減少が続くときやなかなか体重が戻らないとき、逆に体重が減らないのに母乳やミルクの飲みが悪い場合も、小児科医の診察を受けてください。

この記事の監修ドクター 大越陽一先生
杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウィメンズホスピタル小児科部長。小児科専門医

(文:佐藤華奈子/監修:大越陽一先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]メディカ出版 「きょうのキーワード:生理的体重減少」
https://www.medica.co.jp/d/education/keyword/detail/14847

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます