女性の永遠の敵「ムダ毛」。自宅で処理したりエステやクリニックに通おうかと考えたり、日々悩みは尽きません。
パナソニック株式会社は、自宅でムダ毛ケアを行っている20〜40代女性106名を対象に、「ムダ毛ケアとコスパ」に関する意識・実態調査を行いました。また、実際にパナソニックビューティの光美容器「光エステ<ボディ&フェイス用> ES-WP81」(2019年発売モデル)を2週間使用してもらい、その感想をききました。

ムダ毛に対する女性の悩みは「仕上がりの良さとコスパ」脱毛に対するコスパ意識について、「仕上がりのよさとコスパの両方を求めたいと思いますか?」という質問には 100%の女性が「そう思う」「まあそう思う」と回答しています。
しかし、これまで体験した脱毛手段に対し「仕上がりとコスパが両立していた」人はわずか14%。「シェーバーで処理しているので、コスパはそれなりだが肌が荒れる」「サロンだと仕上がりは悪くなかったが、料金が高かった」などの声が上がりました。
92%が「仕上がりとコスパの両方が叶う手段は難しい」と答え、多くの女性が仕上がりとコスパの間でジレンマを抱えている姿が浮き彫りとなりました。

自宅でのケアにも、時間とコストがかかる過去に脱毛サロンや医療脱毛に通っていた人に 1か月あたりの金額をきくと、「15,000円以上」という人が48%と半数近くいました。また、現在自宅で行っているムダ毛ケアについても、月に「1,000 円以上」という人は 全体で4割超見られました。
続いて、ムダ毛ケアの頻度をきくと「週に1回以上」(66%)という人が約7割を占めており、多くの人がムダ毛ケアに時間もお金もそれなりにかけていることが分かりました。

かけても良いコストは、ムダ毛1本あたり8〜20円ムダ毛のパーツ毎に「ツルツルになれるとしたら、最大ここまで払ってもいい」という金額も聞いてみました。すると、「片ワキ」平均13.9円/1本、「片アシ」平均8.0円/1本、「VIO」平均20.0円/1本となりました。コスパのよさを求める女性たちも、ムダ毛1本あたり8〜20円程度であれば納得の範囲であることがわかります。

パナソニック光美容器「光エステ」ES-WP81なら、9割以上がコスパと仕上がりに満足自宅で本格的なムダ毛ケアができる「光エステ<ボディ&フェイス用> ES-WP81」を、106名の女性に2週間体験してもらいました。
すると、89%が1回目から効果を実感。97%が30万回照射できることに対し「コスパがいい」と回答しました。

「光エステ」は仕上がりもコスパもいいと 思うかという質問には、92%が「はい」と回答。コスパと仕上がりに厳しい女性たちの多くが満足できる製品であることが分かりました。

「光美容器 光エステ ES-WP81」(2019年3月20日発売)は、Wランプの連続発光でハイパワーなのに肌にやさしくムダ毛ケアができます。しかも、刺激になりやすい光エネルギーを一部吸収する波長調整フィルターを新搭載しさらなる肌へのやさしさを追求。それだけでなく、美肌に効果のある光エネルギーを一部アップしているので、使うほどに美肌ケア効果を実感できます。

ただいま、Panasonic Beauty SALON 銀座では期間限定(2019年3月31日まで、予約不要)で、個室で製品をお試しできるキャンペーンを実施中。15分間実際に使ってみることができます。
この機会にコスパと仕上がりの良さを自分の肌で実感してみてはいかがでしょうか。


【参考】
※光美容器 光エステES-WP81スペシャルサイト