転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。

「ワンオペ育児」の日常、やりたくてやってる人はいないのに……

不機嫌ですぐ怒るママ、「子どもかわいい〜!」となれないママ、パパにキツイこと言っちゃうママ。そんな風に、なりたくないと、ママ自身が思ってるんですよね。

でも、「ワンオペ育児」は、ママの余裕を根こそぎ奪ってしまう。

ママ自身に、うまくできないことへの自己嫌悪があると、余計にSOSを出しづらい……。

こうして、ワンオペ育児はどんどん苦しいものになっていってしまいます。

ワンオペ育児を8年続けてきたヲポコさんが、ただでさえ苦しいワンオペ育児がさらに苦しくなる理由について、「こうしたら少しラクになるかも!」という方法についても、語っていく連載『ワンオペ育児の呪い』。

次回は、ワンオペ育児の呪いをさらに強化してくる、言葉や思考グセを考えていきます。公開は、11/26(水)の予定です!

(漫画:ヲポコ/文:マイナビウーマン子育て編集部)

連載『ワンオペ育児の呪い』をすべて読む
https://woman.mynavi.jp/kosodate/keyword/3711/

ヲポコさんのプロフィール

元・保育士。ワンオペ育児8年目。 転勤族の夫・7歳の息子・2歳の娘の4人暮らし。
息子を出産後に強烈な産後クライシスを経験してから、言葉にならない子育て中の気持ちを形にしたいと考えはじめる。 現在は、Twitterやブログに、子育てや家事の分担などについて投稿。

Blog ヲポポポコめも
Twitter @wopocco