結婚のあいさつや式で会うだけでは、義理の実家の実態はよくわかりません。相手の本性が見えてくるのは、家族としてだんだん馴染んで、親しくなったころです。「信じられない」「嘘でしょ?」と言いたくなる恐怖の義実家ルールを一挙にご紹介します。郷に入れば郷に従えって言われても……困ります!(イラスト:まちこ @achiachiachico)

衛生に問題あり

毎日お風呂に入らない。

(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職) 知り合いの義理の実家の話。鍋のシメで雑炊やうどんを作るとき、「スープが足りないから」と言って、全員の器に残ったスープを鍋に戻して作るそうです。夫のでもイヤなのに、義理の家族全員分なんて考えられない……! スープ作り足せよ!

(35歳/小売店/販売職・サービス系) 食べ物をすぐシェアする。アイスも回し食べ。汚い。

(34歳/医療・福祉/販売職・サービス系) 使ってないときのトイレのドアは開けておく。誰も入ってないのが分かるからだそう。。いや閉めろよ。

(35歳/機械・精密機器/事務系専門職))

お風呂問題、結構あります。「一家の主が一番風呂、嫁は最後」というルールがある家庭もあるとか、ないとか……。湯垢で汚れたお風呂に入るくらいなら、2日に1回のお風呂の方がましかもしれませんね。

あとは「一口ちょうだい!」が口癖の義理の実家、なんとかならないでしょうか。食べ物をシェアすると、病気も移りやすくなります。子どもを虫歯にしたくないなら、断固拒否しましょう!

時間軸が違いすぎる

毎朝7時から掃除機かける。

(35歳/機械・精密機器/事務系専門職) 義理の父、母は朝4時起き、夜8時に寝る。

(39歳/情報・IT/技術職)

農業や畜産業、パン屋さんなど、朝が早いお仕事をなさっている方には感謝の念しかありませんが、いつもは7時起き・23時就寝しているような場合、4時起きは大変。お義母さんが早起きして台所に立っているのに、嫁がグーグー寝ていられます!? お義母さんより5分早く起きるようにしたら、お義母さんもまた5分早く……と際限がなくなったという話も聞きます。

お正月ルール

正月にみんなで春巻きを手作りすること。

(34歳/ソフトウェア/事務系専門職) お餅を飲み物のようにして食べる。喉に詰まらせる事故が毎年あることに納得した。

(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント職) 正月にはお屠蘇も雑煮もない。

(40歳以上/専業主婦)

お盆やお正月、行事のときは特に不思議なルールが目につきますよね。「地域性?」と無理やり自分を納得させるのが難しくなったら、遠慮なく周囲に話して反応を伺ってみてください。

なぜ夫に引き継がれていない?

日曜は義父が料理を作る。

(27歳/金融・証券/秘書・アシスタント職) 我が家はあまり夫婦の会話がないが、義母義父はよく話していて驚いた。

(40歳以上/小売店/販売職・サービス系) 夕食は、必ず家族で一緒に食べること。

(32歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

義理の実家にも、「あれ? このルールいいんじゃない?」と思えるものが存在します。しかし、そんなルールに限って、息子である夫に引き継がれている可能性は限りなく低いです。

その他、独特な謎ルール

ルールではないけど、カレーに刺身をいれている。

(37歳/学校・教育関連/専門職) ハンドソープは、顔を洗う洗顔ソープを使う。

(32歳/建設・土木/事務系専門職) 冷房の温度設定が18度。暖房が25度。両極端。

(40歳以上/学校・教育関連/その他)

なぜ? なぜカレーにそれを入れるの? 「○○さんもどうぞ〜」と勧められたときの衝撃が忘れられなくなりそう。「できれば刺身は、生で食べたいです!」と言えたら、どれほど楽でしょう……。

不思議だったのは、ハンドソープのコメント。「洗顔フォームで洗ったって、除菌できてないですよ!」と、義理の実家に教えてあげたくなります。

エアコンの温度設定は嫁に決定権がないので、泊りがけで行った日には体調を崩してしまいそう。羽織るものを一枚持っていくのが正解ですね。

まとめ

義理の実家のルールに、驚かされる人も多い様子。ただ、料理の味付けは地域性や個人の好みの問題もあるので許容すべきかもしれません。「非常識!」「信じられない!」と感じるルールがあれば、それとなく周囲の人に話して反応を伺ってみましょう。もしかしたら、あなたのほうが「少数派」「間違ってる」と言われてしまうかもしれません。

マイナビ子育て調べ

調査日時:2020年12月11日〜22日

調査人数:139人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)