東海エリア初のドーム型テントを導入株式会社にしがきが、2019年8月1日に「伊勢志摩グランピング グランドーム伊勢賢島」(三重県志摩市)をグランドオープンします。

「マリントピアリゾート」(京都府京丹後市)の姉妹施設である「伊勢志摩グランピング グランドーム伊勢賢島」はリゾートホテルなどが立ち並ぶ伊勢賢島エリアに位置するグランピング施設。

広大な敷地には東海エリア初となる白いドーム型テントが12棟並びます。

管理棟にはシャワールームとトイレを完備。本格的なキャンプを楽しめる「テントサイト」も利用可能です。

BBQメニューでは松阪牛ロース、イチボ、伊勢の国健康豚ロース等三重県の食材をふんだんに使用。夜間限定のキッチンカー「HOSHIZORA the BAR」ではキャンプファイヤーで作ったおつまみとともにお酒を楽しめます。

三重県の地元企業と連携「自然と遊ぶ」をコンセプトとする「伊勢志摩グランピング グランドーム伊勢賢島」ではシーカヤックやSUPなど、季節によって異なるマリンアクテビティを提供。

「カクーンの森」では、海外のホテルなどで採用されているハンモックを5つ設置。夜間にはライトアップが行われ上質な時間をすごすことが可能です。

「伊勢志摩グランピング グランドーム伊勢賢島」は近鉄志摩線「賢島駅」から徒歩15分。無料送迎もあります。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社にしがきのプレスリリース/PR TIMES


※株式会社にしがき


※伊勢志摩グランピング グランドーム伊勢賢島