体幹を意識した運動を可能に「水上ヨガ」が流行している中、人気を集めているのが「ウォーターボード」を使った水上エクササイズ。



「ウォーターボード」は、SUP(スタンドアップパドル)をプール仕様に改良した、日本初のプール専用エクササイズボード。

陸上に比べて不安定な揺れるボードなので体幹や筋肉の動きを意識した運動を行うことが可能です。

水上ヨガからリラックスまで使い方は多様「ウォーターボード」の使用方法で最も多いのはやはり「水上ヨガ」。

フィットネスクラブなどのプールでも使用できますが、野外で使用すれば自然を感じながらの運動を楽しむこともできます。すべり止めがついているので安全、安心です。

200センチ×80センチという大き目サイズなので、複数で乗ることも可能。親子で乗って楽しむことはもちろん、初心者サーファーの練習用や、寝転んでリラックスするベッド替わりなどさまざまな活用方法が可能です。

石川県のフィットネスクラブ、エイム21店では「ウォーターボード」の上でのヨガや、体幹を鍛えるコアトレーニングを実施しており、さまざまな年齢層の人に親しまれているそうです。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社おさるの森のプレスリリース