毎年1,200万人が難民・移民に公益財団法人日本ユニセフ協会は5日、新たな報告書として『機会を求めて:西部・中部アフリカを移動する子どもたちの声(原題:In Search of Opportunities: Voices of children on the move in West and Central Africa)』を公開したことを明らかにしました。

この報告書によると、紛争や貧困、気候変動などにより、西部・中部アフリカで難民・移民としての生活を余儀なくされている人々は毎年1,200万人にのぼり、うち半数以上が子どもであることが伝えられています。また、彼らのうちヨーロッパを目指す人は5人に1人にも満たず、75%はサハラ以南のアフリカに留まっているそうです。

報告書は、西部・中部アフリカにおける複数の国々からの移民・難民と、その家族に対して行われた一連のインタビューに基づいて作成されたもので、子どもたちがなぜ故郷を追われることとなったのか、移動を続ける生活を送らねばならなくなっているのか、その主な理由を明らかにしています。

私たちが推測しやすい要因としては貧困がまずありますが、報告書を読むと、現実にはそれだけでなく、複数の要因が複雑に絡み合っていることが分かります。急増する人口と急速な都市化がもたらす影響、経済開発の不公平性、長期化する紛争、脆弱な政府と最も弱い立場にある支援すべき人々への保護制度・仕組みの欠如などが、その主なものとして挙げられます。

当たり前の暮らしを得られる仕組みを!保護制度拡大に向けてさらに気候変動もまた、彼らに大きな影響を与えています。西部・中部アフリカにおける気温は、今世紀中にも、世界の他地域に比べ1.5倍以上となる3〜4度もの上昇を記録するとみられています。多発する昨今の深刻な洪水や干ばつは、人々から生計の糧を奪い、避難を余儀なくさせているのです。

変化の激しい気候パターンは、これまでに何とか行われてきた農業形態のいくつかにおける維持・継続をきわめて困難なものとし、人々の生活を支えられなくなっています。酪農や畜産に必要な資源はごく限られたものとなり、それを巡る緊張が高まって争いに発展する村落もあるなど、事態は深刻です。こうしたさまざまな要因が、人々を都市へと移動させているのです。

報告書は、現在の状況を伝えるとともに、こうした人口増と移民・難民の規模の増加がさらに進んだ場合、生じるであろう長期的な影響についても予測、解説しています。

西部・中部アフリカ地域の多くでは、国境内外で移民・難民の子どもたちの安全と健康を確保するに十分な保護制度がなく、住民と移民・難民のいずれもが増加するなかで、その格差はさらに顕著になるとみられています。

そこでこうした現状を踏まえ、関係国の政策立案者に、いかなる移民対策でも常に子どもを中心に据えて考えることを提案、保護の仕組みを強化するよう求めました。さらに法的地位にかかわらず、保健・教育など基礎となるサービスを確実に受けられるよう、各国の政府や国連、NGOパートナー団体による密接な協力が不可欠であるとの指摘も行いました。

具体的な行動目標として、6つを挙げるアジェンダも発表しています。その内容は以下のようなものです。

1. 特におとなの同伴者のいない子どもの難民・移民を、搾取や暴力から保護すること
2. 問題解決につながる様々な代替策を提示することによって、難民認定や移住を求める子どもたちの拘留を終わらせること
3. 子どもを保護し、法的身分を与えるための最善の方法として、家族が一緒にいられるようにすること
4. すべての難民・移民の子どもたちに、学び続けられる機会と、保健やその他の質の高いサービスへのアクセスを提供すること
5. 大規模な難民・移民問題を引き起こしている根本原因に対処する行動を、強く求めること
6. 難民・移民が通過する国々や目的地の国々において、外国人に対する嫌悪、差別、社会的排除と闘う対策を促すこと
(引用元・ユニセフ協会によるプレスリリース)

このアジェンダに加え、ユニセフでは世界の人々に対し、戦争や暴力、貧困、その他さまざまな理由から故郷を追われた子どもたちと、連帯し寄り添うことを求めるキャンペーンも開始しています。このキャンペーンは「“#AChildIsAChild”キャンペーン」として展開されているもので、すでにSNSを通じ200万人以上の人々から支持を集めています。

全ての子どもたち、移民・難民となった人々が、安定した生活を送ることができるよう、十分な保護体制の実現に向け、制度の早期拡大が求められます。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※公益財団法人ユニセフ協会によるプレスリリース(PR TIMES)


※『機会を求めて:西部・中部アフリカを移動する子どもたちの声』報告書