出かける直前に、「あのイヤリングどこいったっけ〜!?」「マスク忘れた!」とバタバタした経験ありませんか? どうせなら、スムーズに出かける準備をして、気持よく出かけたいものですよね。そんなバタバタを防ぐべく、今回は必要なものを玄関に集結させたアイデアと「ダイソー」のミニフックを使った簡単アクセサリー収納をご紹介します。

こんにちは、ライフオーガナイザーの前田梨絵です。

出かける直前に、つけようと思っていたアクセサリーが見つからなかったり、「マスクを部屋に忘れてきた!」なんて経験があったりしませんか? 結局出かける前に、玄関と部屋を行ったり来たり……。

そんなバタバタを引きずったまま外出したときは、気持ちにも余裕がなくなってしまいますよね。そこで今回は、出かけるときに必要なものを玄関にまとめておくことで、スムーズに準備ができるアイデアや、簡単で使いやすいアクセサリー収納のアイデアをご紹介したいと思います。

ベスポジは「下駄箱」! その理由とは?

私の普段使いのイヤリングや時計、ブレスレットは、下駄箱の上に置いてあるシルバーのトレーが定位置です。下駄箱には全身が映る大きな鏡がついているので、バッグを持って靴を履いて全身コーディネートした状態で、アクセサリーをつけ、全身のバランスをチェックすることができます。

キラキラとしたアクセサリーは、ディスプレイも兼ねて置いておくだけでも殺風景な下駄箱を華やかな印象にしてくれるように感じています。また、ひとまとめておけば、こまごまとしたイヤリングなどをなくしてしまう心配もありません。トレーごと持ち上げると掃除もしやすく、何よりスッキリとした印象になるのでおすすめです。

家に帰ったら、靴を脱ぎながらアクセサリーや時計を外して、トレーに置きます。別の場所へしまいに行くわけではなく、かならず通るところに置くだけなので、苦にならず自然と習慣になりました。今では「イヤリングどこいった〜」なんてこともありません。

絡まりがちなネックレスやサングラスは、下駄箱の扉の裏側が定位置です。小さなフックを取り付けて、ただ掛けるだけの簡単な収納にしています。

小さなフックですが、ひとつのフックにネックレスを2、3本掛けても、意外と絡まることはありません。

「ダイソー」のミニフックを活用! アクセサリーの簡単収納

下駄箱の扉裏でネックレスを掛けるのに使っているのは、愛用している「ダイソー」のミニフック5個入り(税込み110円)です。わが家ではいろいろなものを掛けていて、家中で大活躍のミニフックなんです。

ひとつにつき、耐荷重は300グラムです。アクセサリーを掛けるには十分なので、アクセサリーの大きさや長さに合わせて等間隔に貼っています。

カードリングを間にかませると、サングラスだってこのとおり掛けることができます。

マスクやカイロも玄関で準備すれば楽ちん!

アクセサリー以外にも、外出時に持ち出したいものってたくさんありますよね。たとえば、参観で子どもの学校へ行くときに持って行く、スリッパや入校証。以前は忘れてしまうこともありましたが、下駄箱を定位置にしてフックに掛けるようになってからは、下駄箱の扉を開ければ必要なものがそろっているので、忘れずに持ち出すことができるようになりました。

さらに、こんなものも準備してあります。

玄関のドアを開け、「寒っ!」と感じた瞬間にすぐ持ち出せるようにしたカイロや、今では必需品のマスクも常備。

これらも以前はリビングに置いていたんですが、外出時に使うことの方が多いので、こちらへ移動させてみると、とっても便利でした。

まとめ

出かけるときにつけるアクセサリーや、忘れずに持ち出したいもの、カイロにマスクなど、かならず通る玄関にまとめておくことで、スムーズに外出準備ができて、気持ちにも余裕ができます。また、帰ったあとも楽に戻すことができるので自然と習慣に。出かける前に、いつも家の中を行ったり来たりでバタバタしている、という方の参考になればうれしいです。